歴史・地理

7年戦争を速報風味かな、これ

フリードリヒ大王の七年戦争を
速報風にお伝えしてきます。

調べながら考えながら楽しみながら、
送信させていただきます。

現在は七年戦争4年目の1759年を
扱っています。

全て表示する >

第152回 Battle of Hochkirch(6)

2012/12/01

こんにちは、発行人です。

午前8時から午前9時前までです。


------------------------------------------------
【Prussia軍北東からのAustria軍】
 午前8時頃、d'Arenbergの一隊はKotitzの南を
 通ろうとしたが、付近を防衛していた
 Kleist Grenadier(IR15/IR18)によって撃退された。

 d'Arenberg軍はいったん軍を止めて、
 少し南で展開しているd'Ursel指揮下の軍が
 LauskeからFeldjaegerを一掃するのを待った。
 d'Ursel軍はFeldjaegerを撃退した後、
 Alt-Billerbeck Grenadier(IR8/IR46)と
 Standing Grenadier Rohr(Stgd 6)をもRodewitz方面へ
 撤退させた。

 d'Ursel軍はそのままの勢いで西へ向かい、
 Rodewitz方面のPrussia軍へ襲いかかった。
 Standing Grenadier Wangenheim(Stgd 1)によって守られる
 Rodewitz北のPrussia砲兵隊がターゲットとなった。
 この動きを見たHeyden Grenadier(IR19/IR25)は
 砲兵隊を助けに行った。
 2つのGrenadierは8歩兵大隊のd'Ursel軍に
 頑強に抵抗した。

 午前8時半過ぎ、Durlach軍の7歩兵大隊の援軍
 で強化されたd'Arenberg軍はd'Ursel軍の成功を見て
 再び進軍を始め、Kleist Grenadier(IR15/IR18)、
 Standing Grenadier Unruh(Stgd 2)、Feldjaeger、
 によって防衛されるKotitzからLauskeの地域へ展開した。
 Retzow軍に半分いたPuttkamer(H4)が援軍に来ていたが、
 Prussia軍は数的に優勢なAustria軍に圧倒され始めた。

 20弱のAustria歩兵が展開する場所へSeydlitz軍から
 Krockow(D2)も援軍に来たが、Puttkamer(H4)の撤退を
 支援できただけだった。
 最終的にはKleist Grenadier(IR15/IR18)と
 Standing Grenadier Unruh(Stgd 2)は降伏したが、
 Feldjaegerは80人になりながらもなんとか撤退した。


【Retzow軍の動き】
 Frederick IIからの指示を受けたRetzow軍だったが、
 2万弱のDurlach軍に攻撃されようとしていた。

 Retzowが撤退しようとした時にPrince of Loewenstein
 が率いる一隊(4歩兵大隊、3騎兵連隊)がRetzow軍の
 左側面(東南)に現れた。その部隊はKrischauまで
 進出しようとしていた。
 Prussia軍のWuerttembergはBayreuth(D5)とWerner(H6)
 の先頭にたって、このAustria軍の騎兵を攻撃し、撃退した。

 Retzowはこの成功を利用して、Frederick II軍へ
 合流しようとすぐに行動を開始した。


<言いっ放しでもいいかな、これ>
 KAN:Austria軍主力に対応する為に戦力を引き抜いた
   地域でAustria軍が攻勢を強めてきました。
 KRE:Frederick IIはRetzow軍と連携しながら、
   Bautzen方面に退却する事が頭にあったんだろう。
   Retzow軍を使って反撃し、戦局を回転させる
   事も少しだけ期待していたかもしれないが。
 KAN:とは言え、Rodewitzまで進出されたのには
   参ったでしょうね。
   Daun軍とd'Arenberg軍の2正面を相手にする
   戦力はありませんし、Austria軍がまだ他に
   軍がありますし。
 KRE:Retzow軍自体も下手をすれば、抑え込まれそうと
   わかってきたわけだしな。


<編集後記>
 Wuerttemberg自体はフランスに味方する事になって
 しまいましたが、Prussia軍に参加している
 Wuerttembergの王子は活躍しています。
 この戦いではRetzow軍にいます。


------------------------------------------------
▲▼おわりに▲▼
Weissenberg南のStrombergの丘を抑えられてしまっていたのも
Prussia軍にとっては痛かったです。

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2011-08-10  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。