競馬

★競馬コメントインデックス★【主要スポーツ新聞の競馬記事を総まとめで時間節約メルマガ】

主要スポーツ紙とネットを中心に、週末重賞出走馬の関係者コメントを総まとめで一挙公開!
・出走馬血統データ解析・過去レース分析も掲載中。
・毎号週末重賞の穴馬4頭を掲載
・最新号は非表示となっております。(レース結果後に表示します)

全て表示する >

☆競馬コメントインデックス☆ vol.80 2013年02月23日配信

2013/02/23

■ 中山記念 出走各馬コメント一覧 ━━━・・・・・‥‥‥……… 

(日刊スポーツ・サンスポ・スポニチ・JRA-VAN 2013年02月18日〜02月22日より抜粋)


★1枠1番 スノークラッシャー★

■土田調教師■
「(追い切り)少し太かったが、これで仕上がる。距離は少し短いか」
「転厩後で一番の状態。距離は少し短いかもしれないが、ソコソコには走れると思う」


【私的見解】
■サッカーボーイ産駒データ■
1.中山重賞成績【3,4,1,36】
3着以内8頭すべて当日4番人気以内、前走人気5番人気以内。また8頭は前走3着以内(残り1頭は8着)。1着3頭はすべて前走から距離延長
2.重賞芝1800m成績【4,4,2,32】
3着以内10頭のうち8頭が当日4番人気以内。

近走の馬券圏内のレースはすべて東京。
今回は休み明けの上、重賞で結果の出ていない中山コースでは分が悪い。



★2枠2番 リアルインパクト★

■橋本助手■
「(追い切り)半マイルからラスト3ハロンを伸ばす、いつも通りの調整でしたが、動きは良かったですね。東京新聞杯は久々でプラス20キロ。さすがに息切れしましたが、今回は中身が違うと思います」
「(馬体重の)数字は変わらないと思いますが、上昇カーブを描いている」
「昨年は決して調子がいいという状態ではなかったんですが、こなしてくれました。中山コースは脚質的に向くのかなと思いますね」


【私的見解】
■ディープインパクト産駒データ■
1.重賞芝1800m【9,10,10,43】
複勝率40%
2.中山重賞芝1800m成績【1,1,1,7】
連対馬2頭の当日人気は1,2番人気。前走は共に1番人気で1着,2着という成績。
3着馬は当日4番人気。前走は1番人気で10着。
3.中山重賞成績【3,6,4,32】
勝ちきれないレースが多いので注意。

重賞芝1800m成績は【0,1,1,1】。
着外は苦手休み明けの毎日王冠で4着と好走したもの。この距離は得意でしょう。
最近は5着付近を行ったり来たりですが、叩き2戦目以降はきっちり変わり身をする馬。
昨年このレース3着でしたが、リピーターレスとして有名な中山記念。
今年も同じくらい走っても不思議ではない。



★2枠3番 カリバーン★

■水出助手■
「去勢明けになるが、しっかりと乗り込んできたので状態はいい」


【私的見解】
■デュランダル産駒データ■
1.中山芝重賞成績【0,0,1,8】
2.重賞芝1800m成績【0,0,0,5】
3.芝重賞成績【3,2,3,61】
1着馬3頭の前走はすべて1着。なお2着馬2頭の前走は1着,5着。

中長距離専用デュランダル産駒。
条件戦では1800mで勝利していますが、重賞クラスでは若干距離不足かなと。
近親の活躍馬コイントスも中長距離で活躍しましたし。
さらに休み明けの上、しかも去勢後初戦。ここは静観で。



★3枠4番 トーセンレーヴ★

■ビュイック騎手■
「(追い切り)リラックスしていた。前回より断然、今回の方がいい」

■池江師■
「前走はスタートであぶみが外れて、押っつけたら折り合いを欠いた。じっくり末脚にかけたい」
「(追い切り)動きも良かったですし、馬場が悪くて走りにくそうでしたがタイムも動きも上々でした。いい状態だと思います」


【私的見解】
■ディープインパクト産駒データ■
1.重賞芝1800m【9,10,10,43】
複勝率40%
2.中山重賞芝1800m成績【1,1,1,7】
連対馬2頭の当日人気は1,2番人気。前走は共に1番人気で1着,2着という成績。
3着馬は当日4番人気。前走は1番人気で10着。
3.中山重賞成績【3,6,4,32】
勝ちきれないレースが多いので注意。

芝1800m成績は【3,0,1,1】。着外は4ヶ月の休み明けだった毎日王冠。
順調であれば安定した成績が残せる距離。
また今年に入ってトーセンラー、ダノンバラード、ダノンシャークと5歳ディープ産駒の活躍が目立つ。次はこの馬か。
なお、ここ数戦キレイに○×○×が続いている。今回は○の番。
中山適性は牡馬兄弟が無難にこなしているので問題はなさそう。
個人的には3着狙い。



