歴史・地理

7年戦争を速報風味かな、これ

フリードリヒ大王の七年戦争を
速報風にお伝えしてきます。

調べながら考えながら楽しみながら、
送信させていただきます。

現在は七年戦争4年目の1759年を
扱っています。

全て表示する >

第129回 Battle of Zorndorf(10)

2012/11/15

こんにちは、発行人です。


------------------------------------------------
【Prussia軍の攻撃準備】
 Prussia軍は午後1時までに前の戦闘の混乱から
 立ち直り、次の攻撃準備を始めた。
 Stein-Buschの東にロシア軍から100m弱の距離で
 展開していった。
 また、右翼の砲兵を前進させ、
 Alt-Kreytzen(IR40)[Fusilier]の内の1歩兵大隊に
 護衛させた。
 生き残った左翼の砲兵を集めて、ロシア軍の新しい右翼
 を攻撃しようとしていたが、安定して備え付けるにはまだ
 時間がかかりそうであった。


<言いっ放しでもいいかな、これ>
 KAN:Frederick IIはGalger-Grundの東の新たな
   ロシア軍右翼への攻撃を当面は見合わせる事にした
   そうです。
 KRE:Galger-GrundとStein-Buschの間で軍の行動が制限
   されそうだからだ。もたもたしていたら
   ロシア砲兵の絶好の標的にされてしまう。
 KAN:あとはStein-Busch自体が邪魔ですね。
   このあたりに展開して、足を取られていたら、
   簡単にロシア軍に反撃されてしまいます。

 KRE:Frederick IIの次の攻撃計画では
   Dohna軍がLanger-Grundに沿ってロシアの左翼歩兵、
   Observation Corpsへ攻撃を行い、
   進撃によってObservation Corpsの左側面を取る、
   という事を狙っているようだ。
   右翼の砲兵は進撃しやすくする為に
   Observation Corpsを攻撃する、と。
 KAN:右翼騎兵がPlettenberg(D7)とAlt-Platen(D8)
   によって強化されるようです。今はまだZorndorf
   にいますが。
   Demiku率いるロシア軍左翼騎兵に対応する為ですね。
 KRE:Dohna軍の左にはStein-Buschがある状態となるが、
   右側が空いてしまうので、その右側面を補強する
   為にManteuffel軍とKanitz軍を再編成中。
   ただ、時間がかかりそうだ。
   攻撃に間に合うかどうかは微妙なところ。
 KAN:左翼騎兵のSeydlitz軍はZorndorfの北西に配置されて
   いますので、左翼或いは予備のような位置づけに
   なるのでしょう。
   あとはSchorlemmer(D6)がZorndorfあたりに
   とりあえず配置されたままになるようです。
   中央に残された最後の予備のようなものでしょうか。


<編集後記>
 午後2時頃になってもPrussia軍の再配置は
 続いています。
 ロシア軍の戦闘準備はほぼ終わっていますので、
 もしかするとロシア軍から攻撃するという
 事にあるかもしれません。


------------------------------------------------
▲▼おわりに▲▼
午後2時頃までの状況でした。
戦いは後半戦へ。

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2011-08-10  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。