政治・経済

真悟の時事通信

 常に国家国益を考える政治家 西村真悟のメールマガジンです。
 配信は不定期ですが、日頃の政治を概観して、西村真悟が思ったこと感じたことを、独自の目線で皆様にお伝えします。

全て表示する >

眞悟の時事通信(平成25年8月27日号)

2013/08/27

          軍事演習における「日の丸」の意義

                          No.883 平成25年 8月27日(火)
                               西 村 眞 悟

 本年も、八月二十五日午前、御殿場の演習場で行われた富士総合火力演習を見学した。
 天候は小雨のち曇り、霧が演習場をおおい、三キロ前方の砲の着弾地点は見えなかった。演習場は連日の雨でぬかるんでいた。
 
 我々の前の、小雨とぬかるみの大地のなかで演習を行った多数の陸上自衛隊隊員諸君の高い士気と練度に敬意を表し感謝する。

 さて、一点だけ書く。
 これは、演習をした自衛隊員諸君のことではなく、政治のことである。政治が、自衛隊員の士気を汚している。
 
 何故、演習場に国旗「日の丸」を掲げないのか。

 昨年の火力演習で、演習場に「日の丸」が一つもないのを見渡して愕然とした。
 民主党政権による日本のプレゼンス・国家のプレゼンスを無くすという反日思想による自衛隊への「統制」が効を奏していると思ったからだ。
 従って、安倍政権になれば演習場に「日の丸」が掲げられていると当然思っていた。
 しかし、安倍政権になっても、演習所場に「日の丸」はなかった。
 「日本を取り戻す」という標語を掲げた安倍政権は、
標語通り、演習場に「日の丸」を取り戻すべきではなかったか。

 自衛隊員は、我々の前で金のかかった「コンバットゲーム」をするために訓練を続けてきたのではない。
 
 自衛隊員は、
「事に臨んでは、危険を顧みず、身を以て職務の遂行に努め、以て国民の負託に応える」
という宣誓をおこなって訓練に励んできた。
 その「国民の負託」とは、
 「国防」だ。「日本を守る」ことだ。
 自衛隊員は、危険を顧みず、国防を果たすと宣誓している。
 また「危険を顧みず」とは、「命の危険をものともせず」ということだ。
 
 つまり、自衛隊員は、命の危険を顧みず日本防衛の任務を果たす、と宣誓して日頃の訓練を重ねてきた。
 自衛隊員は、「事に臨んでは」、即ちいざというときには、「日の丸」の旗の下で戦う為に訓練をしてきた。
 そして、その訓練の成果を、国防を負託した国民に展示する。
 これが総合火力演習の意義である。
 従って、「日の丸」が演習場に掲げられねばならない。
 
 しかるに、本年も、演習場に一つの「日の丸」もなかった。
 これ、民主党政権の時に「日の丸」がなかったこと以上に、国民の落胆をさそう空白ではないか。
 政治が、「日本を取り戻す」どころか、
 そもそも政治の中から「日本が無くなっている」

 このように、「国」という意識が欠落して「日の丸」を掲げる発想がない政治のもとで、国を守るための訓練を泥まみれになって続行している自衛隊員に「すまん」と謝りたい。同時に、
 にもかかわらず、高い士気と頼もしい練度を維持している自衛隊に敬意を表し感謝する。

 とはいえ、このような政治が、
 中共の南京大虐殺の捏造、
 韓国の従軍慰安婦強制連行の捏造、そして、
 国連事務総長の中韓の捏造への迎合に対して、
 直ちに烈火の如く反撃を加え、
 国の名誉を守ることができようか。
 政治は、戦うことができない。

 自衛隊員は、命に代えて国を守り国民の負託に応える、と宣誓して訓練を続けている。
 国会議員も、「日の丸」に正対して同じ宣誓をする者だけが国会議員になるべきである。「日の丸」に正対できない者には国会議員の資格を与えてはならない。
 
 特に、総理大臣と閣僚は、天皇陛下の前で、
「事に臨んでは、危険を顧みず、身を以て職務の遂行に努め、以て国民の負託に応える」との宣誓をしてから職に就くべきだ。 

                                     (了)


 *皆様にご購読いただいております本メールマガジンですが、業者変更に伴い、下記アドレスより新規業者HPにアクセスして頂き、再登録いただけますよう、宜しくお願い致します。
          → http://www.n-shingo.com/mailmag.html


 *ツイッターも始めました!みなさん奮ってご登録の程、宜しくお願い致します!

          → https://twitter.com/tokyooffice3 

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2011-05-10  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: 98 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2013/09/04

    疑問  演習場に一つの「日の丸」も掲揚され    ていない。

        不思議な国。不可思議な国家です。

        気概が感じられなくなっています。  

     演習を実施しています自衛隊幹部諸氏、参加されています隊員は、何と感じて「演習」に参加していられるのでしょうか。

     そのような行為に対して、国,国家の体制に対して反発する「心」は微塵も持たずに、唯与えられた任務にだけ、没頭しているのでしょうか。

    機械的に。

  • 名無しさん2013/08/27

    全くその通りだと思います。

    安倍政権は「日本を取り戻す」どころか、「売り渡す」ようなことばかりしていて信用できません。

  • 名無しさん2013/08/27

     西村先生の主張されることは、至極まっとうなことだ。ということは、まともじゃない議員がこの国には多すぎるのだ。

  • 名無しさん2013/08/27

    日本には国旗を揚げると右翼と白い目で見られるとても残念だ!

  • 名無しさん2013/08/27

    西村先生を断固支持いたします。

    先生の着眼点はいつも素晴らしいです。

    私は国会議員全員の春と秋の靖国参拝を法律によって義務付けて欲しいです。

    そうすれば反日マスコミを黙らせると思います。

  • 名無しさん2013/08/27

    仰る通りです。

  • 名無しさん2013/08/27

    国会議員も自衛隊員同様、国家国民のために命を懸けて職務を全うする。これはまさに西村先生の仰るとおり日本国の議員であるなら当然のことと思います。日本国のために働けないような売国議員には国費はもちろん出すべきではないし、即刻辞職するべき、と声を大にして言いたい。

  • 名無しさん2013/08/27

    当たり前のことが、日本は出来ていないんですね。

  • 名無しさん2013/08/27

    我々の代表である代議士さん 国民に代わって 次の国会で申して下さい

    政治家である前にあなた達は代議士で

    あることを認識してください。期待してます

  • 名無しさん2013/08/27

    記事の内容がいい

  • 名無しさん2013/08/27

    毎回先生の発言を拝読させて頂いております。

    国旗掲揚も最もですが、何より潘基文の発言は、日本国民として聞き流し許せる発言ではありません。国連事務総長と言う立場をまるで理解していない低脳な言動、及び国連を私物化した振る舞い、今回の発言を世界に向けて各国で是非を問い正すように先生には、働きかけて下さい。



    私個人では限りなく微力ですが何か祖国の為に働ける事があれば何なりと指導して下さい。