読書

PIGEONHOLE

情報を整理整頓して、分かりやすく。

メルマガ情報

創刊日:2011-06-17  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: - 点   

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

このメルマガはサンプル記事のみ表示されています。

このメルマガはサンプル記事のみ公開されています(最新号を読むにはメルマガ登録が必要です)

サンプル記事

2000/01/01

___________________________________

PIGEONHOLE [サンプル号]
___________________________________


目次:

■1 『津軽』太宰治
■2 『ピギー・スニードを救う話』ジョンアーヴィング 
■3 『知の編集工学』松岡正剛
■4  編集後記


___________________________________

■1 『津軽』太宰治

最後の一文を読むためにあるような小説、紀行文。
戦時中のため、ところどころ「防衛上のため」という理由で詳細な記述を
避けているのが興味深い。

___________________________________

■2 『ピギー・スニードを救う話』ジョン・アーヴィング 

アーヴィングの短篇集。
表題にもなっている短編「ピギー・スニードを救う話」は、アーヴィングが
小説を書く理由がテーマになっている。小説の有り様を考えさせられる。

___________________________________

■3 『知の編集工学』松岡正剛

若かりし松岡正剛が書いた彼の持論による工学としての編集、「編集工学」。
知的好奇心が駆り立てられる一冊。編集という概念の拡大。

___________________________________

■4  編集後記

6月も中旬、不安定な天候が続きますが、体調を崩さないようにしてください。
それでは。


___________________________________

メールマガジン「PIGEONHOLE」

最新のコメント

  • コメントはありません。