国際情勢

鍛冶俊樹の軍事ジャーナル

航空自衛隊出身の軍事ジャーナリストが内外の軍事情勢を多角的に分析する。メルマ!ガ オブ ザイヤー2011受賞

全て表示する >

軍事ジャーナル【10月2日号】若者と政治

2017/10/02

 先週金曜日の夜10時から翌朝4時まで、チャンネル桜のネット生放送特番「@渋谷、夜桜、金曜は眠らナイト」でインタビュアーを務めた。渋谷の若者およそ100人にインタビューし、彼らの政治意識を探る狙いである。
 ボードに各党の党首の写真を張り付け、支持政党を訊ねたところ安倍自民党が35、小池希望が24、山口公明0、前原民進2、松井維新3、志位共産0、鈴木大地2、小沢自由1、支持なし11という結果だった。
 選挙権のない外国人にも訊ねているので選挙予測に反映されうる数字ではないが、渋谷では日本と外国の若者が一体となって一つの文化空間を造り出しており、そうした若者文化の政治性を知る上では参考になろう。ちなみに訪日外国人の殆どは安倍総理しか知らないし、同時に安倍支持でもあった。

 9月25日収録(30日公開)のチャンネル桜の討論番組「桜国防戦略会議―核・最新兵器は日本を守れるか?」に出演した。
https://www.youtube.com/watch?v=4UEP9zdQNyc
 私以外の出席者は、川村純彦(川村研究所所長・元海将補)、篠原常一郎(軍事評論家・元日本共産党国会議員秘書)、野口裕之(産経新聞政治部専門委員)、矢野一樹(元海上自衛隊潜水艦隊司令官 海将)、矢野義昭(元陸上自衛隊小平学校副校長 陸将補)、若林秀男(元航空自衛隊北部航空方面隊司令官 空将)、司会進行:水島総(日本文化チャンネル桜代表)
 まさにそうそうたる面々で、北朝鮮情勢について忌憚のない議論を繰り広げることが出来た。恐らく現在の日本で最も質の高い議論ではなかったか、とすら思える程である。
 私は敢えて悲観的な見解を述べたが、ここで結論を付け加えれば、軍事アレルギーを早急に解消しなければ日本は今後生き残れまい。そのための総選挙になれば、と祈るばかりである。

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2011-06-24  
最終発行日:  
発行周期:不定期(原則:週1回)  
Score!: 96 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2017/10/02

    支持政党を訊ねたところ安倍自民党が35、小池希望が24←小池新党の躍進すごそう!しかし、これが実現したら、安倍総理は退陣になりますね!