恋愛・人生

人間関係の悩みが解決する縁絆の法則

悩みたくない人間関係。実は、人と人との関係って、お互いの名前で決まっているって知っていましたか?親、兄弟、親戚、友人知人、会社の上司、同僚、後輩、嫁、姑、などなど。縁絆を人生に、上手に活用しませんか?あなたは誰との縁絆を知りたいですか?知れば、きっと悩みが解決するかもしれませんね。

全て表示する >

気がついたら不倫だったって…アンタねぇ

2011/06/26

 バックナンバー・メルマガ解除
 http://www.melma.com/backnumber_190480/ 

 解除アドレス(空メ)
 us-190480@mc.melma.com




 こんにちは。
 ご購読ありがとうございます。

 第2号の発行が遅くなりました。
 すみません。

 さて、それでは始めたいと思います。





 どんな人でも一度や二度は必ず人間関係で悩むことがあったと思います。

 そして、現在も悩んでおられる人がいらっしゃるかもしれません。

 しかし、心配ご無用です。

 その悩み、少しずつでも解決していけるよう、お手伝いいたします。



 こんなこと誰も想像すら出来ないと思いますが、
 人間同士の縁絆の関係というのは、お互いの名前で最初から決まっています。

 親兄弟や親戚、友人知人、上司や同僚、嫁姑の関係において、
 よほど関係が悪いような場合には、お互いに「縁」がナイ場合があります。

 逆に、縁があるにも関わらず、関係がこじれている場合もあります。

 どうしてなのでしょうか。

 その理由の一つには、みなさんが縁絆を上手に活用していないこともあります。

 しかし、知らなくても良いのです。

 みなさんが、人生経験を積むために必要なモノかもしれないのですから。

 なんでもそうですが、世の中には、要領の良い人と悪い人とがいるように、
 みなさんだって、要領さえつかめれば、その悩みごとなど、きっと苦にならない
 ようになっていくのではないかと思います。

 わたしの場合は、いまのところ人間関係の悩みというのはありません。

 そもそも、あまり人間関係で悩むような性格ではないので、得ですかね。



 前回、第1号では、このメルマガでお伝えすることをお知らせしてみました。

 このメルマガをお届けするにあたっては、その番号順に話が進んでいくわけでは
 ないのですが、だいたい、そのような内容をお届けしていきたいということで、
 箇条書き的な意味合いで、流れ的なことを考えて番号をつけてみたわけです。

 ですから、本号もそうなのですが、いろいろと話があっちに行ったり、こっちに
 行ったりということが、たくさんあるのだと思いますので、ご理解ください。

 ということで、ご了解いただいたということで、よろしくお願いいたします。



 ところで、あなたは誰?

 と思われていることでしょうから、わたしのことを少し…。



 現在わたしは、関東甲信越地方の、なかなか冬の寒さが厳しい地方におります。

 そして、普段は、この手の相談を受け、その悩みの解決に、少しばかりご協力
 させていただいているような仕事をさせていただいております。

 もちろん有料にはなりますが。

 といっても、これが本業でもありません。

 本業は「投資」です。

 投資といっても、株やFXなどではありません。

 この点は、あまり気になさらずに。

 今後、おいおいと暴露されてくるかと思います。


 それで、人づてにではありますが、いろいろな悩みを抱え込んでいらっしゃる
 人々をたくさんご紹介いただきますので、なかなかどうして、これがまた忙しい
 日々を送らせていただいております。


 どのようなかんじの人物なのか、おそらく、このメルマガを通じてですが、
 みなさんなりに、理解されていくのではないかと思いますので、あえて、
 わたしはこういう人なのです〜と、書かないことにいたしました。

 明るいのか暗いのか、良い人なのか悪い人なのか、熱い人なのか冷たいのか、
 みなさん独自で勝手に決め付けて人物像を作っていただいて構いません。


 でも、人生経験は同年代の人よりも結構あるとは思っており、比較的、他人の
 悩みごとを理解してあげられるような、そんな優しい性格を有しているはずだと、
 そう勝手に自分でおもっておりますが、なかなか短気な一面もありますし、面倒
 くさいことでも根気よく解決しようという一面もあります。

