歴史・地理

7年戦争を速報風味かな、これ

フリードリヒ大王の七年戦争を
速報風にお伝えしてきます。

調べながら考えながら楽しみながら、
送信させていただきます。

現在は七年戦争4年目の1759年を
扱っています。

全て表示する >

第190回 1759年7月(4)

2013/01/08

こんにちは、発行人です。

1759年の7月下旬です。


------------------------------------------------
【ドイツ東部戦線の動き】
 7月24日、PrussiaのWedel軍はOder川沿いのTschicherzig
 を通り、Oder川から少し南下したSawadaに宿営した。

 7月25日、Oder川沿いのCrossenにロシアのSaltykov軍の
 前衛が到着し、街を占拠した。

 7月28日、Saltykov軍本隊がCrossenに到着したが、
 Loudon軍とHadik軍がまだ見当たらないので、
 さらにOder川沿いに東へ進み、Frankfurt an der Oderへ
 向かう事としたもよう。

 7月31日、Saltykov軍の前衛がFrankfurt an der Oderに
 到着した。


【ドイツ西部戦線の動き】
 7月27日、約6千のHereditary Prince軍(6bns、8sqns)は
 Petershagenから出発し、南西のLuebbeckeに向かった。
 Mindenのフランス軍主力の左側面と、
 MindenとPaderbornの補給路を脅かす事が狙いと見られる。

 7月28日朝、Hereditary Prince軍はLuebbeckeのフランス軍
 の一隊を撃退した。
 Ferdinandはフランス軍に襲われ始めたVechtaの守備兵に
 Schleiffen率いる援軍(軽騎兵40、竜騎兵200)を送った。
 Vechta北東のBremenにいるDrevesからもSchleiffenと合流する
 為の援軍が送られたもよう。
 合流したSchleiffen軍はフランス守備兵がいるOsnabrueckを
 攻撃し、街を占拠した。フランス守備兵はHilleやMuensterに
 撤退した。


【Bohemia-Lusatia-Silesia戦線の動き】
 7月24日、AustriaのHadik軍はLaubanに到着した。
 約3万8千のDeville軍はLandeshutの2万弱のFouquet軍に
 攻撃をしかけたが、失敗した。Fouquet軍の一部が
 Deville軍とBohemiaの連絡路を断つ為にGottesbergへ
 向かった。

 Frederick IIはBattle of Paltzigの結果を聞いた。

 7月25日、Henri軍(20bns、35sqns)はBautzen北の
 Koenigswarthaまで到着。Finck軍は(12bns、10sqns)は
 Bautzenまで到着。Fouquet軍の一部はKonradswaldeに到着。
 Frederick II軍はSchmottseifenに駐留したまま。

 7月27日、Deville軍は退路を断とうとしたFouquet軍に対して
 攻撃を行ったが、撃退された。
 その後、Deville軍はReichenberg北のFriedlandのGolzの
 ほうへ注意を向け始め、翌日にはJahnusの部隊を派遣した。

 7月28日、Frederick IIはSaganに向けて出発した。
 Henry、Wuerttemberg、他の小規模な別働隊に
 Saganに集まるように指示を出していたもよう。

 7月29日、Wuerttemberg軍はHenry軍とSaganで合流した。
 他の小規模な別働隊も合流したもよう。

 Loudon軍とHadik軍はPriebusで合流した。
 今後、ロシア軍と合流する為に北へ向かうもよう。

 Deville軍はBohemiaに向けて退却し始めた。
 Fouquet軍は追撃したが、ほとんど成果は
 上がらなかったもよう。

 7月30日、Frederick IIは一部の軍とともにSaganに到着した。
 
 Finck軍はHoyerswerdaに到着。

 Hadik軍はTriebel、Loudon軍はTriebel北東の
 Sommerfeld近くまで進軍した。
 Deville軍はBohemiaのBraunauに到着した。
 Daunは一部の軍とともにLaubanに進んだ。残りは
 BuccowとともにMarklissaに残った。

 7月31日、Hadik軍はSommerfeld西のPforten、
 Loudon軍はSommerfeldに到着した。
 Beck軍はLichtenauからLauban北東のNaumburg(Queiss)
 に向かった。SchmottseifenのPrussia軍と
 Saganから北へ出発しつつあるFrederick II率いるPrussia軍
 との連携を断つ事を意図していると見られる。

