歴史・地理

7年戦争を速報風味かな、これ

フリードリヒ大王の七年戦争を
速報風にお伝えしてきます。

調べながら考えながら楽しみながら、
送信させていただきます。

現在は七年戦争4年目の1759年を
扱っています。

全て表示する >

第209回 Battle of Kunersdorf(9)

2013/01/27

こんばんは、発行人です。

午後5時前から午後6時半前くらいまでの展開です。


------------------------------------------------
【Prussia軍左翼騎兵の攻撃失敗、と露墺軍騎兵の反撃】
 午後5時前、Platenが指揮するPrussia軍左翼騎兵は
 Grosser Spitzbergへ攻撃を仕掛けたが、
 ロシア軍の砲撃によって撃退された。

 Prussia軍左翼騎兵が第2波の準備をしているところへ
 露墺軍の騎兵に攻撃され、壊走した。
 参考:http://frederi1757.up.seesaa.net/image/Kunersdorf_007.jpg

 この混乱はPrussia軍左翼歩兵にも広がり、
 徐々にPrussia軍は壊走し始めた。

 Prussia軍右翼歩兵も露墺軍に押し返されていた。


【Prussia軍の崩壊】
 午後6時頃、Prussia軍左翼が崩れたのをきっかけとして
 Prussia軍全体の秩序が崩壊し始め、一部の部隊を別に
 して多くは北へ逃げ始めた。

 Prussia軍右翼の壊走をFrederick II自ら、
 Prince Henry(IR35)の軍旗を持ち、立て直そうとしたが、
 無駄であった。

 その後、Frederick IIはMuhlbergで撤退の指揮を
 取っているもよう。
 Frederick IIの近くにはPrussia軍左翼にいた
 Lestwitz(IR31)がいるもよう。
 また、後方の砲兵陣地を防衛していた
 Diericke(IR49)[Fusilier]も支援する動きを見せている


<言いっ放しでもいいかな、これ>
 KAN:ちょうど士気も削げてきたところへ
   露墺軍の騎兵がPrussia軍左翼騎兵を壊走させた、
   というのがきっかけでしたね。
 KRE:今まで七年戦争でFrederick II自身が率いた時には
   なかったPrussia軍の崩壊がついに始まった。


<編集後記>
 ついに、という瞬間が訪れました。


------------------------------------------------
▲▼おわりに▲▼
モーツァルトのピアノ協奏曲第24番は最高です。

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2011-08-10  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。