受験

らくらく難関大合格

2011年に現役合格を果たした東大生・一ツ橋生・東工大生・慶應生が受験生の皆様を全力で応援します。私たちに共通しているものとは・・・?先輩の体験談・失敗談から学ぼう! 読者の方の質問コーナーも設けますのでご気軽に質問ください。

メルマガ情報

創刊日:2011-05-17  
最終発行日:2011-05-29  
発行周期:毎週火曜日・金曜日  
Score!: - 点   

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

このメルマガは最新記事のみ公開されています。

おはようございます

2011/05/29

受験生のみなさま、お疲れ様です。
おかげさまで現在172名の方にご購読していただいております。


本来であれば、金曜日に配信すべきだったものが、
今日まで遅れたことに対してお詫び申し上げます。
今後このようなことがないよう努めてまいりますので
これからもご購読のほどよろしくお願いします。
_____________________
本日はまずマナトから、英語の勉強法について
お届けいたします。
____________________
こんにちは!マナトです。
いつも読んでくれてありがとうございます。
今回は僕のおすすめの英語勉強法について話したいと思います。
ここに書くのは実際に僕が試していて良かったなーって思った勉強法なので
参考にしてくれたら嬉しいです。
今回はある程度単語や文法の勉強をした、という人たち向けに長文の勉強法を書きます。

今や受験英語の中で最も得点の比率が高く、1番大事とされているものが長文です。
しかし、どんどん長文化が進んでいるため対策も難しくなっているのが現状です。
単に多読しまくって速読力を鍛えればいいって言う人がいますが、そんなの無理に決まっています。
長文と言えども文の集まりが文章なのですから1文1文を正確に理解する精読力も必要です。
それでもじっくり読んでいく精読ばかりしていても厳しい時間制限がある中であんなに長い入試問題なんか解けっこありません。
ではどうすればいいのでしょうか?
僕が実践していたのは教材を精読用と多読用に分けるということです。

例えば僕の場合は予備校や学校で時間をかけて解説する問題は精読していました。
(1文1文の構造をきちんと理解した上で何回も音読し、CDも使って何回も聞き、たまにディクテーションやシャドーイングもしていました。英作文でその文章を使えるレベルまで極めれば無敵です)
そして、長文の参考書や簡単な洋書、ネットで見ることができる英字新聞(去年のこの時期は週間ST(特にエッセイが好きでした)を見ていました)で毎日1つの長文は読む!と決めて日々多読していました。
多読する際には出来るだけ辞書を使わずに時間を意識しながらやると効果的です。
多読用の教材は本当に何でも良く、ネットで自分の興味のある記事なんかを見つけたらそれを読む、みたいな形で良いと思います。そっちの方が楽しく続くと思うのでおすすめです!
こうやって日々多読と精読を繰り返していく内に真の英語力がつくのです。
ぜひぜひ実践してみて下さい。
______________________
読者の方からの質問・リクエストは随時受け付けておりますので
ぜひぜひメールボックスや掲示板などを利用してください^^;

それでは最後に受験生のみなさまが元気になるよう
ある方のお言葉を引用させていただきます。
______________________
夢は逃げない。
逃げるのはいつも自分。
(高橋歩)

私は何度もこの言葉に奮い立たされました。
もう逃げるはやめにしましょう。

最新のコメント

  • コメントはありません。