 いちおう、人の相談を受けられるような性格であることは、間違いないでしょう。


 わたしのところにくる人は、年齢的には巾広いです。

 下は高校生から、上はご老体まで。

 それだけ、悩みを抱えていらっしゃる方が多いということなのでしょう。


 わたしは、束縛されるのが嫌いなほうなので、あまり手広く仕事をしているわけ
 ではありません。いやになったら何日でもボーーとしてしまいます。

 なので、この仕事を宣伝など一切していませんし、するつもりもありません。

 友人などからは、完全に趣味の副業みたいだよねと言われますが、
 まったくもって、その通りであります。

 手品と占いというのは飲み屋さんではウケるようで、わたしも飲み屋さんでは、
 いつのまにか悩みごと相談などを受けてしまっているようです。

 でも、縁のアリナシなどを教えてあげると、「へぇ〜そうだったんだぁ〜」とか、
 「うそ!当ってるぅ〜」とか、いまどきの若い子などは、きゃっきゃ言いながら
 楽しんでくれているようです。

 「当たってるんじゃなくて、そうなんだが…」なのですよ、ほんとに。

 よかったら、みなさんも、いろいろ悩みごとなどあれば、
 解決するお手伝いなどさせていただければと思っておりますので。


 またおいおいに、わたしのことは分かるのでしょうから、今日はこれぐらいで。



 ところで、第1回目の発行から日数が経ちましたが、その理由について少し。

 今回は、少しばかり厄介な話が舞い込んできてしまい、その解決に神経を向けて
 おりましたので、ちょっと第2回目のメルマガ発行が遅くなってしまいました。

 なんでも、気がついたら不倫状態になっていたらしいのですって。

 もちろん、相談してきたのは若い女の子です。

 いやこれがまた、けっこう綺麗な子でして。

 それにしても、気がついたらって、そういうものなのでしょうかね。

 さて早い話、この子は、その不倫相手の男性と本気で結婚したいらしく、
 つまりは、その男性とは縁絆があるのかどうなのかと、そして、できるならば、
 わたしに、その縁絆を、本当の奥さんとのそれよりも強固にしてほしいと、
 そう相談してきたのでありました。

 綺麗な子ではありますが、また難題を持ってきたものです。

 こういう事が一番に面倒くさいのでイヤなのですが、よく行く飲み屋さんのママ
 さんの紹介で来てしまっているので、これがまた軽く流せないのでありました。

 ママさんからは、「適当にやってくれていいからお願い。」と、最初に相談され
 たママさんが、その相談を扱い切れず、結局わたしに振ってきてくれたようでし
 て、嬉しいやら悲しいやら。

 とはいえ、相談は相談なので、受けてたってしまったわけなのです。

 そんなこんなで、とりあえず、関係するすべての人物の本名を聞き、
 さてどうしたものだ?と関係を調べ始めました。

 なるほど、確かにその子とその男性は縁絆があるようでした。

 しかし、本当の奥さんのほうが、その子より縁絆が強い形でした。

 これでは、おそらく太刀打ちできないだろうと、そのことを伝えると、なんと
 その子は、それならば自分との縁絆が、本当の奥さんのそれよりも強くしてくれ
 ないかと言い出したもので、それで大変なことになっているわけなのです。

 確かに、本当の奥さんとの縁絆よりも、その子の縁絆のほうを強くすることも
 出来るのではありますが、わたしが最初、気が進まなかったのは言うまでもあり
 ません。

 もしも、その男性が本当に奥さんと別れるようなことにでもなってしまったら、
 それは大変なことでありますから。

 とはいえ、この手の話は良くある話で、実は過去にも少なからずあったので、
 どうせまた、その子のほうが飽きてきて、そんな大げさな話にはならないだろう、
 などと思ってすけだちしてみたのでありました。

 とりあえず、その子の名前を形式的に改名し、これからやるべきコトをいろいろ
 と説明し、「頑張ってね」と勇気づけ(変に勇気づけてはいけないのでしょうが、
 あくまで、こちらも形式的にということで勇気づけ)、その後の経過をうかがっ
 ているところであります。

 その子は「これからやるべきコト」が面倒らしいのですが、「それをやらないと、
 せっかく改名した名前が自分のモノにならないんだよ」と言い聞かせています。

 ここで、みなさんはたぶんこう思うと思います。

 なんだかまだ良く分からないけど、そんなこと(改名)で、この子の願望は叶う
 のだろうか?って。

 そうですね…、叶うかもしれないし、叶わないかもしれません。

 確かに、その男性と、いままで以上に縁を強くすることは可能です。

 と言いますか、そうならないとわたしの存在意味がないので(苦笑)

