国際情勢

鍛冶俊樹の軍事ジャーナル

航空自衛隊出身の軍事ジャーナリストが内外の軍事情勢を多角的に分析する。メルマ!ガ オブ ザイヤー2011受賞

メルマガ情報

創刊日:2011-06-24  
最終発行日:2018-06-10  
発行周期:不定期(原則:週1回)  
Score!: 96 点   

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマ!ガ オブ・ザ・イヤー 2005 受賞メルマガ

最新記事

最新のコメント

  • 鍛冶2018-06-10 19:57:10

    疑問は当然だと思います。憲法9条に縛られて自力では奪還できず、米国にすがらなければならない、しかもその9条を改正させまいとする護憲勢力。全面解決には幾多の困難が待ち受けていると想像されますが、今は一つ一つ出来ることから手を付けていく他ありません。

    このコメントのついた記事をみる
  • 名無しさん2018-06-10 18:41:18

    討論番組「米朝会談決裂せば」に出演した。司会を含めて計8人による北朝鮮問題についての分析は有意義なものであった。3時間は長いと思われる方もいようが、操作次第で中断、早送り、巻き戻し出来るので一見の価値はある。←鍛冶先生、情報ありがとうございます

    このコメントのついた記事をみる
  • 名無しさん2018-06-10 16:48:39

    拉致問題解決するのでしょうか疑問を感じています。北はあくまでも「全員死亡」これを替えるとは考えられない。最悪の場合現生存している被害者を殺害遺骨を加工して証拠と出す事も考えられます。何しろ未知の国何をするか常識では考えられない。拉致解決は五分五分楽観できない。

    このコメントのついた記事をみる
  • 鍛冶2018-06-05 10:15:39

    戦略原潜を常時、潜航させれば核シェルターは不要なのではないかという質問をいただいた。しかし原潜に核ミサイルの発射を命令する司令部やその命令を伝達する通信設備を防護しなければならないので核シェルターはやはり必要です。

    このコメントのついた記事をみる
  • 名無しさん2018-06-04 16:49:04

     実を言うと英国の核兵器は米国製であり、英軍が管理している。日本も英国と同様の立場になれるなら、いいではないかという意見もあろうが、日本と英国には本質的な違いがある。英国には軍隊があるが日本には自衛隊しかない。 例えば核兵器の管理といっても、日本には核シェルターがない。

    これらはその気になれば直ぐ改善出来る事、其れよりもこのようにして我が国も核装備をすれば、北朝鮮や中国、ロシアとも対等に話せる基盤が整うのだ、ということを鍛治さんの様な軍事専門家からもっと強調して頂きたいものである。

    このコメントのついた記事をみる