 Frederick II軍はSaganから出発し、
 北のNaumburg(Bober)に向かった。
 その後、NaumburgからはSommerfeldに向かうと見られる。

 Henry個人はSchmottseifenに向かった。
 同地に残ったPrussia軍を指揮するもよう。


【Saxony-Thuringia-Franconia-Bohemia西部の動き】
 7月末、Finck軍がFrederick II軍と合流する為に
 Silesiaへ向かってしまった為、Saxonyには
 Dresden、Leipzig、Wittenberg、Torgauの守備兵くらい
 しか残らない状態になった。

 7月31日、帝国軍はAuerstedtに到着した。


【地中海での動き】
 Boscawenの艦隊は補給と修理の為にスペインの
 Tarragona南西12kmのSalouにいたが、
 7月24日Gibraltarに向けて出発した。


【アメリカ戦線での動き 〜Quebec〜】
 6月24日、Quebecのフランス軍指揮官には
 イギリス軍の艦船がCoudres島まで到着している
 という情報がもたらされた。

 6月26日、イギリスのSaunders提督率いる艦船は
 d'Orleans島南岸へ停泊する事ができた。
 
 同日、フランス軍はBeauport海岸に1万5千弱の
 兵(千人以上のをインディアンを含む)を展開させた。
 Quebec自体には約千5百の守備兵がいた。

 6月27日、イギリス軍がd'Orleans島へ上陸。

 6月29日、イギリスのMonckton旅団はQuebec前のSaint Lawrence川
 の南岸に上陸した。

 6月30日、Monckton旅団は川の反対のQuebecを
 臨む事ができるLevis岬周辺を占拠した。


【アメリカ戦線での動き 〜Niagara〜】
 6月下旬、イギリスのPrideaux軍は
 Ontario湖岸のOswego砦まで到達した。
 補給路の維持の為に約半分を残し、
 残りでNiagara砦に向かった。


【アメリカ戦線での動き 〜Carillon〜】
 6月21日、イギリスのAmherstとGageはEdward砦から
 Saint-Sacrement湖(George湖)に向かって進軍した。

 6月末、AmherstはSaint-Sacrement湖の南端付近に
 約1万1千の軍勢を集めた。


<言いっ放しでもいいかな、これ>
 --------東部戦線--------
 KAN:Frederick IIはBattle of Paltzigの結果を聞いて、
   多少Wedelの無謀さを非難しましたが、
   Wedelは自らの指針に忠実であろうとしたのだ、
   と思い返したそうです。
 KRE:Wedelを任命したのは誰か、
   慎重だったDohnaを解任したのは誰か、
   という事を問い直したんだな。
   結局、自分自身の批判にいきつくという事に
   気が付いたのだろう。さすがだ。
   だが、割り切れない部分もあっただろう。
   事情はあるにしてもあまりにも単純に
   ロシア軍へ突撃してしまったようには
   見える部分もあるからな。

 KAN:いずれにしてもロシア軍に対処する為、
   Brandenburgの東部にWedel軍への援軍を
   派遣せざるを得なくなりましたね。
 KRE:相当な規模になるだろうな。
   おそらく、Frederick II自ら行くんだろう。
 KAN:そうみたいです。
   まずはLoudon軍とHadik軍がロシア軍に
   合流するのを妨害する事を考えているようです。

 --------南部戦線--------
 KAN:Frederick IIはAustriaのLoudon軍やHadik軍、
   ロシアのSaltykov軍の動きで
   両軍がCrossenあたりで合流するのではないか、
   と考えていたようです。
 KRE:それに対して、Saganまで来たHenry軍やWuerttemberg軍
   を中心に進軍し、Wedel軍と合流しながら
   ロシア軍に向かっていくわけか。
   実際はロシア軍の進みが想定より速いので、
   Crossenより西でぶつかる事になるんだろう。

 KAN:Prussia軍がSilesiaやBrandenburgに集結する一方で、
   帝国軍はLeipzigにだいぶ近づいてきましたね。
 KRE:今はSaxonyには進出し放題になっているな。
   といっても少しでもPrussia軍が戻ってきたら、
   撤退するのかもしれないが。


<編集後記>
 スウェーデン海軍がそろそろ動き出そうとしています。
 来月から北部戦線に少しづつ動きがありそうです。


------------------------------------------------
▲▼おわりに▲▼
ドイツ西部戦線は7月28日までの記事にさせていただきました。

次回からのBattle of Mindenで7月29日からを記述します。

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2011-08-10  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。