★3枠5番 シンゲン★

■斎藤助手■
「精神的に落ち着いてきた。上積みはある」

■戸田師■
「(追い切り)Wコースで単走追い。ここ2戦はピリッとしないが、体に締まりが出てきて状態はいい」
「使いながらレースの内容は良くなってきた。中山の内回りでうまく(馬群を)さばければ」


【私的見解】
■ホワイトマズル産駒データ■
1.中山重賞成績【6,2,1,40】
3着以内9回中7回が非根幹距離。
2.中山重賞芝1800m成績【1,1,0,9】
3.自分の適正コースだけ走る産駒が多い
ニホンピロアワーズ→コース問わずダート1800m
シャドウゲイト→中山重賞中距離
シルポート→京都・阪神マイル戦。次点で中山・東京芝1800m
シンゲン→左回り中距離戦
アサクサキングス→関西圏の芝中長距離

復活するなら春から秋にかけての東京または新潟コースかなと。
冬場に走るイメージはあまりないのですが・・・。



★4枠6番 ルールプロスパー★

■北出師■
「順調にきている。ハナに行った方がいいが、同型馬がいるのでどうかな」


【私的見解】
特になし



★4枠7番 スマイルジャック★

■田辺騎手■
「今回は1800メートルで折り合いがポイントになるが、56キロで出走できるのは有利。そこに期待している」
「前走(東京新聞杯7着)よりも動きが素軽くなっているし、状態は上向いている」


【私的見解】
■タニノギムレット産駒データ■
1.中山重賞成績【2,3,1,31】
2.中山重賞芝1800m成績【2,1,0,4】
着外の4頭は4,5,6,10着。大敗は1回のみと安定した成績。
連対3回は2枠3番が2回(共に1着)、4枠7番が1回(2着)。内枠で好走。

前走は休み明けの上、斤量59キロを背負っての7着は評価できる内容。
当馬は東京で走るイメージが強いものの、実は中山も安定した走りを見せる。
中山芝成績は【1,2,1,1】。2000m未満では【1,2,1,0】。
枠も絶好、叩き2戦目で、斤量も前走より3キロも軽くなる。
一発の魅力十分。



★5枠8番 アンコイルド★

■矢作師■
「前走は中1週でギリギリの状態だったけど、ひと息入れていい感じ。競馬が上手で安定したレースができる」
「(追い切り)相変わらず動かないけど気にはならない。前回は中1週で馬が硬くなっている感じだったので、その時よりはいい」

■安藤調教助手■
「前回が中身の濃い結果でしたし、力をつけていますね。今のところ順調ですし、(体調は)前回の感じをキープしていますよ」


【私的見解】
■Giant's Causeway 産駒データ■
1.重賞成績【5,5,0,49】
1着は東京3回,京都1回,小倉1回。ゴール前急坂のあるコースは2着止まり。
2.中山重賞成績【0,2,0,7】
連対はエイシンアポロンの2回(2,3歳戦)。なお古馬の重賞成績は4着が最高。
3.重賞連対は10戦中8戦が10月〜3月の期間。
4.当日2桁人気馬の3着以内は過去に一度もなし。
5.G1前哨戦のG2に滅法強い。

中山の急坂をこなせるかが焦点か。
当馬はデビュー戦の阪神が唯一の敗戦(急坂はこの1戦のみ)で、父の上記データのとおりで若干不安は残る。
ただ母父Alzaoは中山重賞勝ち馬を輩出しており、まったくダメな血統ではなさそうだが。
連勝中で勢いはあるが、なかなかの粒ぞろいなメンバーが揃ったG2なのでいきなりは厳しいと判断したい。



★5枠9番 シルポート★

■西園調教師■
「1月下旬に栗東に帰厩して、順調に乗り込んでいる。(坂路での)1週前追い切りはラスト1ハロン14秒6(4ハロン53秒1)と時計がかかってしまったが、馬場が悪かったから仕方がない。きっちり攻めているし、いい状態で出られると思う」
「ここ2週しっかりやっているので、今週やれば態勢は整うと思う。ただ、去年よりメンバーはそろっているし、年齢も年齢なのでどこまでやれるかな」


【私的見解】
■ホワイトマズル産駒データ■
1.中山重賞成績【6,2,1,40】
3着以内9回中7回が非根幹距離。
2.中山重賞芝1800m成績【1,1,0,9】
3.自分の適正コースだけ走る産駒が多い
ニホンピロアワーズ→コース問わずダート1800m
シャドウゲイト→中山重賞中距離
シルポート→京都・阪神マイル戦。次点で中山・東京芝1800m
シンゲン→左回り中距離戦
アサクサキングス→関西圏の芝中長距離

