歴史・地理

7年戦争を速報風味かな、これ

フリードリヒ大王の七年戦争を
速報風にお伝えしてきます。

調べながら考えながら楽しみながら、
送信させていただきます。

現在は七年戦争4年目の1759年を
扱っています。

全て表示する >

第216回 アメリカ戦線[1759年7月](1)

2013/02/03

こんばんは、発行人です。

7月前半のアメリカ戦線です。
試しに(ヨーロッパ戦線と)切り分けてみました。

対象となる領域のマップです。ご参考に。
http://frederi1757.up.seesaa.net/image/Ame_001.jpg
と言いつつも、ちょっと失敗しましたので、
どこかの機会で書き直します。


------------------------------------------------
【アメリカ戦線での動き 〜Canada〜】
 7月1日、WolfeはMonckton旅団が展開しているLevis岬周辺
 を偵察して、砲兵の配置に適した場所を探した。
 
 午前9時半過ぎ、フランス軍が6隻の小型砲艦でMonckton旅団
 へ砲撃を行ったが、駆けつけたイギリスの艦船の砲撃を受け、
 撤退した。
 
 7月2〜4日、Quebecの重砲から砲兵陣地を作る対岸の
 イギリス軍に砲弾が送られたが、イギリス軍は
 関係なく作業を続けた。
 
 7月5〜8日、Levis岬周辺に砲兵陣地を構築する一方で
 Wolfeはd'Orleans島からBeauport海岸を偵察し、
 Montcalm率いるフランス軍の左側面に出る為の場所を探った。
 
 7月8日、フランスのLevisの部隊はBeauport北に配置されており、
 Montmorencyの滝を越えたSaint Lawrence川の丘を
 占拠していた。イギリスの艦船はその部隊へ砲撃したが、
 あまり効果はなかったもよう。
 
 7月8日夜、イギリスのTownshendとMurrayの旅団は
 d'Orleans島を出発した。Montmorency川の東へ向かった。

 フランス軍の配置は下記。
 ●左翼 Levisが指揮
  Montmorencyの滝近くに配置。
  約5500。
 
 ●中央 Montcalmが指揮
  LevisとBeauport川の間に展開。
  約3000。フランス本国からの部隊が多い。

 ●右翼 VaudreuilとBourlamaqueが指揮
  Beauport川とSaint-Charlesの周辺
  約7000
  
 ●その他
  ・騎兵が約200
  ・Quebec上流に約400
  
 7月9日、イギリスの艦船はフランス軍左翼を砲撃した。
 イギリス軍で先行していた部隊が攻撃に移ったが、
 フランス軍左翼の現地兵に撃退された。
 しかし、この後に英第28歩兵大隊がこの現地兵を撃退した。
 多少の抵抗はあったものの、TownshendとMurrayの旅団は
 Montmorency川の東側を占拠した。

 7月12日、Quebec対岸のLevis岬からイギリスの砲撃が
 開始された。Quebec市民は安全な場所に避難した。

 Montmorency川を挟んで、両軍の砲撃と小競り合いが
 続いていた。
 参考:http://frederi1757.up.seesaa.net/image/Que_001.jpg


【アメリカ戦線での動き 〜Niagara〜】
 7月初旬、La CorneがOswego砦に残るイギリス軍を
 強襲したが、失敗。Niagara砦に向かうPrideauxの軍勢
 の後方の危険はいったん去った。

 7月6日頃、Niagara砦にPrideaux軍は到着した。
 約6百で防衛しているPouchotはこの約3千の軍の
 出現に驚いた。
 PouchotはDuquesne砦の奪回に向かっている友軍に
 支援を求めた。

 Prideaux軍はNiagara砦の攻撃を準備し始めた。


【アメリカ戦線での動き 〜Carillon〜】
 7月前半、AmherstはSaint-Sacrement湖の南で兵
 を訓練しつつ、Edward砦との間の道を整備していた。
 また、William Henry砦跡地に再び砦を築き始めた。


<言いっ放しでもいいかな、これ>
 --------米Q戦線--------
 KAN:Townsend、Monckton、Murrayが
   それぞれ旅団を率いています。
   Wolfeが指名したMonckton、Murrayだけでなく、
   Hanoverについての否定的なコメントで
   国王に嫌われていたCarleton(大佐)も
   Wolfeの希望でこの戦線に参加しています。
 KRE:PittがWolfeの為に実現させたんだろう。
   1759年アメリカ戦線での作戦は
   Wolfeに期待するところが大だからな。

 KAN:d'Orleans島、Montmorency川の東側、
   Levis岬周辺と軍がばらけていますね。
 KRE:例えば、フランス軍からd'Orleans島へ反撃する
   などの動きがあると対応が大変だが、
   今のところ、フランス軍は守備一辺倒だ。


 --------米N戦線--------
 KAN:前年に比べて強化されたNiagara砦への攻囲戦
   をイギリス軍は開始しています。塹壕を掘ったり。
 KRE:フランス側は援軍待ちだな。


 --------米C戦線--------
 KRE:ゆっくりやるな〜、Amherstは。
 KAN:着実に足場を固めてから進む性格なんでしょう。


<編集後記>
 Quebecへの攻撃を開始したWolfe率いるイギリス軍ですが、
 ここまではMontcalmの冷静な対処に抑えられて、
 あまり結果を出せていません。


------------------------------------------------
▲▼おわりに▲▼
アメリカ戦線での事情、戦力の捉え方が
まだはっきりと理解できていなくてすみませんが、
ともかくもお伝えしていこうと思います。

この時点でざっくり考えるとフランスが重要視し
対応しつつあるQuebecを陥落させるのは難しいと言えます。

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2011-08-10  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。