歴史・地理

7年戦争を速報風味かな、これ

フリードリヒ大王の七年戦争を
速報風にお伝えしてきます。

調べながら考えながら楽しみながら、
送信させていただきます。

現在は七年戦争4年目の1759年を
扱っています。

全て表示する >

第120回 Battle of Zorndorf(1)

2012/11/12

おはようございます、発行人です。

今回から十数回に渡って、
Battle of Zorndorfをお届けします。

8月23日から始まります。


------------------------------------------------
【Prussia軍、Oder渡河完了】
 8月23日早朝、Prussia軍はGuestebiese近くで
 Kanitzと合流し、Oder川渡河にむけて橋を架け始めた。
 対岸へ先に渡っていた部隊は橋頭堡を築いた。

 午前11時過ぎには橋を架け終え、
 Frederick IIはまずWedell Grenadier(IR1/IR23)とともに
 Oder川を渡り、近くの丘にその部隊を配置した。
 その後、残りの全軍が数時間で渡ってしまった。
 渡河後はZellinやClossowなどに展開した。
 輜重隊は渡河せずにOder川西側に残り、
 Hordt(出身地域が限定されない)歩兵連隊が
 橋を守る事になった。


【ロシア軍、Cuestrinから撤退】
 FermorはCuestrin攻囲を引き上げて、輜重隊や重砲を
 Klein-Kamminまで運んだ。
 また、Gross-KamminとKlein-Kamminの間に
 四方を車で囲んだ車陣を張り、多くの輜重隊を守る
 体勢を組んだ。食糧やかいばなどの比較的軽めの物資を
 運ぶ輜重隊はロシア軍主力とともに行動するとの事。
 参考:http://frederi1757.up.d.seesaa.net/frederi1757/image/Zorndorf_002.jpg


<言いっ放しでもいいかな、これ>
 KAN:FermorはSchwedtにいるRumyantsevと分断されました。
 KRE:代わりにObservation Corpsを率いてLandsbergから
   Cuestrinに近づきつつあるBraunに向けて、
   まずはGross-Kamminへ急ぐように指示したらしい。
 KAN:ロシア軍主力はTamselから北のQuartschenへ
   向かっているようですから、
   そこへ来るようにも指示されるのでしょう。


<編集後記>
 ここからまず兵力の小さいRumyantsevへ向かう、
 という事は検討されているのでしょうか。
 騎兵が多いので逃げられてしまう可能性が高いですし、
 Cuestrinを完全に解放する為にも
 Fermorを撤退させる必要がありますので、
 Fermor軍へ向かっていくと思われます。


------------------------------------------------
▲▼おわりに▲▼
Prussia軍はOder川を無事に素早く渡っただけなく、
ロシア軍別働隊であるRumyantsevを
Fermor軍と一時的に切り離す事に成功しました。

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2011-08-10  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。