健康・家庭の医学

バッチフラワーだより

「バッチ国際教育プログラム」を日本で唯一実施しているバッチホリスティック研究会発行のメルマガです。
英国バッチセンターからの最新情報や、暮らしに役立つオリジナルなバッチフラワーレメディの情報、各種講座の開催スケジュールなどをお伝えします。
心のバランスを取り戻すセルフケアをサポートします。


全て表示する >

『バッチフラワーだより♪』 vol.8

2012/02/10

節分、春分が過ぎ、小さな春の兆しを感じるこの頃です。

土の中や木々の枝では、確かな動きが見え始めています。
梅や桜のつぼみがふくらんでいます。

寒くなることによって、露地物の野菜があまさを増しています。
ブロッコリー、カリフラワー、ホウレンソウ、小松菜など
旬の味わいが楽しめます。

バッチ博士は
「内面を浄化するのは食事によります。自然の果物、野菜、ナッツ類を中心に、
すべて清潔で健康によく、できるだけ新鮮なものを選びます」と伝えています。

天体の移行や季節のめぐりとともに暮らすわたしたち。
自分の心やからだの移ろいにも気づいていたいものです。

《メニュー》---------------------------------------------------------

■1 2月3月の『バッチ国際教育プログラム』スケジュール
■2 バッチ博士の言葉 『なんじ自身を癒せ』から
■3 バッチフラワーレメディ 『チコリー』
■4 アファメーション 『チコリー』
■5  BFRP対象『バッチフラワー入門』開講講座のご案内
■6  新企画 バッチホリスティック研究会連続公開セミナーのご案内
■7 あとがき
 
 ----------------------------------------------------------  
☆☆☆☆☆「初めてこのメルマガを読まれる方へ」----------------------------

  あなたも家族やまわりの人々をケアできる
  バッチフラワーレメディを学んでみませんか?
  世界20ヶ国で伝えられている「バッチ国際教育プログラム」を修了すると、
  イギリスのバッチセンターに国際登録する道が開かれています。
  世田谷の静かな環境の中で少数制コースが受講できます。
  
  バッチフラワーレメディは、イギリスでつくられて60ヶ国以上に輸出されています。 

-----------------------------------------------------------------☆☆☆☆☆

■1 2月3月の『バッチ国際教育プログラム』スケジュール

     レベル1・2(2日間)には、土・日開催と平日開催があります。
     レベル3は、3月には金沢で開催します。
      
   ・ 2月14・15日 (火・水) 10:00〜17:30 レベル1  東京
   ・ 2月18・19日 (土・日) 10:00〜17:30 レベル2  東京
   ・ 3月 3・ 4日 (土・日) 10:00〜17:30 レベル1  東京
   ・ 3月18〜21日 (日〜水)  9:30〜17:00 レベル3  金沢


  ○受講料 レベル1・2/35,000円 レベル3/180,000円(早期納入割引有)
    ○東京会場は、バッチホリスティック研究会(田園都市線 桜新町徒歩8分)
        
  詳細は、研究会のウェブサイトの開催スケジュールをご覧ください。
  6月までの開催スケジュールをご案内しています。
  http://www.bachflower.gr.jp/

 -------------------------------------------☆
■2 バッチ博士の言葉

 「身体的な病気の性質は、私たちがその病気の原因である精神的不調和を
 突き止めようとする際、かなり大きな助けになります。そして病気を克服する
 もう一つの秘訣は、人生に対して強い興味を持つことです。
 自分のことを、ただできるだけ我慢して義務を果たすために生きるだけだと思うの
 ではなく、この世界を旅する冒険のなかに、真の喜びを見出して発展させることです。」

 『なんじ自身を癒せ』

 -------------------------------------------☆
■3 バッチフラワーレメディ 『チコリー』

 ●家族や親せきや友達に、自己中心的な世話や干渉をするときに。
  無条件に人を愛することが難しく、自分の価値観で支配しようとするときに。
  自分が気にかけている人たちは、自分の近くにいてほしいと思う状態に。
     

 ○見返りを期待しないで、純粋に与えたり、慈しむことができます。
  愛する人が、その人らしく生きることを認めることができます。
  自分に満ちたりているので、人からの関心を必要としません。
  親切で思いやりがあり、相手が必要としていることを感じとれます。
    
