国際情勢

鍛冶俊樹の軍事ジャーナル

航空自衛隊出身の軍事ジャーナリストが内外の軍事情勢を多角的に分析する。メルマ!ガ オブ ザイヤー2011受賞

メルマガ情報

創刊日:2011-06-24  
最終発行日:2018-02-19  
発行周期:不定期(原則:週1回)  
Score!: 96 点   

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマ!ガ オブ・ザ・イヤー 2005 受賞メルマガ

最新記事

最新のコメント

  • 名無しさん2018-02-19 15:10:34

    米国のトランプ政権は、国家安保戦略、国防戦略、核戦略を公表し、対北軍事戦略の骨格が定まった。トランプ政権のロシアンゲート疑惑も終息し、3月中旬にプーチンが露大統領に再選されれば、北朝鮮処分を巡って米露が歩み寄ることになる。

     招かれなくとも必ず訪れる客は、言うまでもなく死神である。金正恩には安倍総理が死神のように見えているに違いない。→鍛冶先生、情報ありがとうございます

    このコメントのついた記事をみる
  • 鍛冶2018-02-11 16:18:08

    夜桜、金曜は眠らナイトの画像がUPされた。

    https://www.youtube.com/watch?v=s385ESbolQk

    このコメントのついた記事をみる
  • 名無しさん2018-02-09 14:47:58

    北朝鮮は数カ月で米国に届くICBMを完成させると言われており、多少の遅延はあり得るとしても、自主的に核兵器開発を完全に放棄するとは考えられない。ならば強制的な除去しかない訳で、小型核による核施設の完全破壊となる。←情報ありがとうございます。

    このコメントのついた記事をみる
  • 名無しさん2018-02-03 20:50:58

     陸軍三式戦闘機「飛燕」は高性能を誇る名戦闘機であるが、メカニズムが複雑で製造や整備に困難を極めた。飛燕が配備され始めた昭和十八年(1943)は日本有利から米国有利へと戦局が転換する時期であり、この飛行機の転戦の記録は大東亜戦争の戦局の推移を端的に描き出している。名著である。

    https://www.amazon.co.jp/秘めたる空戦―三式戦「飛燕」の死闘-光人社NF文庫-松本-良男/dp/4769821360←鍛冶先生、名著のご紹介ありがとうございます。それと、先生のイラスト図解 戦闘機、愛読書の一つであります。

    このコメントのついた記事をみる
  • 名無しさん2018-01-26 14:42:52

    日本国は韓国との国交を断絶して、台湾を国家と認めて国交を結ぶべきであると思う。

    このコメントのついた記事をみる