 ですが、実際問題として、その当人同士の話がどういうふうに進展するかは、
 やはり、当人同士のやり方しだいですからね。

 それに、この話の場合、最初から女の子のほうが無茶な話なので、おそらく、
 相手方の男性も、本当は困ってしまっているとも思います。

 でも男性が悪いのですから、これは仕方ありません。自業自得です。

 わたしが気にしていることは、この女の子が、最後に泣くようなことがなければ
 良いのだけれど…、ということです。

 泣かないで笑って終わりになってくれることを祈っていますけれども、
 まあ現実は、なかなか大変なのでしょうけれどもね。

 さあ今後、どのような展開になっていくのか、です。



 ところで、

 人間関係の悩みを心理学的に解決しようとしても意味はないでしょう。

 と、前回のメルマガの箇条書き項目の1番目にもありましたが、心理学を用いて
 悩みを解決することも往々にしてあるとも思いますが、結局これは、ある種の気
 休めのようなもので、軽い悩みのようなものでしたら、それぞれ人によって、
 モノの考え方というものをを変えれば解決するような話の場合に限られると思う
 ので、意味はないでしょうと言っているのは、わたしの主観であるので、とくに
 この点については、専門家の人と議論するような話にはなりませんし、するつも
 りはないので、あくまでも、わたしの考え方として述べている、というぐらいの
 捉え方でお願いしておきたいと思います。その理由については、またゆくゆくに
 お話することにいたしましょう。

 大切なのは、

 「縁絆のアリナシが、名前で決まっている」という点と、その「縁絆の法則」。

 そして、悩まないために、

 この縁絆のアリナシを活かした

 「いろいろな人とのつき合い方や接し方」とか
 「悩まないこと」、

 それと、

 「自分勝手な考え方をやめること」などでしょう。

 本当に、好意的でない人を、無理やり好意的に思ってみても仕方ないでしょうし、
 そうすることをやめてみるのも大切だと思います。

 そして、究極は

 「切れる縁と切れない縁」があることを理解することでしょう。

 縁絆の無い人間関係でも縁絆を作れます。

 不思議ですが、これは本当です。

 小学生のときの同級生で、今ではもうつきあいがないという人などは、
 意外と縁絆がない人が多いですし、また逆に、縁絆がある人とは、
 何年とか何十年とか、そのくらいの期間をあけても、ひょんなことから再会し、
 若いころよりもっと、つきあいが深くなっているという人もいるはずです。


 改名に関しては、インターネットでもいろいろなところがありますし、それは
 それで、それぞれにキチンと改名してくれるのだろうと思っていますので良いと
 思いますが、大切なのは、その改名により、切れてはいけない人たちとの縁絆が
 切れてしまう場合があり、この点に関しては、巷の改名してくれるところでは、
 まったく知らないはずです。

 あくまでも、改名を依頼されたご本人の、運命向上を目的として改名している
 だけで、わたしが言うような、切れてはいけない人たちとの関係を考えて改名を
 してくれるところは、まず無いでしょう。

 なので、ただ改名といっても、本当はとても大変なことなので、たとえば、
 赤ちゃんの名付けをするときにも、親との縁絆をキチンと考えた名付けにしなけ
 れば、いつか家庭内でトラブルが発生したり、取り返しのつかないことになった
 りすることも考えられます。

 改名や名付けだけであれば、インターネット上でも、数々の改名屋さんで、それ
 なりに安価のところもあるようですし、安価でも、しっかりと名付けや改名をし
 てくれると思います。

 でも、わたしのところで改名や名付けをするとなれば、その人のまわりの人との
 関係を考えた名付けや改名をするために、やはり時間もかかりますし、料金も
 ちょっぴり高いです。

 そのかわり、もともと縁絆がなかった間柄の二人に、縁絆をしっかりと作って
 結婚の夢を叶えることができた例もありますし、最終的には喜んでいただいている
 ものと思っております。

 また、おいおいということにはなりますが、例えば芸能人のカップルや夫婦など、
 縁絆のアリナシなどもお話していきたいと考えています。

 毎回どのような話になるかは、お楽しみということで。




 ところで、スタートしたばかりのこのメルマガですが、皆さんからの縁絆のアリ
 ナシとかを調べることも無料でやってみようかと思っておりますが、こちらでの
 日常に大きく影響が出ることも考えられますので、また鑑定の受け方などを考え
 ますので、それまでの期間、無料鑑定依頼は待っていてください。




