歴史・地理

7年戦争を速報風味かな、これ

フリードリヒ大王の七年戦争を
速報風にお伝えしてきます。

調べながら考えながら楽しみながら、
送信させていただきます。

現在は七年戦争4年目の1759年を
扱っています。

全て表示する >

第194回 Battle of Minden(4)

2013/01/12

こんばんは、発行人です。

1759年8月1日午前8時前までの展開です。


------------------------------------------------
【H連合軍の動き】
 8月1日午前7時までに、H連合軍は西のHartumから
 東はStemmerenに展開し、整列を終えつつあった。

 Prince Anhalt指揮下の一隊がH連合軍右翼騎兵の
 前面に配置された。右翼騎兵の整列を防御するとともに
 Hahlen占拠を指示されているもよう。


【フランス軍の砲撃】
 午前7時過ぎ、フランス軍左翼砲兵の一隊は
 H連合軍の砲兵へ向けて砲撃を開始したが、
 H連合軍の砲兵に反撃されて、10分後には沈黙した。


【Broglie軍の動き】
 Broglie軍の前面では砲兵隊がWangenheim軍への砲撃を
 行っていたが、その後ろは第1列歩兵、第2列騎兵と
 配置されていた。
 Wangenheim軍に対する砲撃の効果が薄く、
 想定よりWangenheim軍の戦力が多いと感じたBroglieは
 Contadesに支援を要請したもよう。
 参考:http://frederi1757.up.seesaa.net/image/Minden_004.jpg


<言いっ放しでもいいかな、これ>
 KAN:Contades軍は午前8時前になっても、まだ一部が整列を
   完了しておらず、軍の間が狭すぎたり、
   広すぎたりしている部分などを調整しているようです。
   比較的左翼で整列の遅れが目立っています。
   湿地帯に隣接している場所での整列に
   少し苦しんでいるのでしょうか。
 KRE:そうだな。大きくはないものの、水溜まりや泥地の
   影響があってもおかしくはない。
   あ、そうだ。深い霧の影響もありそうだ。

 KAN:フランス軍の両翼が展開している地域は騎兵の進撃に
   適さないとContadesは判断して、中央にフランス軍の花
   とも言える騎兵約1万を配置しました。
 KRE:Weser川とBastau小川の周辺は湿地というほどでは
   ないにしても、ぬかるんで騎兵向きの地形ではないの
   かもしれない。かと言って右の片翼だけ騎兵という
   のもなんだから、いっそ中央にまとめて集団としての
   衝撃力を高めたほうがよいと判断したのかな。
 KAN:砲兵は両翼に配置しているようです。
 KRE:中央の騎兵の前に来る兵には十字砲火が浴びせられる
   という事か。


<編集後記>
 フランス軍5万7千 VS H連合軍4万2千
 の戦いが始まりつつあります。


------------------------------------------------
▲▼おわりに▲▼
この戦いでここまではあまり変なところはないか
と思います。

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2011-08-10  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。