政治・経済

真悟の時事通信

 常に国家国益を考える政治家 西村真悟のメールマガジンです。
 配信は不定期ですが、日頃の政治を概観して、西村真悟が思ったこと感じたことを、独自の目線で皆様にお伝えします。

全て表示する >

眞悟の時事通信(平成25年8月8日号)

2013/08/08

              国益への感受性を磨け

                          No.877 平成25年 8月 7日(水)
                               西 村 眞 悟

 国滅びるときの状況は、国家民族共同体の存立の要件に関する感受性の鈍化であろう。
 その感受性は、我が国を取り巻く内外の情勢を本能的に感じることから研ぎ澄まされる。

 しかしながら、現在の状況を眺めるとき、マスコミの論調も政治家の意識も、我が国存立に関する感受性が欠落していると思われる事例が連続しているように思える。
 つまり、国が滅びる方向に傾斜していると憂う。
 その事例を二つ挙げてみる。

(1)まず、原発再稼働について
 この先、原発が再稼働しなければ、我が国の電気料金は相次いで値上げされていき、家計や企業経営への重大な打撃となることは
必至である。
 そこで原子力規制委員会は、六月十九日に福島第一原子力発電所事故を教訓にした新たな規制基準を決定し、それは七月八日に施行された。
 そしてさっそく、全国の電力各社は新基準に基づく原発の再稼働の許可を申請した。
 
 この再稼働申請の際のテレビの画面は、平身低頭して申請書を提出する電力各社の幹部の姿と、それを無愛想に礼もせずに受け取る規制委員会の姿を映していた。
 それを見て、規制委員会とは「何様か」と思ったものだ。
 彼らはまるで尊大に電力各社に対処することが「正義」を体現している姿とでも錯覚しているのであろうか。
 
原子力規制委員会には、新基準を作った以上、速やかに再稼働申請を審査し、適合しておれば一日でも速く再稼働を認めるべき任務がある。
 何故なら、再稼働が遅れ電気料金の値上げの連鎖が起こると、家計と企業の力が衰えて、我が国家衰退への傾斜が進むからである。
 これこそ、日本弱体化を願い、尖閣を奪おうとする中共の一番喜ぶことである。
 
 しかるに、あれほど尊大に再稼働申請書を受け取っていた規制委員会が、国民生活に直結する原発の再稼働に関して、何時になったら審査を終えるのか、まったく伝わってこない。
 彼らは、自らの仕事が国家と国民の明暗を分けかねないということが分かっているのか、さらに、仕事をしているのかしていないのか、さっぱり分からない。
 マスコミも、放射能については安全な線量でも危険なようにしつこく報道するが、規制委員会が仕事をしているのか否かについては問題意識がなく報道せず、のんきなものである。
 これは、例えば国際マラソンの中継のように、今再稼働審査は何処まで進んでいるのか、障害があるのか、何時結論が出るのか、逐一報道してもよいほどの重大問題である。
 生活保護費が少し削減されても報道するのならば、全国民と全産業に深刻な影響を与える電気料金値上げに直結するこの問題をもっと報道してしかるべきである。

 さらに之に関連して、原子炉の下に活断層があるか否かについてはよく騒ぐが、活断層が有るか否かは、その専門家でも曾て建てられていた工場の基礎杭を活断層と思い込むほど分からないのだ。
 問題は、活断層が動いたとしても、工学的観点から原発の安全性が確保されているか否かの判定であろう。
 日本の技術では、都会の高層マンションも原発も、下の活断層が動いても安全性は保たれる。だから大都市に人は安心して密集して住んでいるのではないか。
 こういうことに言及せずに、原発の下に活断層があるか否かだけが騒がれる。数センチ動く活断層でも活断層なら原発は全て不可で良いのか。
 この一種の思考停止が如何に電気料金値上げ、国力低下、国家衰亡につながるか、鬼の首を取ったように、活断層があるかないかで騒ぐ専門家もマスコミも意識していない。

(2)沖縄のアメリカ海軍HH60救難ヘリの墜落について
 この度、沖縄で墜落したHH60救難ヘリの四人の乗組員は訓練飛行中であった。墜落して、一人は死亡し三人は重傷を負って病院に収容されている。
 日本政府と沖縄県の対応は、HH60の墜落に対してアメリカ軍に「厳重抗議」である。本日(七日)は、外務省高官がアメリカに行って国務省次官に「厳重抗議」したと報道されている。

 一体、「厳重抗議」だけでいいのか。
 このHH60救難ヘリは、二年前の東日本大震災の被災現場に急行し確実に救難活動を実施している。この活動が緊急時に可能なのは平素に日々訓練に励んでいるからである。
 さらに彼らのこの訓練は、現実味をおびてきた尖閣に対する中共軍の侵攻に対処するためのものであり、訓練自体が中共軍の侵攻を抑止している。
 従って、抗議する前に、不幸にして異境で殉職したアメリカ軍兵士への追悼とその家族とその部隊の仲間に対するお悔やみ、そして負傷者の速やかな回復を祈ると、何故、日本政府は、特に防衛大臣は、一言、言わないのか。

 中共の中華帝国主義というべき露骨な軍備増強と武力による威嚇に対して、アメリカとの同盟とその沖縄におけるプレゼンスが、現在の我が国にとって如何に重要であるか、防衛省、外務省そして政治家とマスコミは考えたことがあるのか。

