政治・経済

真悟の時事通信

 常に国家国益を考える政治家 西村真悟のメールマガジンです。
 配信は不定期ですが、日頃の政治を概観して、西村真悟が思ったこと感じたことを、独自の目線で皆様にお伝えします。

全て表示する >

眞悟の時事通信(平成25年8月16日号)

2013/08/16

              八月十五日の靖国神社

                         No.879 平成25年 8月16日(金)
                              西 村 眞 悟

 例年の通り、八月十五日を靖国神社境内で過ごした。
 午後三時に、参集殿前に集まった思いを同じくする四百名の方々と共に、昇殿参拝をさせていただいた。
 まことに、英霊の思いが心にしみる参拝をさせていただいた。

 午前十一時過ぎに靖国神社境内に入り、二の鳥居の手前で正午を迎え、黙祷した。
 正午の直前になると人々は動きをとめて佇立し、静寂が境内をおおった。
 そして正午の時報と共に、境内に鎮魂のラッパが吹奏され黙祷に入った。

 その時、参拝者は横六名ほどの列となって拝殿から二の鳥居を越えて並び、炎天下、静かに参拝を待っていた。
 午後になって、その列はもっと長くなった。後ろの参列者が拝殿の前で参拝できるまでに一時間以上かかる列だった。その列は午後五時頃になっても、まことに静かに続いていた。
 

 本年の靖国神社には、実に多くの人々が参拝に訪れたと思われる。
 以前、小泉総理が靖国神社に参拝して、中韓と日本のマスコミが騒いだ時には、前年に比べ一挙に参拝の人々の数が増えたが、本年の参拝者の数は、それより多かった。
 しかし、喧噪はなかった。
 本年八月十五日の靖国神社で印象深いことは、
 きわめて多い参拝者の、静寂である。
 
 このことは、参拝する日本人が、
 虚偽やプロパガンダに左右されずに、
 民族の血に根ざす痛切なる歴史の実相を見つめていることを示していた。
 
 即ち、日本人が、戦前と戦後の連続性を取り戻しつつあるのだ。 そして、この回復された連続性の中に、
 我が民族生命の原始無限流動の力の源泉がある。
 さらに、この靖国神社境内の、
 参拝に向かう多くの人々の静かな姿の前では、
 総理大臣が参拝するかしないかは、次元の違う些事にすぎなかった。

 さて、安倍総理大臣は、
 八月十五日、靖国神社に参拝しなかった。
 その理由は、中共と朝鮮(韓国)に「配慮」したからである。
 同時に、参拝に反対する自公の連立構造と自民党内と官僚組織からの「もっともらしい圧力」を受け入れたからである。
 
 しかし、民族の連続性を回復し英霊との痛烈なる一体感をもつ日本人から見れば、「くだらん配慮」であり「馬鹿な圧力」である。
 だから、「次元の違う些事」に過ぎないのだ。

 とはいえ、総理大臣が、靖国神社についての「配慮」と「圧力」を受け入れたということは、明らかに自ら言う「日本を取り戻すために克服すべき戦後体制」の正体を靖国神社を通じて白日の下に曝したことになる。
 即ち、安倍君、
 「克服すべき戦後」とは、「恵まれた君」そのものではないか。
 

                                     (了)


 皆様にご購読いただいております本メールマガジンですが、業者変更に伴い、
下記アドレスより新規業者HPにアクセスして頂き、再登録いただけますよう、宜しくお願い致します。
          → http://www.n-shingo.com/mailmag.html


 *ツイッターも始めました!みなさん奮ってご登録の程、宜しくお願い致します!

          → https://twitter.com/tokyooffice3


規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2011-05-10  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: 98 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2013/08/21

    安倍総理に当初から厳しい西村先生であるが、これまで先生の言うことに、マスコミや世論が付いてこなくても、間違いがなかった。日本の将来を思うとき、それが心配です。

  • 名無しさん2013/08/17

    私も毎年8月15日正午に合わせて参拝に行っております。

    昨年は40分ほど並びましたが今年は1時間並びました。

    10年程前まではある程度の年齢を召した方が多かったのですが、

    年々若者が増え、たくさんの若者が参拝に来ていました。

    普段、人混みが嫌いで、並ぶのは苦手なのですが、

    靖国神社に限っては、

    それだけ多くの人たちが目覚めてきてくれたのか

    と思うと並ぶのが嬉しく感じます。

  • 名無しさん2013/08/16

    『日本人が、戦前と戦後の連続性を取り戻しつつあるのだ』の言葉につきます。

    すなわち、『民族の血に根ざす痛切なる歴史の実相を見つめていること』にほかありません。

    文中にありましたように、安倍首相が敗戦日に靖国神社に参拝できなくても、『次元の違う些事にすぎなかった』という事であると思います。

    逆に、安倍首相の胸中を思うがばかりです。

  • 名無しさん2013/08/16

     皮肉にも、シナやコリアそして朝日新聞が騒いだことがきっかけで、今まで眠っていた自分の大和魂が目を覚ましました。

  • 名無しさん2013/08/16

    安倍総理の対応は、支那や韓国朝鮮に屈したのではなく、「アホのいう事に構ってられない」という姿勢であると思います。

    神社の大切な神事は春と秋の例大祭であり、安倍総理や麻生副総理は今までも参拝しています。

    また、今回玉串奉奠された事で総理の心は英霊に届いていると思います。



    支那や韓国朝鮮が何を言おうが、毅然としてすべきことを成す事は確かに重要です。

    しかし威勢の良い態度や振る舞いが、必ずしも最良の方策ではなく、受け流す事や無視する事も必要です。

    アホにまともに付き合っていたらアホが映ります。



    愛国心と日本国再興の志を持った政治家は、毎月1日と15日と例大祭には参拝すればよいと思います。

    さすれば8月15日の「敗戦の日」だけが特別な日にはならないでしょう。

  • 名無しさん2013/08/16

    日本国のために一度しかない命を捧げられ、日本国のために戦って下さり、日本国を護って下さった方々に感謝の念を表します。

    国内外からの不当な圧力や恫喝に屈しず、英霊の方々に真を捧げます。

  • 名無しさん2013/08/16

    いつかは靖国参拝を実現したいと思います。首相の靖国参拝ができていないこと、韓国の議員が靖国神社近くで抗議をしに入国したこと、などどう考えても日本は韓国に毒されている気がしてならない。

  • 名無しさん2013/08/16

    先生の意見は、素晴らしい この先我が国を亡国に貶めようとする売国左翼議院及び反日新聞に左右される事なく日本を導いて頂きたく思います。

    私も非力ながら先生を応援し祖国同様尊敬しています。



    今年は、入院中の為に参拝できませんでしたが、来年は、是が非でも参拝致しますので先生もお身体に気をつけて頂きたく思っています。