 ○鮮やかな青い色のキク科の花で、1メートル以上に伸びる多年草です。
  土壌に寄って、ピンクがかったり、紫色になったりします。
  茎がわかれて茂みを作り、小さな花が密生します。
  花は半日ほどで閉じてしまい、牧草地や麦畑の道端などに育ちます。
  チコリーの根は、ハーブティーなどに、よく使われています。
  最初に作られたのは1930年にクローマーの近くで。
  太陽法。7〜9月の夏の花です。

----------------------------------☆
■4 「バッチフラワーのアファメーション」から 『チコリー』

   ・わたしはまわりの人間が
    自分で決断できるように勇気づけてあげる

   ・わたしが愛する人たちは
     それぞれ独立した存在であることを認める

   ・わたしは身近な人たちに
    惜しみない愛を無条件で与えている

 --------------------------------☆
■5 BFRP(バッチ財団登録プラクティショナー)対象
  『バッチフラワー入門』開講講座のご案内

  バッチホリスティック研究会では、バッチ国際教育プログラムのレベル1〜3の全てを
  修了し活躍しているバッチ財団登録プラクティショナーの皆さんに、幅広く活動して
  いただくためのバックアップとして、昨年よりこの講座を開講しました。

  レメディは今日から自分のために安全に使っていけるものだということを、
  わかりやすい言葉で伝えていって頂くための講座です。
  この1日講座を受講されますと、一般の人に2時間でバッチフラワーを紹介する
  セミナーの進め方が学べます。

  開催日 3月10日(土)10:00〜17:00
  場 所 バッチホリスティック研究会セミナールーム
  講 師 林サオダ BIEP認定講師/バッチ国際教育プログラムコーディネーター
  費 用 31,500円

  詳細・お申込は下記ウェブサイトから
  http://www.bachflower.gr.jp/bhk/miniseminar2012.html

 --------------------------------☆
■6  新企画 バッチホリスティック研究会連続公開セミナー

  「よく生きるために」 ファシリテーター/林サオダ

  バッチフラワーレメディをくらしの中に取り入れることは、「よく生きよく死ぬ〜
  Living Well Dying Well〜」という感覚をもたらします。私たちはよく生きたいと
  願いながら、それぞれのライフステージで、自分自身や身近な人たちの生老病死と
  取り組んでいますが、研究会では今回3回にわたってさまざまな角度からこのテーマを
  とりあげ、みなさんと考えていきたいと思います。ケアに携わる対人援助職の方や
  ご家族の介護をされている方、また自分の問題として考えてみたい方など、みなさん
  のご参加をお待ちしています。第1回は、「命」について死生学・倫理学の研究室で
  学ばれた土田さんに紹介して頂きます。ビデオ「老人の友」映写

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  第1回   バイオエシックス(死生・倫理学)
  ゲスト  土田英美さん
       バッチ財団登録プラクティショナー・薬剤師・リンパドレナジスト
  日時   2012年4月14日(土)13時〜15時30分
  場所   バッチホリスティック研究会セミナールーム(桜新町)
  定員   20名

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  第2回  「ターミナルケアの現場で」
  ゲスト  真謝清美
       訪問看護ステーション代表・看護師・L3受講中
  日時   2012年5月12日(土)13:00〜15:30

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  第3回  「高齢者と家族」
  ゲスト  升也壮一
       バッチ財団登録プラクティショナー・社会福祉士・精神保健福祉士
  日時   2012年6月2日(土)13:00〜15:30
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  詳細・お申込は下記ウェブサイトから
  http://www.bachflower.gr.jp/bhk/miniseminar2012.html

 --------------------------------☆
■7 あとがき

 節分の豆まきが終わると、おひな様を飾るようになります。
 住まいで季節を楽しむことが、見直されています。

 持続可能な暮らしのなかで、地域や家庭の伝統や行事を
 文化として復活・継承していくことが増えてきました。

 こども時代のどんな祭や行事が
 思い出になっているでしょうか?

 人生の旅路のアルバムを開くと、まだ癒されていない感情が
 まどろんでいることに気づくかもしれません。

 自分の感情の歴史を知り、おだやかに解放していくことを
 バッチフラワーレメディはサポートします。

 --------------------------------☆
記事を読んだら、あなたの評価をつけてください。
評価は3段階で簡単にできますので、本メールの一番下からご参加ください。
 --------------------------------☆

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2011-09-29  
最終発行日:  
発行周期:月刊  
Score!: 91 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2012/02/11

    毎回楽しみにしています。

  • 名無しさん2012/02/10

    ありがとうございます。楽しみに拝読しております。