国際情勢

鍛冶俊樹の軍事ジャーナル

航空自衛隊出身の軍事ジャーナリストが内外の軍事情勢を多角的に分析する。メルマ!ガ オブ ザイヤー2011受賞

全て表示する >

軍事ジャーナル【3月10日号】金縛りの中国

2017/03/10

 6日、北朝鮮が中距離弾道弾スカッドER4発を日本海秋田沖に撃ち込んだ。翌日には打ち上げの映像を公開し「在日米軍基地の打撃を担う部隊が訓練に参加した」と紹介した。こうした紹介は「異例だ」とマスコミは言ったが、異例なだけではなく奇妙なのである。
 発射されたのは北朝鮮北西部、スカッドERの射程は1000kmだから、そこにある部隊のスカッドERは大半の在日米軍基地に届かないのである。もし本当に在日米軍基地を狙っているなら南東部に置く筈であり、つまりこの部隊は在日米軍を狙っていない。

 北西部から北京までは1000kmであるから、明確にこの部隊は北京を狙っている。中国は発射直後に、「北朝鮮によるこの発射は現在行われている米韓合同軍事演習に反発したもの」とする見解を述べていた。北朝鮮の翌日の発表は中国のこの見解を否定した事になる訳だ。
 つまり北朝鮮の真意は明快に中国に向けられたものだ。「石炭の輸入停止とか言っているけど、まさか本気じゃないよな。そんなことを本当にしたら、どうなるか分かってんだろう」「金正男の殺害だって、中国が旅行日程を教えてくれたから実行できた。つまり中国は了承したんだよ」

 まさに北朝鮮が映像を公開した7日、金正男の息子のハンソルの動画が公開された。中国にある脱北者支援団体のホームページだが、要するに中国の情報機関によりハンソルは保護され外国に移されたのだ。
 マレーシアは金正男のDNA鑑定のために中国マカオにいたハンソルの協力を要請し、しかし中国は北朝鮮の手前、協力できず処置に困ってハンソルを放り出したのである。ハンソルは動画の中で米国にも礼を述べているから、中国が米国に泣き付いたことは確かだろう。
 こうしてみると、今追い詰められているのは北朝鮮ではない。北朝鮮の金正恩と米国のトランプに挟まれて身動きが取れなくなっているのは、中国人民代表大会という華やかな政治ショーの真ん中に座っている人物、習近平その人である。

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2011-06-24  
最終発行日:  
発行周期:不定期(原則:週1回)  
Score!: 96 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 慎太郎2017/03/12

    国内的には経済崩壊で中国は正に内患外憂の極みだ。

  • 名無しさん2017/03/10

    情報ありがとうございます