国際情勢

鍛冶俊樹の軍事ジャーナル

航空自衛隊出身の軍事ジャーナリストが内外の軍事情勢を多角的に分析する。メルマ!ガ オブ ザイヤー2011受賞

全て表示する >

軍事ジャーナル【6月22日号】米中の決裂

2013/06/22

 今日、中国の公船が尖閣付近で領海侵入した。先週金曜日にも侵入した。前号で「米中がどんな合意に至ったかは、今後数週間の東シナ海や南シナ海での動きで分かる。もし中国が挑発行為をやめれば、米国は対中経済支援に動くだろう」と言う趣旨で書いたが、中国は相変わらず挑発を繰り返している。
 つまり米中首脳会談は何らの成果ももたらさなかった。米中は決裂したのである。

 オバマの外交下手は非難されるべきだが、それ以上に驚くべきは習近平の無能ぶりである。彼は軍を統括する立場にありながら、中国海軍の暴走を止める事が出来ない。尖閣に侵入している中国公船は表面上は海軍とは別組織だが、その実密接に連動しており海軍の別働隊と見ていい。
 中国が挑発をやめない以上、米空母を中近東に移動させられない。オバマはシリアの反政府勢力への支援は表明したものの、米軍の本格的介入は見送らざるを得なかった。米軍の本格介入がないとなれば今後、中近東はますます不安定化することは目に見えており、ロシアは増派の意向を示し欧米と対立した。

 G8首脳会談で安倍総理だけが目立ったのは、安倍総理以外どの首脳も将来の方向を示せなかったからで、これを一言で批評するなら、習近平の無能ぶりが安倍総理を世界のリーダーに引き上げた、ということになろう。
 当然、中国は経済支援を得られず今後、欧米日の対中投資は減る事はあっても増える事はない。密かに囁かれていた7月中国バブル崩壊説は現実のものとなりそうである。

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2011-06-24  
最終発行日:  
発行周期:不定期(原則:週1回)  
Score!: 96 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2013/09/26

    無能の者等が多い中・・幸いに・・有能な一人が・・元気の・・風を・・

  • 名無しさん2013/06/25

    「習近平の無能ぶりが安倍総理を世界のリーダーに引き上げた」、これは安倍総理を少し持ち上げすぎですね。日本が世界のリーダーになるためには、

    尖閣防衛のために魚釣島の要塞化を図り、防衛費を3倍にしなければなりません。

    さらに、平時の防衛ができないようにしている自衛隊法の改正をして、自衛隊を「軍」として機能させなければなりません。

    安倍総理はまだこれらのことに一切手を付けていません。支那が尖閣を侵略するまでの残された時間はそう多くはないと思います。

  • 名無しさん2013/06/22

    鍛治さんの軍事的分析は、大変興味を持って、拝読させて頂いて居ます。本当に習近平と言う男は、無能の国家主席です。安倍総理の中国包囲網を警戒し、アメリカに接近、前回の中米外交になったわけですが、完全にアメリカと決裂したと聞いて居のす。すなわち中国外交は失敗と言う事ですね。そして、中国共産党が、しきりに行ってきた、反日教育が、仇に成って、いつ共産党に国民の反日のナショナリズムが暴走して、共産党に向くか解らない状態です。そして勝手に暴走する中国海軍を抑えられず、結果として尖閣を未だに挑発する中国海軍を抑えられない状態です。もし中国で反日デモでもあれば、日本企業をはじめ、世界の国の企業が中国から撤退し、今まで外資により発展した中国経済は破綻します。本当に7月中国バブル崩壊が起こると思います。安倍総理の作戦勝ちだと思います。

  • 名無しさん2013/06/22

    『7月中国バブル崩壊説は現実のもの… …』

    ある方の著書に、「2014年 中国は崩壊する」という本があります。

    これが現実味を帯びてくるということですか。

    支那の歴史は地方(不平住民「流匪や土匪」等)からの反乱からはじまっています。地方と中央の乖離も大きな帝国崩壊起因の一つでした。

    近くに迫っています。楽しみに傍観することとします。正に歴史は繰り返すですね。

  • 名無しさん2013/06/22

    中共は尖閣棚上げを要求、日本政府はこれを拒否したようです。

    今の政府は自民党内の反日売国勢力に足を取られ、媚中公明党には腰にまといつかれて、国防政策が一歩も前進しない状態に見えます。 中共は早い時期に次のステップに向かうと思われます。

    一朝、事ある時は自衛隊の初期犠牲を伴う超法規対応を頼むしかないのでしょうか。

    それとも中共のなすがままにして米中二国の属国となり、二千七百年の歴史を閉じる事になるのでしょうか。

  • 名無しさん2013/06/22

    米国は中国とのトラブルを避けたいのが本音。尖閣に対して「領土問題不干渉」はその意味です。それを見越した中国は武力衝突寸前まで挑発してくるでしょう。

  • 名無しさん2013/06/22

    鍛冶先生、今回は、無能な集金兵が肝でしたね。ありがとうございました。