時事・世論

世間興論

私たちが子・孫に残せるものは膨大な国家財政赤字、原発事故で拡散された放射線、希望のない未来…しかないのか。そうした負の資産を少しでも減らし、将来への希望を次代に届けるために、これまで声なき個人だった我々が、声をあげていくことが必要だ。

メルマガ情報

創刊日:2011-08-11  
最終発行日:2011-12-06  
発行周期:不定期  
Score!: - 点   

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

最新記事

最新のコメント

  • 名無しさん2011-10-14 09:08:32

    悪くは無いけれど、すべて隔靴掻痒の自己満足にとどまっている。

    【興論1】

    >なぜ経済を活性化し、税金を払えるようにしようという発想がないのでしょう。

    と書くのではなく、何故そうなのかを説き、解決策を提示するべき。

    【興論2】

    >ぜひとも実現させたいのは、

    何故実現できないか、どうやったらじつげんできるか、まで踏み込まなくちゃ。ただの繰り言。

    【興論3】

    >国もなめられたものです。

    何故なめられ続けるのか、どうやったら変えられるのか。



    というように、他人事で中途半端なのです。もっと突っ込んで自分のこととして知恵を絞らなくちゃ。

  • 名無しさん2011-09-10 13:28:03

    3月11日の地震の時のズレはそんなに公で取り上げられていないので参考になりました。万が一の時の事を考えるときに、それが本当に可能なことなのかを考えなくてはいけないですね!



    今回の記事はすごく面白かったです!!

    これからも、面白くてためになるような記事をお願いしまーす★



             by. 知佳ちゃん