国際情勢

鍛冶俊樹の軍事ジャーナル

航空自衛隊出身の軍事ジャーナリストが内外の軍事情勢を多角的に分析する。メルマ!ガ オブ ザイヤー2011受賞

メルマガ情報

創刊日:2011-06-24  
最終発行日:2018-08-18  
発行周期:不定期(原則:週1回)  
Score!: 96 点   

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマ!ガ オブ・ザ・イヤー 2005 受賞メルマガ

最新記事

最新のコメント

  • 名無しさん2018-08-18 17:37:14

     スターリンが虐殺した人数は1600万人、毛沢東の6400万人に次いで世界第2位だが、現代史全体に与えた悪影響は毛沢東をはるかに凌ぎ世界史上、最大の極悪人と断定して差し支えあるまい。

     第2次大戦直後はスターリンを英雄視する風潮が日本を含め世界中に横溢していたが、これは共産党のプロパガンダであり、蓋を開けて見ればソ連の独裁者スターリンは戦勝国である筈のソ連の国民を含めて誰一人幸せにしていない。

     彼の家族や側近も同様で、誰一人幸せな人生を送った者はいない。一時的に幸せであったという時期すらない。これはスターリン本人にも当てはまる。つまりスターリンは自分を含めて世界中の人間を一瞬たりとも幸せにしなかったのである。←鍛冶先生、情報ありがとうございます。虐殺された人数:毛沢東6400万人、スターリン1600万人、しっかりとおぼえます。



    このコメントのついた記事をみる
  • 名無しさん2018-08-12 17:43:41

    *5Gはサイバー防衛。



     携帯電話の新通信方式いわゆる5Gの研究が始まっているが、その真の狙いはサイバー防衛である。つまり新通信方式を開発してサイバーテロリスト達の技術を時代遅れの役立たずに追い込む訳だ。

     この業界でも主導権をとる米国は5Gの研究において中国を排除する構えであり、対中制裁においても知的所有権の保護がその眼目となっている。目的は言う迄もなく中国のサイバー攻撃を無力化するにある。

    このコメントのついた記事をみる
  • 名無しさん2018-08-02 17:17:28

    ノーベル文学賞を受賞した左翼作家、大江健三郎が「日米が世界の中で鎖国しているようなものだ」との主張を展開したことに始まる。3年前の安保法制、反対の大騒動もこの構図に基づいているから、左翼の基盤をなす世界観が崩壊したのである。

    このコメントのついた記事をみる
  • 名無しさん2018-07-26 18:20:47

    国防の主たる事項について米国に依存しているその米国は尖閣の変更を許さないのです。要するに現状のままで中国に自由にさせる。野でしょう。情けないのは日本。国防の重要部分を外国に依存する付けです。米国は米国の国益のために行動する日本はそれに追従するのです。

    このコメントのついた記事をみる
  • 名無しさん2018-07-26 17:22:21

    11月21日に公表された自民党の選挙公約には「尖閣諸島への公務員常駐」が明記されているのである。

     親中派の高村氏としては、公務員の尖閣常駐が実現されないのは自分の功績だと誇示したい思いが背景にあるのかもしれない。しかし、公約が実現されないのは、前号に記した通り親中派よりも米国の意向であろう。←米国は、日本が憲法9条改正するまで、尖閣諸島へのごたごたにまきこまれたくない・・・ってことなんですね。情報ありがとうございます。

    このコメントのついた記事をみる