健康・家庭の医学

自由が丘ムトウ針灸院 健康倶楽部

病気の予防とツボ刺激・体操・食事などによる改善法
  
腰痛、膝の痛み、五十肩、肩こり、頭痛、風

邪、扁桃炎、不眠、便秘、下痢、眼精疲労、

膀胱炎、めまい、気管支喘息、湿疹・アトピ

ー性皮膚炎、冷え症、疲労感、痔、車酔い、

食欲低下、神経痛、生理痛、吐き気、歯の痛

みなど


全て表示する >

施術後に症状が出現する場合

2018/11/09

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

鍼灸治療をして、最も辛い症状や次に辛い症状がほとんど感じなくなったとします。

そうすると今まで何も感じなかったところが痛くなってくることがあります。

これはどういうことかというと、その新たに感じたところも本当は問題があったのです。

実際に診てみると、変形していたり、炎症を起こしていたりします。

脳では体の痛みの信号を受け取り、処理しています。

最も強い信号から感じていると考えられます。

したがって強い信号が軽減すると、新たな痛みとして感じるというわけです。

それではいつまでたっても痛みが続くという事でしょうか?

そうではないです。

本当に体の状態が良くなると、不快な痛みはなくなります。

一般に若い人や、体に問題があまりない人は1つの症状が良くなると治療は終了します。

しかし、年配の方や病気がこじれている場合は新たな痛みが出てくることがあります。

それでもガッカリせずに治療を続ければ必ず体は良い状態になりますので、ぜひ頑張って下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

鍼灸治療に興味のある方・受けてみたい方は以下のホームページをご覧下さい。

http://muto-shinkyu.com/

*メールマガジン「自由が丘ムトウ針灸院健康倶楽部」のバックナンバー

このメールマガジンのバックナンバーはブログで見ることが出来ます。

http://ameblo.jp/muto-shinkyu/

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2011-06-03  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: 100 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。