政治・経済

真悟の時事通信

 常に国家国益を考える政治家 西村真悟のメールマガジンです。
 配信は不定期ですが、日頃の政治を概観して、西村真悟が思ったこと感じたことを、独自の目線で皆様にお伝えします。

全て表示する >

眞悟の時事通信(平成25年7月28日号)

2013/07/29

             人のこころのまことなりけり

                          No.875 平成25年 7月28日(日)
                               西 村 眞 悟

 七月二十七日の夜は、堺の三カ所の盆踊り会場を訪れ、顔見知りの人々、支援を頂いている皆さんに挨拶をして廻った。
 その中で、上之の陶荒田神社境内に掲げられていた明治天皇の御製を拝した。そして、言いしれぬ感動に包まれた。

  明治天皇御製
 目に見えぬ 神に向かいて 恥じざるは
        人の心の まことなりけり

 この御製こそ、現在の我が国の政治に最も欠けている
「人の心のまこと」とは何かを、
最も深く適切にそして分かりやすく啓示されたものだと思えたのだ。

 その上で、一夜明けた今日までの参議院選挙結果に対する各野党代表者や幹部から出そろった発言を思い起こしてみた。

 結論から言うならば、まことに恥ずかしい。
 彼らには、現在我が国を取り巻いている日本を日本でなくしてしまい、日本人を日本人でなくしてしまおうとする内外の厳しい謀略と暴力が見れども見えない。
 そして、ただ「野党連合」を口走っている。
 曰く、巨大与党に対処するには野党連合しかない。
 曰く、その連合の時期は国政選挙が三年後まで待たねばならないのだから三年後の選挙直前にするべし、今直ちに連合を組む必要はない。
 曰く、君、辞めないでくれ、私ら困る。
 
 これらの発言から見えてくる彼らの言動の動機は、ただ選挙に有利になるように行動したいということである。
 つまり、これは、選挙を「興業の場」とする芸能プロダクション的政党運営そのものなのだ。
 
 そして、何がしたいのか。
それは、規制改革、行政改革、既得権益廃止、道州制、都構想・・・。
 彼らは、日本が日本でなくなって、規制改革も行政改革も道州制も都構想もへっちゃくれもないことが判らないのだろうか。
 国がどうなっても地方分権や規制緩和が大切なのか。
 ただ、石原慎太郎さんだけが、「憲法改正」を目指していると発言しただけだ。

 そこで言う。
 今我が国の急務は、「日本を断じて失わない」体制の構築であり、その為に我々は真の憲法を取り戻さねばならない。
 従って、もはや与野党はない。
 政治家各位は、この内外の危機を克服するための国家の緊急課題に如何に対処して、ただ一回だけの人生の使命を果たさんとするか、
神に向かいて「恥じざる人の心のまこと」を尋ねなければならない。

 従って、今必要なことは、与野党を縦断してその地下に横たわる
「護憲か改憲かの活断層」を動かして政界を編成し、一挙に憲法改正さらには自主憲法制定に向かうことである。

  このように、現在の我が国家の緊急かつ救国的課題を摘出して本年の国会を眺めれば、通常国会冒頭の衆議院本会議場における
平沼赳夫先生の真正面から憲法改正・自主憲法制定の必要性を訴えた戦後初めての代表質問の国家の運命にかかわる歴史的意義が見えてくるのである。
 まことに、
 神に向かいて恥じざる人の心のまことから発した歴史的質問であったのだ。

 以上、
 昨夜の陶荒田神社境内の明治天皇の御製に深く感じてしたためた次第である。
 あと三日で八月に入る。即ち、靖国神社の英霊の月となる。
 そして、我が国の雰囲気が、国体護持、誇りある日本の再興に向かって、がらりと変わることを肌で感じることになろう。
 従って諸兄姉、英霊と共に、まさに現在せまりつつある「国難」に勇気を持って対処していこうではないか。
 靖国神社でお会いしましょう。 


         西村眞悟との靖国神社参拝のご案内

 毎年恒例の西村眞悟との8月15日靖国神社参拝のご案内をさせていただきます。

日  時 8月15日(木) 受付時間14:20〜14:50(参拝は15:00を予定) 

集合場所 靖国神社境内 参集殿前 

参 加 費 500円(玉ぐし料として) *おつりの無いようにお願い致します。 

お問い合わせ 西村眞悟事務所(TEL:03-3508-7505) 

*事前予約は不要です。直接集合場所にお越しください。
*昇殿参拝致しますので、それに見合った服装でお越し下さい。
*西村眞悟も参加いたします! 
  
   
          西村眞悟活動報告会及び暑気払いのご案内
 8月15日の靖国神社参拝の後、西村眞悟活動報告会及び暑気払いを下記により開催いたします。併せてご参加くださいますよう、宜しくお願い申し上げます。

日時 8月15日(木)17:00〜19:00(16:30受付開始) 

場所 ホテルグランドヒル市ヶ谷「瑠璃」 *例年と場所が違います。ご注意ください!
    JR・地下鉄『市ヶ谷駅』下車 徒歩2分、靖国神社境内より徒歩10分
    TEL:03-3268-0111、住所:新宿区市谷本村町4-1
 
費用 7,000円(同志の会会員・西村塾塾生)、8,000円(一般) 

申し込み 氏名、住所、連絡先を下記いずれかの方法にてご連絡ください。
    TEL:03-3508-7505、FAX:03-3508-3935、Eメール:tokyooffice@n-shingo.com 

締め切り 8月13日(火)

*締め切りを過ぎてからのキャンセルはご遠慮ください。 

お問い合わせ 西村眞悟事務所(TEL:03-3508-7505) 
 

                                     (了)

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2011-05-10  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: 98 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2013/07/31

    【歴史】日本人虐殺事件を引き起こした朝鮮人大尉http://maokapostamt.jugem.jp/?eid=5078

    伊是名島の虐殺/目撃者の仲田さん出版http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-95297-storytopic-86.html

    日本の朝鮮統治http://resistance333.web.fc2.com/html/japan_korea_merger2.htm

  • 名無しさん2013/07/29

    目に見えぬ 神に向かいて 恥じざるは        人の心の まことなりけり



    恥を恥とも感じない日本人が跋扈しています。

    鳩山をはじめ日本人の皮を被った「支那人」。

    今こそ日本人たる「心」を取り戻し、

    「神に向かいて 恥じざるは  

          人の心の まことなりけり」

    を、具現したいと思っています。

  • 名無しさん2013/07/29

    日本を壊すTPPは断固として破棄しなければ

    ならない。安倍政権の危うさを正して下さい。

  • 名無しさん2013/07/29

    まずは、すべての戦争関連行為をk可能にする「仮称戦時体制法」と「スパイ防止法」「売国行為禁止法」「外国人強制送還法」の制定を急がねば、シナにやられてしまう。

  • 名無しさん2013/07/29

    西村先生が常に国のことを考えておられるのがこの国に浸透しない意味がわからない。私たちもこの思想を広める努力をしなければならないと考えます。

  • 名無しさん2013/07/29

    大阪の橋下以下とんでもない集団だ。