トップ > ニュース&情報 > 国際情勢 > 鍛冶俊樹の軍事ジャーナル

鍛冶俊樹の軍事ジャーナル

RSS

航空自衛隊出身の軍事ジャーナリストが内外の軍事情勢を多角的に分析する。メルマ!ガ オブ ザイヤー2011受賞

メルマ!ガ オブ・ザ・イヤー 2011 受賞メルマガ


メルマガの登録・解除

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。


メルマガ情報

最終発行日:
2017-04-28
発行部数:
3203
総発行部数:
584602
創刊日:
2011-06-24
発行周期:
不定期(原則:週1回)
Score!:
96点

最新のコメント

  1. チャンネル桜の討論「迫る戦争の危機!その時日本は」←いまから、視聴いたします。鍛治先生、情報ありがとうございます。

     2017/4/28 このコメントがついた記事>>

  2. 日本野党は「憲法九条が有るから日本は平和?名のだ」「日本を攻めてくる国は有りません」と日本の国防・治安に関する法律に総て反対間違ったメッセージを一般国民に宣伝している。万一有事の時は責任を取っていただこう。

     2017/4/22 このコメントがついた記事>>

  3. 鍛治先生いつも有難う御座います。いつも何度も読み返しています。

     2017/4/21 このコメントがついた記事>>

  4. 今般の宋日昊の会見の趣旨も同様であり、拉致問題の進展を示唆しつつ日朝交渉を本格化させ、米軍の対北攻撃を見送らせる狙いであろう。←米国の軍事圧力のおかげで、かえって、拉致被害者がもどっくる可能性がふくらんだ!という事ですね。鍛治先生、鋭い分析ありがとうございます。

     2017/4/21 このコメントがついた記事>>

  5. 米空母の圧倒的な戦力を前にして、北朝鮮の金正恩も屈服する他ないだろう。

     2017/4/17 このコメントがついた記事>>

  6. 証明ではないg、推断としては説得力がある

     2017/4/10 このコメントがついた記事>>

  7. 米軍主力は依然として北朝鮮を睨んでおり、北朝鮮の戦略は失敗したと言えよう。←鍛治先生、情報ありがとうございます。

     2017/4/9 このコメントがついた記事>>

  8. 既に、空母カールヴィンソンを中核とする機動部隊が、北鮮海域へ向け航行中である由。いよいよ斬首作戦だろうか。
     政府には、37000人ともいわれる在韓邦人の保護に、万全を期してもらいたい。

    士魂のかけら 2017/4/9 このコメントがついた記事>>

  9. 瞠目すべき分析に、いつも敬服しております。

    三郎 2017/4/5 このコメントがついた記事>>

  10. 5月9日の韓国大統領選で、左翼が選出される公算は極めて高く、そうなれば在韓米軍の行動は不可能になる。つまり米国は5月9日までに行動を開始することになろう。←きわめて重要な情報、ありがとうございます。産経新聞でさえ、Xデイについての記載はないですね。鍛冶先生、本当に感謝です。

     2017/4/5 このコメントがついた記事>>

メルマ!のおすすめメルマガ

  1. Japan on the Globe 国際派日本人養成講座

    最終発行日:
    2017/04/30
    読者数:
    13254人

    日本に元気と良識を。歴史・文化・政治・外交など、多方面の教養を毎週一話完結型でお届けします。3万8千部突破!

  2. 宮崎正弘の国際ニュース・早読み

    最終発行日:
    2017/04/30
    読者数:
    24236人

     評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

  3. 頂門の一針

    最終発行日:
    2017/04/30
    読者数:
    5540人

    急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

  4. 甦れ美しい日本

    最終発行日:
    2017/04/28
    読者数:
    7055人

    日本再生のための政治・経済・文化などの発展・再構築を目的とし、メールマガジンの配信を行う

  5. 桜・ニュース・ダイジェスト

    最終発行日:
    2017/04/24
    読者数:
    3205人

    開局以来、日本を主語とする番組を製作、発信している日本文化チャンネル桜の公式メールマガジン。レギュラー番組やオススメ番組の放送・配信予定など、チャンネル桜の最新情報に、よりスムーズにアクセス出来ます!

発行者プロフィール

過去の発行記事