国際情勢

鍛冶俊樹の軍事ジャーナル

航空自衛隊出身の軍事ジャーナリストが内外の軍事情勢を多角的に分析する。メルマ!ガ オブ ザイヤー2011受賞

全て表示する >

軍事ジャーナル【2月19日号】招かれざる客

2018/02/19

 北朝鮮が、平昌五輪の開会式に出席した安倍総理を招かれざる客と非難した。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018021800307&g=prk
 開会式と同日開かれた日韓首脳会談から10日近くたって、こうした論評を公表する所に現在、北朝鮮の置かれている困難な状況が伺えよう。早い話が安倍訪韓は北朝鮮の野心を打ち砕いたのである。

 安倍総理は米国のペンス副大統領と共に、韓国の文在寅大統領の親北政策に釘を刺した。北朝鮮は金正恩の妹を送り込んで、米韓軍事演習の中止と文大統領の訪朝を求めたが、韓国は米朝対話が必要だと述べただけで結局要求には応じなかった。
 北朝鮮にしてみれば、今さら韓国を悪く言う訳にもいかず、米朝対話の手前、米国を非難する訳にもいかない。となれば日本を非難するしか責任を押し付ける先が見当たらないのであろう。

 それにしても開会式当日ならともかく、9日もたって「招かれざる客」とは如何にも見苦しい悪態にしか見えない。安倍総理は韓国からの招待を受けて訪韓したのであり、北朝鮮もそれを知りながら使節を送り、開会式や晩餐会で同席していたのである。
 北朝鮮の内情を察するに、金正恩の核ミサイル実験の連発が中国の制裁も招いた為、窮余の一策として平昌五輪参加を決めた。ところが妹まで動員した微笑み外交は結局、何の成果ももたらさず「金正恩は失敗した」との非難が囁かれるに至って、非難の矛先を安倍総理に向けたと思われる。

 米国のトランプ政権は、国家安保戦略、国防戦略、核戦略を公表し、対北軍事戦略の骨格が定まった。トランプ政権のロシアンゲート疑惑も終息し、3月中旬にプーチンが露大統領に再選されれば、北朝鮮処分を巡って米露が歩み寄ることになる。
 招かれなくとも必ず訪れる客は、言うまでもなく死神である。金正恩には安倍総理が死神のように見えているに違いない。

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2011-06-24  
最終発行日:  
発行周期:不定期(原則:週1回)  
Score!: 96 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2018/02/19

    米国のトランプ政権は、国家安保戦略、国防戦略、核戦略を公表し、対北軍事戦略の骨格が定まった。トランプ政権のロシアンゲート疑惑も終息し、3月中旬にプーチンが露大統領に再選されれば、北朝鮮処分を巡って米露が歩み寄ることになる。

     招かれなくとも必ず訪れる客は、言うまでもなく死神である。金正恩には安倍総理が死神のように見えているに違いない。→鍛冶先生、情報ありがとうございます