ここ数戦惨敗続きですが、シルポートの9月〜12月重賞成績は【0,0,0,12】と、まったく走らない時期で特に気にする必要もない。
また重賞で2連対している芝1800mに戻る点、この馬の走る季節に突入する点はプラスに働きそう。
気になるのは、近走の好走は湿った馬場でのレースが多い点と重賞勝利が芝1600mのみという点。
芝1800mだと詰めが甘くなるんじゃないかと思うので、狙うなら2,3着で。



★6枠10番 ダイワファルコン★

■上原師■
「前走後、間隔を空け、グランプリの疲れをしっかり取った。1週前追い(13日)はWコースで5F65秒台と予定通り。この馬らしい力強い動きだった。距離も合っているので楽しみにしている」
「(前走)先行した方が結果が出ているので、ああいう形の競馬に。相手も強かったが、結果的に2500メートルは少し長かったかな」
「距離も含めてベストの舞台。レースぶりを見ても東京より中山の方が走りやすそう」
「福島記念を勝った頃と雰囲気や状態は変わらない。いい感じで調整できている」
「(追い切り)ビシッと追っていい動き。前走と同じくらいの体重で出られそうだし、狙ってきたレースで楽しみ」


【私的見解】
■ジャングルポケット産駒データ■
1.中山芝重賞成績【2,4,3,37】
その内、3着以内(計9回)の枠関係 1枠〜4枠【0,1,3,-】,5枠〜8枠【2,2,1,-】
2.中山重賞芝1800m成績【0,0,0,8】

中山成績【5,3,1,5】。
全競争成績12連対のうち中山が8連対と中山巧者は明らかな事実。
ただ中山成績を重賞のみに限ると【0,2,1,4】と勝利はなく、連対率・複勝率も格段に落ちる。
また、重賞芝1800mの成績は2戦2敗(共に9着)と結果が出ていない。
ジャングルポケット産駒の中山重賞芝1800m成績も散々ですし、思い切って消しの方向でいいかもしれません。



★6枠11番 トシザマキ★

■北添助手■
「(追い切り)ラスト重点でやって、動きは良かった。体の張りも戻ってきた」


【私的見解】
■デュランダル産駒データ■
1.中山重賞成績【0,0,1,8】
2.重賞芝1800m【0,0,0,8】
3.芝重賞成績【3,2,3,61】
1着馬3頭の前走はすべて1着。2着馬2頭は1着,5着。軸にするなら勢いのある馬。

特になし



★7枠12番 ダノンバラード★

■田重田調教助手■
「(19日)調整も変わりないですよ。前回の体調と比較すると、今回の方がいいと感じますね」
「行きっぷりが良くなって、切れ味も出てきました。(前走より400メートル)距離が短くなっても問題ありません」
「前走は行きっぷりがよかったし、中山も合っていたのかな。ベリー騎手も2度目なので、考えて乗ってくれると思う」

■池江泰寿調教師■
「(追い切り)動きもタイムも良かったし、右に張る面もそれほどではありませんでした。いい仕上がりです」
「1800mは正直言って少し短いと思うのですが、中山コースは相性がいいようなのでここへの出走を決めました」
「ジョッキー(ベリー騎手)も2度目の騎乗になるから、しっかり乗ってくれると思う。馬自身も折り合いがつくようになってきました」


【私的見解】
■ディープインパクト産駒データ■
1.重賞芝1800m【9,10,10,43】
複勝率40%
2.中山重賞芝1800m成績【1,1,1,7】
連対馬の2頭は当日人気は1,2番人気。前走は共に1番人気で1着,2着という成績。
3着馬は当日4番人気。前走は1番人気で10着。
3.中山重賞成績【3,6,4,32】
ゴール前のひと踏ん張りが足りないレースが多い。

右回りのほうが勝負になる馬かも。
前走は物議を呼んだ斜交劇でしたが、内容的には完勝。
過去に連勝したことがなく、今回初の連勝を決めれるか注目。
また安定した上がりを披露する馬で極上の斬れ脚があるわけではない。
直線の斬れ勝負になると斬れ負けする恐れがあるので、当日の馬場・展開を考慮する必要はあり。個人的には今回は2,3着かなと思いますが。



★7枠13番 ニシノメイゲツ★

■田村調教師■
「2週後の東風Sを予定していたが、態勢は十分。9Fはベスト」


【私的見解】
■デュランダル産駒データ■
1.中山重賞成績【0,0,1,8】
2.重賞芝1800m【0,0,0,8】
3.芝重賞成績【3,2,3,61】
1着馬3頭の前走はすべて1着。2着馬2頭は1着,5着。軸にするなら勢いのある馬。

