歴史・地理

7年戦争を速報風味かな、これ

フリードリヒ大王の七年戦争を
速報風にお伝えしてきます。

調べながら考えながら楽しみながら、
送信させていただきます。

現在は七年戦争4年目の1759年を
扱っています。

全て表示する >

第188回 Battle of Paltzig(3)

2013/01/06

こんにちは、発行人です。

1759年7月23日の午後3時半過ぎから午後4時半
までの展開です。


------------------------------------------------
【Prussia軍の展開】
 7月23日午後3時半過ぎ、撤退したManteuffel軍
 代わってHuelsenがすぐにPaltzigのロシア軍に向かって
 前進し始めた。

 Prussia軍の20騎兵大隊はロシア軍の右翼へ回りこむ為に
 Huelsen軍などが進軍する左側に展開を始めた。


【ロシア軍の反撃】
 Saltykovは歩兵の後ろにいた左翼の騎兵を
 Huelsen軍の側面へ向けて展開させ始めた。
 また、Manteuffel軍による攻撃から立ち直った戦線
 と新しく準備が完了した砲によって、Huelsen軍を
 押さえ込もうとした。
 参考:http://frederi1757.up.seesaa.net/image/Paltzig_003.jpg

 午後4時頃、Huelsen軍はPaltzig近くまで
 進軍していたが、ロシア軍からの砲撃で大きな損害
 を出し、撤退し始めた。ロシア軍歩兵をさらに南から
 攻撃しようとしたStutterheim軍も反撃を受けて
 撤退した。
 そこへロシア軍左翼騎兵も到着した。
 参考:http://frederi1757.up.seesaa.net/image/Paltzig_004.jpg

 いまだZuellichau西に展開していた後衛のWobersnow軍
 にもPaltzigへの進軍が指示された。


【PrussiaのKanitz軍、戦線を立て直す】
 午後4時15分頃、ロシア軍左翼騎兵がPrussia歩兵の
 第2線であるKanitz軍に殺到したが、一斉射撃を受けて
 ロシア軍砲兵の後ろまで撤退した。
 さらに、Kanitz軍は踏みとどまったHuelsen軍とともに
 迫り来るロシア軍歩兵を迎え撃つ事になった。
 参考:http://frederi1757.up.seesaa.net/image/Paltzig_005.jpg

<言いっ放しでもいいかな、これ>
 KAN:どうも北からHuelsen軍、Manteuffel軍、Stutterheim軍
   と南北に並んでPaltzigの南側に展開するロシア軍歩兵
   の右翼の正面と右側面を攻撃していく予定だった
   のかもしれませんが、一番先頭を行っていた
   Manteuffel軍が撤退した事でHuelsen軍が単独で
   攻撃に出る事になりました。
 KRE:攻撃担当領域が増えたという事かな。
   その混乱もあってか、そのHuelsen軍は少しばらばらと
   進軍しているようで、少しだけロシア軍への圧力が
   遅れているようだ。
   しかも、ロシア砲兵からの砲撃も強くなってきている。
 KAN:事態を把握しつつあるSaltykovは歩騎砲兵で
   対応し始めました。
 KRE:砲兵を連れずに襲撃しているPrussia軍と
   Prussia軍の3倍はある砲を使用し始めているロシア軍
   の間にある火力の差が大きくなりつつあるな。
   Cossacksはある程度撃退したものの、
   ロシア軍騎兵の一部も展開してきている。
   砲兵の支援を受けたロシア軍右翼歩兵も反撃しつつある、
   という事で、Prussia軍には厳しい状況になってきた。
   Wedelはまだやる気みたいだが。


<Prussia軍の戦力>
約2万8千
 歩兵:2万弱 30大隊
 騎兵:9千強 63騎兵大隊
 砲 :56

 総司令官:Wedel

 ※HはHussar、DはDragoon、CはCuirassier、
  IRはInfantry Regiment

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
 ■歩兵第1列 Wedelが指揮
  ●Manteuffel
   ・Gabelenz旅団
    ★Anhalt-Bernburg(IR3)
    ★Braunschweig-Bevern(IR7)

