国際情勢

鍛冶俊樹の軍事ジャーナル

航空自衛隊出身の軍事ジャーナリストが内外の軍事情勢を多角的に分析する。メルマ!ガ オブ ザイヤー2011受賞

全て表示する >

軍事ジャーナル【9月1日号】田母神スパイス!

2017/09/01

 北朝鮮問題と田母神問題をチャンネル桜で解説した。元航空幕僚長で軍事評論家の田母神俊雄は、なぜか北朝鮮に対しては大甘な姿勢を示すので、敢えて辛口の批判をしている。これを名付けて「田母神スパイス!」人口に膾炙されたい。
https://www.youtube.com/watch?v=aoUzYAGXoy8
 
 番組でも触れたが、田母神は、北朝鮮が中距離弾道弾「火星12号」を襟裳岬東方の太平洋に撃ち込んだ翌日の8月30日、ツイッターでこう述べている。
「北朝鮮はアメリカなど大国の軍事攻撃で国を潰されないように核やミサイルの開発を行っている。だから絶対に核兵器廃絶はしない。我が国も北朝鮮が核武装をしているという前提で国家安全保障を考えるべき。許せない暴挙だ、経済制裁だというだけで日本政府の思考が止まっていることが問題だ。」
 
 驚くべきことに、この前半部分は、北朝鮮が国連で表明している核開発正当化の論理と全く同じである。中段「我が国も北朝鮮が核武装をしているという前提で国家安全保障を考えるべき。」というのは北朝鮮が国際社会に求めている核兵器保有の承認につながりかねない。
 最後部、経済制裁を有効と見なしていない様な論調だが、現在、政府が検討している対北石油輸出禁止案は明らかに有効な政策である。
 しかも、今までのツイッターでの発言すべてに共通する事だが、日本政府を非難するばかりで、北朝鮮への非難が全く見当たらないのである。こうして見ると田母神は北朝鮮の代弁人ではないかと思われるほどである。だから「田母神スパイス!」どうぞよろしく!

 産経のオピニオンサイトiRONNAに先々週に引き続き北朝鮮ミサイル問題で再び寄稿した。「北朝鮮のミサイル、日本の迎撃率90%でも守りは万全じゃない」
http://ironna.jp/article/7538
 8月29日の北朝鮮の弾道弾発射の軌道は2009年4月の発射の時の軌道に酷似している。あの時と今、日本の対応はどこが同じでどこが違うのか?ここから今回の発射の危機の本質が見えてくる。一読されたい。

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2011-06-24  
最終発行日:  
発行周期:不定期(原則:週1回)  
Score!: 96 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2017/09/27

    田母神氏のツイートを批判しているが、私は氏の認識は真っ当だと思う。何か、田母神憎しの印象を拭えない。もっと、冷静な批判をしてほしい。

  • 鍛冶2017/09/04

    北朝鮮への非難が足りないのではなく、皆無なのです。田母神はどう見ても親北派です。

  • 鍛冶2017/09/02

    日本語では通常、自分の上司を対外的に呼び捨てにするのが普通です。私も選対本部の広報部長としてマスコミに対して「田母神」と呼び捨てにしていました。ちなみに自衛隊の内部では「タモちゃん」と呼ばれて当人も喜んでいました。法律的には田母神容疑者とするのが妥当でしょうが、呼び捨てで差し支えないと思います。

  • 名無しさん2017/09/02

    記事内容とは関係ありません。

    どのような事情があるにせよ、年長者であり航空自衛隊の先輩にあたる田母神氏を呼び捨てにすることには、あまり良いイメージを持てません。老婆心ながら率直に感じたままを。

  • 名無しさん2017/09/01

    田母神は孔子が誅殺したという少正卯の如きものであろう。即ち五悪をすべて兼ね備えている悪党ということだが。

  • 名無しさん2017/09/01

    田母神の言っている北朝鮮の核保有の意図は、まぎれもない事実であり、それをツイートすること自体に何の問題もない。



    北朝鮮への非難が足りないとの田母神への批判は、軍事ジャーナリストとして少々滑稽ではないか。強く非難すれば良いという問題ではない。軍事ジャーナリストとして具体的な対応案で反論すべき。



    田母神なんて無視すればよい。それとも何か田母神を悪魔化しないと不都合なことでもあるのか?