国際情勢

鍛冶俊樹の軍事ジャーナル

航空自衛隊出身の軍事ジャーナリストが内外の軍事情勢を多角的に分析する。メルマ!ガ オブ ザイヤー2011受賞

全て表示する >

軍事ジャーナル【12月17日号】米中情報戦争、真っ只中!

2018/12/17

 もはや「米中貿易摩擦」などとは言わなくなった。「貿易戦争」でもまだ手ぬるい。いま米中間に起きているのは明確に「情報戦争」である。戦争には二つの側面がある。一つは「目に見える戦い」すなわち正規戦、もう一つは「見えない戦い」すなわち情報戦争である。
 米国が中国の通信大手ファーウェイの製品を規制し、同社副会長で同社創始者の娘である孟晩舟がカナダで逮捕され、同日AI研究に深く関わる中国系の張首晟スタンフォード大学教授が謎の死を遂げた。
 その5日後の12月6日にソフトバンクを始め、日欧の通信大手で大規模障害が発生している。しかも障害は世界規模であったのに拘わらず、中国でまったく起きていない。情報戦争の視点で見れば誰が仕掛けたのか、明らかだろう。

 12月1日にトランプと習近平は南米ブエノスアイレスで、中国の知的財産権侵害を再度協議する合意をした。会談で合意しながら孟晩舟を逮捕させる米国の真意がどこにあるかと言えば、まさにこの知的財産権の保護にある。
 そもそも1990年代にソフトウェアが知的財産として保護されるようになって始めてインターネットが成立した。つまり知的財産権はインターネットを成立させる法的基盤であり、これなしにはインターネットは成立しない。中国によるサイバー攻撃は知的財産権の侵害に他ならずインターネットそのものを破壊する行為であろう。
 米中会談で中国の南シナ海などへの海洋進出が議題にならなかったのを訝る声もあった。日本としては中国の尖閣侵略を問題にして貰いたい所だったが、米国としては中国のサイバー戦能力を無力化する事を最優先事項として交渉に臨んだのであろう。

 インターネットは本来、米軍の情報通信システムであり、米国の陸海空の戦力はインターネットにより制御されている。もしインターネットが破壊されれば米軍の巨大な戦力も一夜にして鉄屑になる。
 実はこれは逆も言える。中国の陸海空の戦力も同様にインターネットで結ばれており、中国軍がサイバー戦能力を失えば、これらの戦力もまた一夜にして巨大な鉄屑となるのである。米中は実は我々が目の届かない情報領域で世界大戦を既に繰り広げているのである。

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2011-06-24  
最終発行日:  
発行周期:不定期(原則:週1回)  
Score!: 96 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。