  ●Huelsen
   ・Diericke旅団
    ★Gabelentz(IR40)[Fusilier]
    ★Diericke(IR49)[Fusilier]
    ★Jung-Schenckendorff(IR9)

  ●Stutterheim
   ・Anhalt-Bernburg旅団
    ★Goltz(IR24)
    ★Kanitz(IR2)

 ■歩兵第2列 Kanitzが指揮
   ・Flemming旅団
    ★Lehwaldt(IR14)
    ★Dohna(IR16)
    ★Tresckow(IR32)

 ■予備 Wobersnowが指揮
   ・Grabow旅団
    ★Beyer Grenadier(IR11/IR14)
    ★Lestwitz(IR31)
    ★Jung-Sydow Garrison No.5
    ★Manstein[Nesse] Grenadier(IR2/gar2)
    ☆Malachowsky(H3)
     ※(1758)8sqns、残りの2sqnsはH連合軍
      ↓
     ※(1759)7sqns、残りの3sqnsはH連合軍

 ■右翼騎兵
   ・Normann旅団
    ☆Zieten(H2) ※5sqns(/10)
    ☆Schorlemmer(D6)
    ☆Alt-Platen(D8)
   ☆Puttkamer(H4)

 ■左翼騎兵 Schorlemmerが指揮
   ・Schmettau旅団
    ☆Markgraf Friedrich(C5)
   ・Spaen旅団
    ☆Spaen(C12)
    ☆Horn(C7)
   ・Schlabrendorff旅団
    ☆Schlabrendorff(C1)
   ☆Reusch[Black Hussars](H5)
    ※(1758)7sqns、残りの3sqnsはH連合軍
     ↓
    ※(1759)6sqns、残りの3sqnsはH連合軍

 ◆Grenadiersは2大隊
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

 ■補給物資を守る為にZuellichauにいた部隊
  ★Bornstaedt Grenadier(IR13/IR26)
  ★Standing Grenadier Lossow(Sgb 4) ※Lossau?
  ★Tann Grenadier(IR17/IR22)


<ロシア軍の戦力>
5万2千強
 歩兵:52大隊
 騎兵:53騎兵大隊+Cossacks8連隊(約4千)
 砲 :188  + 連隊砲が128

 総司令官:Saltykov

 ※HはHussar、DはDragoon、CはCuirassier、
  IRはInfantry Regiment

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
 ■前衛 Totlebenが指揮
   ☆Krasnochekov旅団
    Cossacks 4連隊
   ☆Cossacks旅団
    Cossacks 4連隊
   ☆Riazanov旅団

 ■右翼 Demikuが指揮
   ☆Demiku軽騎兵旅団
   ☆Demiku重騎兵旅団

 ■中央
  ●第1軍団 Fermorが指揮
   ★Panin旅団
   ★Uvarov旅団
   ★Diess旅団
   ★Leontiev旅団
   ★Sievers旅団
  ●第2軍団 Villeboisが指揮
   ★Dolgorouki旅団
   ★Lubomirski旅団
   ★Leontiev旅団
   ★Manteuffel旅団
  ☆Gaugreben旅団 ※騎兵

 ■左翼
   ★Observation Corps Golitsynが指揮
   ☆Homiakov旅団
   ☆Jeropkin旅団

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


<編集後記>
 WedelはDohnaと交代した翌日にこの戦いを行っています。


------------------------------------------------
▲▼おわりに▲▼
Prussiaとロシアの両軍の戦力は下記にも載せます。
http://frederi1757.seesaa.net/archives/20130106-1.html
間違いがわかったら、こちらを修正していきますので、
よろしくお願いします。

Battle of Kay

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2011-08-10  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。