国際情勢

鍛冶俊樹の軍事ジャーナル

航空自衛隊出身の軍事ジャーナリストが内外の軍事情勢を多角的に分析する。メルマ!ガ オブ ザイヤー2011受賞

全て表示する >

軍事ジャーナル【8月23日号】シリアを空爆せよ

2013/08/31

 米国がシリアを空爆しそうな情勢である。マスコミは例によって「本当にシリア政府軍は化学兵器を使用したのか?」などとブッシュ時代の、いわば時代遅れのネタを振り回しているが、この際世迷言はやめた方がいい。
 昨年からシリア政府軍が化学兵器を使用したという報道は、何度も繰り返されており、シリア政府軍が化学兵器を半ば公然と使用しているのは周知の事実と言っていい。だがオバマがそれに対して慎重な姿勢を示したのは、確実な証拠を掴みたかったからだ。ブッシュの二の舞を避けたかったのである。
 今回オバマは「シリア政府軍が化学兵器を使用した」と断言しており、確実な証拠を手にしたことは間違いない。弁護士出身のオバマは経営者出身のブッシュと違い憶測を証拠に優先させる事はしないだろう。

 オバマ政権から証拠を提示されたと見られる与野党の議員たちも使用については疑っていない。米議会は攻撃には慎重だと伝えられるが、これは政権と議会のよくある政治駆け引きの一幕であろう。キューバ危機のときだって、ケネデイ政権と議会は対立したのである。
 英国下院が反対を議決したのは「確実な証拠がない」からだが、つまり英国政府は議会に証拠提示できないでいる。これすなわち米国が英国に情報を提供していないことを意味する。オバマの英国嫌いは有名だが、第2次世界大戦以来の情報交換協定を破棄したとは驚きである。
 今後、英国が参戦に転ずる可能性はあるが、もし参戦を見送ればかつてのような対等な同盟国ではなく、従属国の立場に追いやられるのは確実だ。ここで相対的に地位の向上が見込めるのが日本である。もし集団的自衛権の行使を明言すれば、英国に取って代わって米国の対等な同盟国になることも夢ではない。
 
 空爆は限定的で小規模なものになると見られるが、シリア政府軍にとってやはり痛手である。化学兵器の使用を控えざる得ず、反体制派は勢いを盛り返すのは確実だ。リビアの例などを見れば、来年半ばにはアサド政権は崩壊するだろう。シリア政府軍から離脱者が増えれば年内崩壊もありうる。
 中近東は民主化と不安定化が同時進行しているが、日本からみれば北朝鮮の同盟国が消滅することはいいことである。
**********
チャンネル桜で、集団的自衛権の行使と米国の思惑について解説した。
http://www.youtube.com/watch?v=rRvNKl-do-c


規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2011-06-24  
最終発行日:  
発行周期:不定期(原則:週1回)  
Score!: 96 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2013/09/26

    アメリカは誰が毒ガスを使用したか既に知っている。それは輩の傭兵であり、その毒ガスに対して、シリアの対抗集団を否定できないが、その場合、密かに罠をはり、聞き耳を立ていただけの・・話・・

  • 名無しさん2013/09/01

     米国と対等な同盟国になるには我が国民の意識の大転換と主権国家の体制造りを目立たぬように進めながら、アメリカ様とはタフに交渉する勇気と計画性がなければ大きな負担を背負わされる結果で1ラウンド終わりとなりませんか。

    英国の後釜に座るのはやめたほうがよいと思います。

    我が国は中共と朝鮮を除いた有色人種国及び親日白人国と連携すべきと考えます。

    残酷な謀略国家との付き合いは喧嘩を仕掛けられない、ほどほどの距離を保ってニコニコしておればよいんじゃありませんか。

  • 名無しさん2013/08/31

    中近東は民主化と不安定化が同時進行しているが、日本からみれば北朝鮮の同盟国が消滅することはいいことである。ですが、イスラム勢力が台頭するのは避けたいところですね・・・・むずいです。