特になし



★8枠14番 タッチミーノット★

■柴崎調教師■
「(中山コース)跳びが大きい馬だからね。でもそこは乗り役さんが前走みたいに考えて乗ってくれるでしょ(笑)。7歳でも若いし、今回も楽しみにしているんだ」
「ノリ(横山典)がスタートから行かせて、あの位置を取っている。1F短くなり、忙しくなった時にどうなるか」
「(追い切り)予定どおりの追い切りができたし、いい状態でレースを迎えられそうだ。そう大きく変わった感じはないが、馬体が充実してきた。ここも期待できる」

■仲野調教助手■
「(追い切り)前走時と同じで、1週前に強めに追いました。今朝は1週前にやっていますから、馬に任せた感じでやりました。前走時と変わらない、いい感じです」

■吉沢調教助手■
「短期放牧を挟んだけど中山金杯と同じぐらい元気ですね。どこが変わったか? 乗っている者の感覚として中身が違ってきたのは確かです」


【私的見解】
■ダンスインザダーク産駒データ■
1.中山芝重賞成績【7,4,5,91】
今回は関係ないが、2500mは3着以内なしと苦手としている。
2.中山重賞芝1800m成績【2,1,1,16】
3着以内4頭は中山コース(芝・ダート問わず)で勝利実績あり。

近3走を見るといよいよ本格化の印象が強い。
もともと広いコースで取りこぼしが多い馬だったが、昨年の毎日王冠で3着好走。
やはりこの辺りからパワーアップしたのかも。
中山成績は【2,1,1,0】と複勝率100%。その内重賞は2度の出走で1,2着。
臨戦過程も問題なく、消す理由は特に見当たらない。



★8枠15番 ナカヤマナイト★

■三浦助手■
「(フレグモーネ)気付いたのが追い切る前。早めに分かって良かった。速いところをやっていたら、どうなっていたか。まだ有馬記念(7着)のダメージが残っていたし、結果的にレースが延びたのは良かったかもしれない」
「調子は上がってきた。1週前追いに乗った柴田善騎手も手応えをつかんでくれた」

■二ノ宮師■
「休んだ影響は全くないね。先週の動きは本当に良かった。2週前の計量で500キロ(前走490キロ)を切っていたから、きっちり仕上がっている」
「(追い切り)先週より、体の使い方もやわらかくなり、息も良く、今日やって仕上がったと思います。体もずいぶんしっかりしてきました」
「もう少し長い距離も保ってほしいのですが、かかるところがあるので、1800mの方が、乗りやすいのかもしれません」

■柴田善騎手■
「(追い切り)いい併せ馬ができた。先週よりも息遣いが良くなったし、AJCCを使えなかったことが逆に良かった感じ。疲れも取れた」


【私的見解】
■ステイゴールド産駒データ■
1.中山重賞成績【10,7,4,35】
17連対中12回が非根幹距離。3着以内21回中17回が5番人気以内。2桁人気の好走は2着・3着各1回。比較的人気の馬が狙い目。
2.中山重賞芝1800m成績【0,1,0,6】
2着はG1馬ドリームジャーニーで、中山重賞では1着実績あり。
3.ナカヤマナイト距離別成績
根幹距離【1,1,0,6】 非根幹距離【4,3,1,2】
根幹距離の2回の連対は共に2歳時。3歳以降連対なし。
4.ナカヤマナイト中山成績【3,2,0,1】

フレグモーネでAJCCを回避し順調さを欠きはしましたが、得意の中山で非根幹距離なら大崩れしないでしょう。
開幕週の大外枠で若干不安はあるが、軸で問題なさそう。





■ 注目の穴馬 ━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥……… 

★中山記念★

スマイルジャック


下記はオッズ次第で。

トーセンレーヴ・シルポート



■ 編 集 後 記 ━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥……… 


いよいよ野球のWBCが開幕しますね。
今回のチームは純国産。現役メジャーリーガーなしの布陣。
他国からは弱国と言われ、練習試合では完敗するなど、内外共にあまり良い話が聞かれてこないのが残念。
最近のプロ野球はあまり見ていませんが、国同士の戦いはきっと見入ってしまうと思います。

個人的な野球熱のピークは松本・篠塚・岡崎に始まり、原・中畑・クロマティ・桑田・斉藤・ガリクソン等等。
あの頃の巨人を全力で応援していましたなぁ・・。

2月23日(土)管理人より

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2011-06-10  
最終発行日:  
発行周期:毎週週末発行  
Score!: 非表示   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。