国際情勢

鍛冶俊樹の軍事ジャーナル

航空自衛隊出身の軍事ジャーナリストが内外の軍事情勢を多角的に分析する。メルマ!ガ オブ ザイヤー2011受賞

全て表示する >

軍事ジャーナル【6月3日号】皇統を守れ!

2017/06/03

 古代ローマ帝国において、キリスト教は一神教の排他的教義の故、禁止されていた。そこで多神教であるかのような説明をして、ローマ皇帝コンスタンチヌスを改宗させることに成功し、皇帝家の宗教となった。
 まさにこの改宗こそ、世界史を変える革命的な事件だったと言えよう。というのも、皇帝家の宗教はやがてローマ帝国の国教となり、他の宗教を禁止し欧州全体をキリスト教が独占するに至ったからである。
 キリスト教が現在のような世界宗教になったのは、この改宗が切っ掛けであり禁止されていたキリスト教にとって起死回生の一打であった。この歴史的事実は当然、世界中の宗教活動家の布教戦略に強い示唆を与えている。要は君主の一族を改宗させることなのだ。

 昨日、女性宮家創設等の検討を政府に求める決議が衆議院で可決された。だが皇族の女性が結婚後も皇籍に留まり皇族としての責務を果たさなければならないとなれば、こうした複雑な立場の女性に男性は強い目的意識なしには、結婚を申し込まないであろう。
 つまり女性宮家の創設は皇族への布教を可能にするものであり、布教活動に熱心な宗教団体がこの絶好の機会を見逃す筈はない。
 キリスト教が国教となるや、ローマ帝国の各地にあった古代ギリシアやローマの神々の像は破壊され神殿は廃墟となった。ギリシア・ローマ文化はかくして滅んだのである。

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2011-06-24  
最終発行日:  
発行周期:不定期(原則:週1回)  
Score!: 96 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2017/06/03

    海の王子の三代前までの戸籍をきちんと調査していただきたいです。鍛冶先生!おねがいします。