 時あたかも、中共の脅威に対する日米共同機動展開訓練が始まったばかりなのだ。この訓練は、昨年の民主党政権時代には、民主党の言う「政治的理由」で行われなかった。
 しかし、本年六月、アメリカ西海岸でアメリカ軍と陸海空の自衛隊の水陸両用共同訓練が実施された。
 海上自衛隊の輸送艦に乗り組んだ陸上自衛隊西部方面軍の水陸両用戦専門部隊が強襲揚陸訓練をし、海上自衛隊の護衛艦艦上でアメリカ軍のオスプレイの着発艦訓練が行われ、イージス艦「あたご」による対地上陸支援艦砲射撃も実施されている。
 沖縄で訓練に励んでいるアメリカ軍も、これら日米共同訓練に連なる部隊であり、この各訓練が総合されて沖縄そして尖閣が守られているのである。

 よって、我が国の総理大臣と防衛大臣は、これら総体としての日米両軍の訓練の意義を踏まえて、この度のHH60救難ヘリの訓練中の不幸な事故に対するコメントを発するべきである。そうでなければ、いざとなったときに、取り返しがつかない。

 最後に、八月の六日は、広島に原子爆弾が投下された日であり、九日は長崎である。
 この日に当たり、我が国に二度と再び原子爆弾が投下されることがないようにするには、何をなすべきか、切実な問題として深思すべきであろう。
 何故なら、我が国周辺の中共も北朝鮮も、共に核兵器を保有し、公然と我が国に対する核攻撃のあり得べきことを公言しているからである。
 この中共と北朝鮮の核を如何に抑止するかに取り組まずして、
ひたすら核保有を誇示する相手に対して「核廃絶」だけを訴えるのは無責任ではないか。 

                                     (了)

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2011-05-10  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: 98 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2013/08/09

    西村先生の仰る通りだと思います。

    日々、米軍は実戦を想定して過酷な訓練をしているのだと思います。そのことが中国、北をけん制する意味があると思います。

    米軍に感謝すべきことは多いはずです。

  • 名無しさん2013/08/09

    西村先生有り難うございました。米軍救難ヘリの墜落事故について逝去米兵への追悼、重傷者の回復祈念、うかつにも自分自身欠けていました。原発再稼働、規制委員会の亡国行為、追求お願い致します。

  • 名無しさん2013/08/09

    まったくその通りと思います。とくに死亡した米兵士は日本を守るための訓練に従事して殉職しています。彼に対し感謝、冥福を祈る気持ち、そして一掬の涙を注ぐ心情をを忘れた日本人は誠に非礼と思います。

  • 名無しさん2013/08/08

    沖縄県での米軍ヘリの訓練中の事故悲劇はご指摘のようにまさに兵士は日本を守るt目の訓練中の殉職であり、日本国としてお悔やみを述べることが先決だと感じておりました。マスコミも特に沖縄県の異常な反応に怒りを感じていました。人としてするべき順序が違う、エゴ丸出しと情けなく感じています。

  • 名無しさん2013/08/08

     西村先生の仰る通りだと思います。西村先生から首相、防衛大臣にアドバイスしていただけるといいのですが・・・。

  • 名無しさん2013/08/08

     最も大事な点をご指摘いただき、心から御礼申し上げます。

     毎号楽しみにしております。

  • 名無しさん2013/08/08

    まことにそのとおりです。大多数の黙している大衆も同意見だと思います。

  • 名無しさん2013/08/08

    実に正当な視点にたった論評でした!

  • 名無しさん2013/08/08

    原子力規制委員会ならびにマスコミの報道に対する基本姿勢等、日ごろ痛感しているところです。特に、マスコミは、自らの報道手段を持ち、”報道の自由(報道せざる自由)”などを錦の御旗のごとく掲げ、反日的ニュースを思うがままに振りまいています。報道の手段を持たない我々は、切歯扼腕すれども、呆然と彼らの反日活動をみおくるばかりです。何か良い方法はないものでしょうか。

  • 名無しさん2013/08/08

    「原子力規制委員会」は規制のみが仕事でしょうか。

    安全確認が済み次第、速やかに、確認が済んだとこから再稼働させるべきであると、私も認識いたします。日本列島は活断層の上の立地している列島です。

    また、この度の米軍の事故は痛ましい事故でした。確かに、非難だけではなく、日本国の領土領海を守ってくれるための訓練中の事故に対しては、政府は、米国(米軍の人達)に対し哀悼の意を伝えるべきでしょう。それが「武士道」精神です。

    「武士は相身互い」の「心」が大切であると思います。

    それが有事の時に生きてくるものと確信しています。

  • 名無しさん2013/08/08

    在日シナ韓国朝鮮人はいらない。友好ASEAN国民との入れ替えが必要だ。

  • 名無しさん2013/08/08

    HH60の墜落に対し相変わらず沖縄は米軍に

    文句を言っている。 乗員が行方不明と

    報道された時、パイロットが殉死かと思

    った。 ニュースにはでないが

    政府は先ずは殉死した兵士に哀悼の念を

    伝えたと信じる。 普天間の固定化はこれで確実となった。 この基地ができた時、

    周りには何も無かった、進入路の下に学校を作ったのは社会党の日教組である。 

    生徒を人質に沖縄人は自ら現在の状況を

    作り上げた。 沖縄人こそが卑怯者であ

    る。                                雪風