出産・育児

誰もが知りたかった本物の育児学

信仰生活30年、母親教室10年を数え、心と心の対話を行なってきた経験をもとに、今までなおざりにされてきていた子供の心を大切にする育児学を伝えていきます。意外な事が多いかもしれませんが、是非お付き合いください。

全て表示する >

魂ちゃんからの耳寄り情報♪ 第1号

2011/09/29

◎子供のやる気について

 子供がどうしたらやる気を起こすかを考えている親は世間には多い。
いくら叱咤激励しても、うんともすんとも反応しない子はそれ以上に多い。
ちょっと待って下さい!
はたして親は何に対してやる気を起こせと言っているのでしょうか?
子供をどうにかしたいと思う前に深呼吸して、我が身のことを考えてみましょう。
そうすればきっと何かが見えてきます。
見えてこなければ、どうするか?
そんな時は………子供を操作するのをあきらめましょう!
それだと、この話は終わってしまいますね ^0^;)

ではどうしましょうか?

まずは、自分自身を子供の立場に置き換えてみましょう!
自分が子供なら、興味のないことに対してやる気を出すかどうです。
おそらく大半の人はやる気を出さないのではないでしょうか。
しかし、これが会社での上司と部下だったら話は違います。
そんな場合、たとえやる気がなくとも上司の命令なら仕方なく行動に移します。
それはやる気といえるものではなく、義務的なものです。

では、もう一度子供のやる気を考えてみましょう。
やる気に関しては、子供といえども同じことです。
しかし、親は言うでしょう。
「子供はまだ何も分かってはいないのだから、子供のうちに果たすべきことは嫌でもやるべきだ」と。
では、子供のうちに果たすべきこととは何でしょうか?

たくさん知識を獲得することですか?
たくさん勉強することですか?
良い成績をとることですか?
友達をたくさん作ることですか?
親の期待に応えることですか?
基本的な常識を身につけることですか?
etc…

まだいろんな事を親は期待しているのかもしれません。
しかし、子供は親の映し鏡ということをどのように考えますか?
つまり、親が今現在何かに夢中になって取り組んでいる事があれば、子供はその姿勢を真似します。
そして、しっかり親自身の生い立ちと、子供の様子を観察してみましょう。
そうすれば、子供が何に対して関心を示しているのか解るはずです。
大人でもそうですが関心のないことには、誰もやる気を出すことはありません。
子供とて同じことです。
親の関心と子供の関心が違う場合、どちらが優位な立場になりますか?
親はどんな場合でも子供よりも絶対的優位な立場にいるのです。
それを忘れてはいけません。
親と子供が対立した場合、
親が絶対権を発動してしまえば、子供は親の言うことを聞かざるを得ません。
それが子供にとってどんなに嫌な事でもです。
そのこと自体がストレスとなり、初めはおりこうでも、時期が来れば、子供の感情が爆発しやる気すら奪ってしまいます。
子供のやる気を出そうと思えば…
親は子供の関心がどこにあるのかをしっかり見極めて、まずはそのことに集中させることが大切です。
そうして、自分はできるんだという自信を子供につけさせてください。
それから、親の望むことを提案しても遅くはないと思います。
親は、自分の意に副わないことに対して、子供がやる気を出すことはまずないという事を理解しておくべきでしょう。
それよりも、子供の心の発達に合わせて子供が何に関心を示しているのかを見極めることが先決です。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
記事を読んだら、あなたの評価をつけてください。
評価は3段階で簡単にできますので、本メールの一番下からご参加ください!
___________________________________
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2011-09-23  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。