健康・家庭の医学

バッチフラワーだより

「バッチ国際教育プログラム」を日本で唯一実施しているバッチホリスティック研究会発行のメルマガです。
英国バッチセンターからの最新情報や、暮らしに役立つオリジナルなバッチフラワーレメディの情報、各種講座の開催スケジュールなどをお伝えします。
心のバランスを取り戻すセルフケアをサポートします。


全て表示する >

『バッチフラワーだより♪』 vol.5

2011/12/22

今年も残り少なくなってきました。
新しい年へ向けて、ゆく年の片づけや整理は進んでいるでしょうか。

部屋の片づけや物とのつきあい方のひとつとして
今年は「ときめく片づけの魔法」も人気になっています。

年末は、この一年間の総決算のために
からだのメンテナンスに訪れる人が多いと
長く治療院を営んでいる方から伺いました。

自分の住まいや居場所を整え からだも整え 
心を整えるには・・・「バッチフラワーレメディ」がお役にたつことと思います。

すっきりした歳の暮れ そして
すがすがしい新年をお迎えください。

《メニュー》---------------------------------------------------------

■1 【最近のNEWS】
   ●うつとバッチフラワーレメディ (アロマトピアから) 
   ●こころを伝えるプレゼント
   『バッチ博士の遺産』 『バッチフラワーレメディガイドブック』
   ●年末年始休み 12月29日〜1月5日です。
 
■2 1月2月の『バッチ国際教育プログラム』スケジュール
   
■3 バッチ博士の言葉 『なんじ自身を癒せ』から
■4 バッチフラワーレメディ 『セラトー』
■5 アファメーション 『セラトー』
■6 あとがき
 
 -------------------------------------------------------------------
■1 【最近のNEWS】

  ●うつとバッチフラワーレメディ (アロマトピアから) 
   アロマテラピーと自然療法の専門誌『アロマトピア109号』(フレグランスジャーナル社)に
   「特集うつ(鬱)〜自然療法からのアプローチ」が掲載され
   うつに対するさまざまなアプローチが紹介されています。

   バッチホリスティック研究会の林サオダは、
   バッチフラワーレメディがどのように精神科や心療内科で用いられているか
   またプラクティショナーはどのようなバウンダリーを守っているかについて書いています。

   昨年のバッチフラワーシンポジウムでも講演していただきました
   東京女子医大の川嶋朗先生は、統合医療の中での
   フラワーエッセンスの臨床例を書かれています。

   くわしくは、研究会のコラムへ
   http://bhkbachflower.blog.fc2.com/
  
   アロマトピア (フレグランスジャーナル社)
   http://fragrance-j.co.jp/

  
  ●心を伝えるプレゼント
   アマゾンでも購入できない二つの本をご紹介します。
   ジュンク堂書店からも2回、研究会に電話でのお問い合わせがありました。  

   *☆*『バッチ博士の遺産 博士自身の2つの著作
      〜なんじ自身を癒せ トゥエルブ・ヒーラーとその他のレメディ〜』
      定価:1200円 発行:バッチホリスティック研究会
  
  この本を読まれてから、バッチ国際教育プログラムのレベル1に参加される人もいます。
   1900年代前半に医師であったバッチ博士が、病気の真の原因と治療の説明として
   『なんじ自身を癒せ』にこめた洞察の深遠さにひかれる人が多いようです。B5版サイズ。 
    
   *☆*『バッチフラワーレメディガイドブック
       〜バッチフラワーレメディのある暮らし〜』
       著者:林サオダ 定価:1300円 発行:バッチホリスティック研究会

       入門編としてカラーの写真やイラストをふんだんに使った美しい入門書です。
     あざやかな緑の表紙が印象的です。B5版サイズ。
  
     2冊とも、お申し込みはこちらへ 
   http://www.bachflower.gr.jp/book/book_bhk.html

  ●年末年始休み 12月29〜1月5日です。
            
 -----------------------------☆

☆☆☆☆☆「初めてこのメルマガを読まれる方へ」----------------------------

    あなたも家族やまわりの人々をケアできる
   バッチフラワーレメディを学んでみませんか?
    世界20ヶ国で伝えられている「バッチ国際教育プログラム」を修了すると、
    イギリスのバッチセンターに国際登録する道が開かれています。
    世田谷の静かな環境の中で少数制コースが受講できます。
  