 なお、何かご相談ごとがある場合には、どうぞ遠慮なくメールをお寄せください。
 もちろん、最初から名前を書いてこなくても結構です。

 しかし、きちんと鑑定される場合、鑑定というのは、つまり「縁絆がアルかナイ
 か」を調べる場合ですが、その場合には、名前を教えていただくようになります。

 それと改名に関しては、本人だけの運命だけを考えてくれればそれで良いという
 場合以外には、基本的には家族全員あるいは、せめて親(ご自身が親なら子)の
 お名前もお教えいただくようになります。

 本当に、切れてはならない人との縁絆まで切れてしまうとこわいので、この点は
 ご理解をいただきたいと思っております。




 このメルマガですが、こちらの日常の業務の都合上、最初は「不定期」としてい
 ましたが、できるだけ毎週あるいは数日おきに発行したいと考えておりますので、
 これから、どうかよろしくお願いしたいと思っております。



 余談ですが、わたしの通常業務での料金は次のようなものです。

  縁絆の鑑定 … 2千円から
 (依頼者とお相手の1組だけの場合2千円です)

  改名    … 2千円から
 (依頼者だけの運命向上などを目的とする場合2千円です)

  その他特別なこと … 料金はご相談
 (病気を治す、ご家族の延命、その他複雑なトラブルの解決など
  過去にあった例ですが、こちらで荒行を実施しますし、
  依頼者様側でも実行していただくことがありますので別料金になります。)


 このメルマガでは、あくまでも無料です。

 ですから、無料なりにということでお願いいたします。

 ちなみに有料のものは、いたって真剣です。

 時には命に関わるご相談などもあるでしょうから。


 そして、その他に、

 この世のすべてのものが数字であらわされているように、数字の秘密など、
 縁絆に間接的に関係するようなお話なども、これからいろいろ出てきます。

 パチンコなどをされている人は、パチンコするときにお金に縁がある席番号とか、
 競馬などされている人は、数字が数字を引き連れてくる秘密とか、そんなお話も、
 これからするつもりでいます。



 ということで、これから、どうかよろしくお願いいたします。


 本日はこれで終わりにさせていただきますが、
 気にいらないとか、たいして期待外れだったとか、
 このメルマガを解除されたい場合には、こちらから出来ますのでよろしくです。


 バックナンバー・メルマガ解除
 http://www.melma.com/backnumber_190480/ 

 解除アドレス(空メ)
 us-190480@mc.melma.com


 この手の話など、眉つばものだと信じられない人がいて当たり前なのです。

 ですから、つまらないと感じた人は遠慮なく解除されてください。

 みなさんの大切な時間をムダにさせてすみませんでした。

 でも、ここまでお読みいただいたて感謝しております。

 ありがとうございました。



 最後に、


 電話番号の良い数字のつけ方、もちろん携帯電話の番号とかもそうですが、
 車のナンバーの数字、その他、会社の社名の命名やら、いろいろと、
 そんなことまで対応できます。

 本日は、そんな数字の不思議な一面ということで、
 数字同士の不思議な引っ張り合いについて、ご希望の方だけに有料ではありますが、
 特別にまとめてあるものをご提供いたします。


 ご質問などあれば、遠慮なくメールをお寄せください。

 なお、送金される方には、こちらの連絡先などをキチンとお教えいたしますので、
 どうぞご安心ください。




 それでは、また次回にお会いしましょう。

 ごきげんよう。




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【お悩みごとの相談について】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 メールでご相談をお知らせください。
 miumiumifuyu-enkizuna@yahoo.co.jp


 こちらのフォームからでも結構です。
 http://form1.fc2.com/form/?id=660167


 ご相談内容は詳しくお知らせください。

 縁絆を調べたい人の名前(戸籍登録されている名前)を
 正確にお知らせください。AさんとBさんとで、最低でも
 2名の名前が必要になります。

 改名されたい場合には、改名する方のご家族すべての
 名前が必要になります。

 ご相談に対する回答は、受付け順にて行います。
 人数が多い場合など、こちらの都合で回答が遅くなる事
 もありますので、あらかじめご了承願います。

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2011-05-17  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。