ライフプランニング

Grand Smile 〜豊かで幸せな人生を送るために〜

豊かで、幸せな人生を送るために、 悩みの解決方法や、ノウハウを、 できる限り分かりやすく、お伝えします。 家族、夫婦、教育、人間関係、 成功、モチベーション、時間管理、仕事、 自己啓発などを、主なテーマとして取り上げます。 わくわくした、輝かしい、 とびっきりの笑顔になることを願って。

メルマガ情報

創刊日:2011-06-11  
最終発行日:2018-05-27  
発行周期:ほぼ週刊  
Score!: - 点   

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

このメルマガは最新記事のみ公開されています。

【Grand Smile】 <輝き> <共感> <わくわく>

2018/05/27

おはようございます!。



短縮URLって知ってますか?
例えば、Amazonで検索した結果を友達に送りたい場合、

  https://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_sb_ss_ime_c_2_11?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&url=search-alias%3Dstripbooks&field-keywords=%E8%87%AA%E5%B7%B1%E5%95%93%E7%99%BA+%E3%83%99%E3%82%B9%E3%83%88%E3%82%BB%E3%83%A9%E3%83%BC&sprefix=%E8%87%AA%E5%B7%B1%E5%95%93%E7%99%BA+%E3%83%99%E3%82%B9%E3%83%88%E3%82%BB%E3%83%A9%E3%83%BC%2Caps%2C283&crid=1AYB6B0MY9LOD&rh=n%3A465392%2Ck%3A%E8%87%AA%E5%B7%B1%E5%95%93%E7%99%BA+%E3%83%99%E3%82%B9%E3%83%88%E3%82%BB%E3%83%A9%E3%83%BC

というような、長ーーーーーーーいURLを送るのはちょっと気が引けますよね。
そんな時、べんりなのが短縮URLです。

上記の長いURLは、下記のURLに変換できます。
試していただければわかると思いますが、下記をクリックすると全く同じサイトに飛びます。

  Amazon.co.jp: 自己啓発 ベストセラー: 本
  https://amzn.to/2KXEvg9



このようにURLを短縮できるサービスを、Googleが提供してくれていましたが、もうやめちゃうそうです。そこで、その代替サービスを検討しました。

  短縮URL goo.gl の代替は、Googleが推薦する Bitly に決定!
  https://gogotorotan.blogspot.jp/2018/05/url-googl-google-bitly.html



このような仕組みは、とっても便利なので活用してみてください。



#=====================================================================
# 仕組み化により、楽に生産性をあげる
#=====================================================================

よく習慣化するとよいと言われますが、仕事や勉強、人をマネジメントする場合、ミスを防ぐ場合にも、「仕事の習慣」つまり「仕組み化」を取り入れると、よりスムーズに事がはこびます。



自分自身が働くのではなく「仕組み」に働かせるようにするのです。

まず「作業系」と「考える系」に分け、「作業系」のルーチンワークを仕組み化します。いわゆるスキームづくりですね。

この手順通りに進めれば、抜け漏れなく、誰でもこなせる作業の流れを記載したものです。
文書として整理することで「確か、これはこうだったかな?」と記憶に頼ることはなくなります。

手順書をチェックシート化するのもよいですね。

記憶や才能や意志の力に頼らず、仕組みに頼りましょう。





人にお願いするときや仕事を任す時にも仕組み化は有効です。

「やっておいてね」というだけでは、うまくいくか心配です。より確実に実行してもらうためには、問題なく実行できる仕組み化が必要なのです。

ゴールの方向性が間違わないように定期的に進捗を確認する仕組みや、できるだけ機械的に処理できるような手順書などを整備し、正しく簡単に実施できる仕組み化を考えましょう。

依頼の仕組み化も、指示忘れがなくなり、ストレスから解放され、根性や気合いや能力に頼らずとも、良い結果を得られるのです。





仕組み化するということは、楽に実行でき、ミスを減らし、将来の自分の時間を増やし、より生産性の高い物事に時間を使うことができます。

ツール化やAIもその仕組み化の一つですが、まずは「記憶」を「記録」することからはじめましょう。





    ありがとうございました。



最新のコメント

  • 名無しさん2012-09-14 12:39:04

    有難う御座います。