  バッチフラワーレメディは、イギリスでつくられて60ヶ国以上に輸出されています。

-----------------------------------------------------------------☆☆☆☆☆

***************************
   《BIEP 冬のキャンペーン!!》
    12/28までの期間に、下記のレベル1・2(2日間 東京開催)に、お申込
    の方には、レスキューパステルをプレゼントいたします♪♪
    Webサイトの受講お申し込みフォームよりお申込ください。
***************************

■2 1月2月からの『バッチ国際教育プログラム』のスケジュール

     研究会のレベル1・2コース(2日間)には、土・日コースと平日コースがあります。
     レベル3コースは2月に東京で開催、3月には金沢で開催します。
   初めにレベル1から、スタートして、レべル2・3へと進みます。
        
     ・ 1月14・15日(土・日)10:00〜17:30 レベル1
    ・ 2月14・15日(火・水)10:00〜17:30 レベル1
    ・ 2月18・19日(土・日)10:00〜17:30 レベル2

   ○受講料 35,000円
   ○会場   バッチホリスティック研究会(東急田園都市線 桜新町徒歩8分) 

   1月から広島市内で、2時間×6回の PTTレベル1コースが開催予定。
   レベル1コースには半年間出学ぶ通信コースもあります。
    くわしくは、研究会のHPをご覧ください。
   1月〜6月のスケジュールも掲載されています。 
    http://www.bachflower.gr.jp/biep/biep_schedule.html


  ●各種講座のご案内●
   
  随時研究会のウェブサイトでご案内していますのでご覧ください。
  http://www.bachflower.gr.jp/bhk/miniseminar2011.html

 -------------------------------------------☆
■3 バッチ博士の言葉

  「激しい怒りの発作にかられたとき、突然の悪い知らせにショックを受けた時、
  いろいろな結果が生じかねないことは、私たちが皆よく知っていることです。
  些細な事柄にも身体はこのように影響を受けるのですから、
  魂と身体の葛藤が長引けば、どれほどより深刻で
  もっと根深い影響が生じることでしょう。
  その帰結として、現在の私たちの間に、病気のような嘆かわしい結果が
  引き起こされたとしても、不思議だと言えるでしょうか?」   
                              『なんじ自身を癒せ』

 -------------------------------------------☆
■4 バッチフラワーレメディ 『セラトー』

   ●自分で決めるだけの十分な自信がない人で、絶えず人の助言を求め、
  しばしば間違った助言を求め、しばしば間違った助言に従います。
  自分の判断に確信が持てず、人の助言を求めるとき。
 
   ○自分の内なる智恵を信じて、それに従う人たちです。
  静かな確信をもって、自分の使命を見つけて従うことができます。
  その人の直観的な確信や信念を促進します。
  
   ○1メートルほどの低木で、ヒマラヤ原産です。多年草。
  バッチ博士が選んだ植物では唯一の栽培種です。
  温暖で日あたりのよい環境を好みます。
  ちいさな紫がかった青色の5枚の花びらの花で、一日しか持ちません。
  最初に作られたのは1930年に、ノーフォークのクローマーにて。
  太陽法。8〜10月ころに咲きます。

----------------------------------☆
■5 「バッチフラワーのアファメーション」から 『セラトー』

   ・常に内なる導きが与えられると信じている
   ・善良な考えや動機から行動している
   ・完全で豊かな人生から誰もが喜びを得る
   ・自分のことを誰よりもよく知っているのは自分自身だと信じている

 --------------------------------☆
■6 あとがき

    寒くなると香や灯りがさらに際立ってきます。
    寒さのメリットを楽しみたいですね♪
   
   11、12月は流星群や皆既月食の天体の神秘的なショーが
   身近でも観察できました。

    年末は、趣向をこらしたイルミネーションがあちこちで楽しめます。
    あたたかくして、 来年に向けての希望の光を探しに出かけませんか。

    よい年末年始をお過ごしください。
    また新年のメルマガで!

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2011-09-29  
最終発行日:  
発行周期:月刊  
Score!: 91 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。