国際情勢

鍛冶俊樹の軍事ジャーナル

航空自衛隊出身の軍事ジャーナリストが内外の軍事情勢を多角的に分析する。メルマ!ガ オブ ザイヤー2011受賞

全て表示する >

軍事ジャーナル【9月4日号】北の核実験は対中戦略

2017/09/04

 北朝鮮が「水爆実験に成功した」と言う。何事にも誇大表示が付きまとう国だから、本当に水爆かどうかは分からないが、爆発規模の拡大は間違いなく、核爆弾の技術が向上している事は明白であろう。
 水爆は1950年代に米国が核爆弾の爆発規模の拡大を目指して開発したものだが、1970年代になると米国は水爆開発への関心を失ってしまう。端的に言えば大き過ぎて使い辛いのである。

 大型の核爆弾を1発落とすより、小型の核弾頭を多数落とす方が、迎撃されにくく、しかも広範囲の多数の標的を攻撃できるのである。従って今回の北朝鮮の実験は、こうした核開発の流れに逆行した時代遅れのものと言わざるを得ない。
 水爆かどうかは別にしても、爆発規模が拡大していることから爆弾の体積と重量が増しているのは疑いない。重量2トン以上となれば、弾道ミサイルに搭載できたとしても米国はもちろん日本にも届かない。
 だが日米に届かなくとも国境を接している中国とロシアにとっては明白な脅威であろう。それが証拠に、ICBMの実験には寛容であった中国とロシアが今回は早速、北朝鮮を非難している。

 この一カ月の動きを見ると、今回の実験は明確に北朝鮮が中国に向けて発したメッセージだと認識されよう。8月5日に国連安保理で北のICBM(7/28)への制裁決議がなされ、中国は、北朝鮮からの海産物の輸入を停止した。
 8月24日と25日に北朝鮮メディアは中国のこの姿勢を、名指しはしないものの激烈な表現で非難し、翌26日に短距離弾道ミサイル3発を日本海に撃ち込んだ。そして28日に核実験の準備が完了したとの情報が流れた。
 そして29日にICBMが北海道沖に撃ち込まれ、3日に核実験という順序だが、4日現在、北朝鮮から中国への海産物の輸入は再開されており、中国は表面的にはともかく内実は北朝鮮の要求に屈してしまっている。
 つまり、今回の核実験は北朝鮮による対中戦略の一環であり、そして北朝鮮は中国に対して戦略的に勝利したと言えよう。

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2011-06-24  
最終発行日:  
発行周期:不定期(原則:週1回)  
Score!: 96 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 高橋2017/09/16

    日本としてまずしなくてはならないことは、日本の原発施設対策だと思います大都市部攻撃よりも原発施設が破壊された時の被害想定して下さい。

    あの多量な使用済み燃料をもっと安全な施設に保管しておくべきと思います。あの燃料プールの水が一か所なくなってだけで一つか二つの県が消滅しても不思議ではないと思います