政治・経済

真悟の時事通信

 常に国家国益を考える政治家 西村真悟のメールマガジンです。
 配信は不定期ですが、日頃の政治を概観して、西村真悟が思ったこと感じたことを、独自の目線で皆様にお伝えします。

全て表示する >

眞悟の時事通信(平成25年7月22日号)

2013/07/22

        ありがとうございます、これからが正念場
                          No.872 平成25年 7月22日(月)
                               西 村 眞 悟

 この度の参議院選挙で、中山恭子さんが当選しました。
 諸兄姉皆様のおかげです。
 まことに、ありがとうございます。
 心より、お礼申し上げます。

 中山恭子さんに集まった票は、
歴史と伝統の誇りある日本の健全性を示すものであり、
日本国民の北朝鮮に拉致された同胞を救出する強い意思を示すものである。
 また、元航空自衛隊空将補の石井よしあきさんも、
今年の春になってからの出馬表明できわめて短期間の運動ながら、多くの支持を獲得された。
 結果は残念であったが、志を未来に繋げる為の確かな手応えをえられたことと思う。

 さて、一夜明けて、
この度の予想通りの「全体としての選挙結果」に対して、
「憲法改正への確かな手応えを得た」
と評価したのは、政党代表者のうちでは石原慎太郎氏だけだ。
 しかし、これこそ、我が国の未来を見据えた適切な評価である。
 未来とは何か。
 それは、戦後からの脱却、即ち、日本の再興である。

 従って、この度の選挙結果を「憲法改正への確かな手応え」と受け止めた党代表者が石原慎太郎さんだけだと言うことは、
他の各党代表者は、未だに「戦後体制派」であることを示している。
 多くのマスコミ解説者と他の各党代表者やその下での当選者は、与野党の「ねじれ」がなくなれば、「与党の暴走を招く」というような「懸念」を表明しているのだ。
 そして、挙げ句の果ては、また、「反原発」、「反消費税」の「野党連合の提唱」だ。

 そこで、奇妙な符合を指摘したい。
 この度の選挙結果に対して中国共産党が表明したコメントと、我が国内の各所で表明される「懸念」が見事に一致しているということだ。
 つまり、我が国には、内外一致連携して、我が国を「戦後体制」に閉じ込めておこうとする力が働いていると認識せざるをえない。
 
 中国共産党は、この度の選挙結果に対して、安倍内閣は憲法改正の動きを加速させ、歴史認識を変更して軋轢を生み出そうとしているので、日本はアジアひいては世界の不安定要因になる、と言うようなコメントを出した。
 これは、韓国の朴大統領がアメリカのオバマ大統領に初めて会ったときに、ミサイルを発射段階にして威嚇している北朝鮮よりも、歴史認識を改めようとする安倍政権の日本が危険だと言ったのとそっくり同じだ。
 
 二つとも、お前だけには言われたくない、という類である。
 
 ところが、国内において、当選者を増やして意気盛んな日本共産党の当選者も、この中国共産党と同じようなことを言っており、他の党の表明する「懸念」も似たようなものである。

 しかも、勝利したと喜んでいる与党内においても、自民党と公明党は、「戦後からの脱却」に関して一致していない。
 さらに、自民党内においても、なりを潜めているが、一致しているのかどうか分からない。
 
 そもそも、八月十五日に、安倍総理大臣を靖国神社に参拝させてはならないという圧力は、自公の与党連立内にも自民党内にも渦巻いているだろう。
 さて、これをどう表現しようか。
 野党各党の有象無象と与党内の魑魅魍魎とでも言おうか。
 つまり、我が国の政界の全体としての構造は、同じ「戦後体制という風船」の中の気体のように、与野党が選挙の度に交互に膨れたり縮んだりしているようなものだ。
 自民党も、衆参で膨れたが、党内で、憲法改正、国軍創設、河野洋平・村山富市談話廃棄、原発再稼働、普天間基地等々の問題で、まとまる体制からはほど遠いのだ。

 従って、「国家の再興」の為に、これからが正念場なのだ。
 そこでこの秋、
 祖国に至誠を尽くすべき政治家の任務とは何か。
 それは、野党と自民党を分裂させてでも、
「戦後の風船」の中から引きづり出す政治勢力の創設だ。
 我が国を取り巻く内外の情勢は、
 さらに厳しさを増す。
 そして、我が国に与えられた時間は限られている。 

                                   (了)


 *昨夜、参議院選挙が終了致しましたので、眞悟の時事通信の配信を再開させていただ  きます。
  引き続き、宜しくお願い致します。
 

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2011-05-10  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: 98 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2013/07/23

    今からの3年間が日本再興の為の正念場です。

    西村先生は自由な立場から党派を超えて、真正保守ならびに愛国政治家を結集し、真の日本国憲法の制定により、国柄の明確化と愛国心の醸成、国防安全保障の強化、教育の正常化、行き過ぎた権利意識の撤廃と国民の義務意識の道徳観の育成、原発やメタンハイドレートなどのベストミックスによるエネルギー安保の実現、海洋資源開発による資源大国への大転換などなど、強力に推進してください。

    総合的な国力倍増により、支那や朝鮮などのゴロツキ国家に強い姿勢を貫き、アメリカに対しては真に対等な同盟関係を実現する。ロシアにも我が国の意向を飲ませることが出来ると思います。

    その間に北朝鮮により拉致された方々が全員帰国し原状回復し、北朝鮮の国家犯罪が暴かれ、関係者が裁かれる。そのようになることを祈っております。

  • 名無しさん2013/07/23

    尖閣防衛戦争論 [単行本(ソフトカバー)]  

    中川 八洋 (著) 



    中川さんの、国防(軍事・外交)・歴史観に関する非常に密度の濃い本です。日本の国内では軍事に関する正面からの議論には、ほかに接することがないので、基礎知識不足から、私には評価不能の部分もあります。

    内容は、二部に別れ、第一部は尖閣をめぐる国防論、第二部は孫崎氏批判です。第一部の何章かと第二部は、直近の「撃論」に掲載されたものです。(余談ですが、中川氏が執筆者の中心だった「撃論」が、第十号で終わってしまったようで、大変残念です。内容は濃いと思いますが、やはり極論過ぎるのでしょうか。)

    第一部の中では、私には、国内向けの「警察力」と、侵略勢力に対処する「軍事力」の国際法上の違いを縷々述べておられるのが、大変参考になりました。

    自衛隊は、法的には警察法をベースに規定されているため、侵略行動に対しては手が出せないことは知られていますが、尖閣の場合、中国が本気でせめて来た場合、現状ではどうにもならないことが、よく分かります。象徴的な事例としては、航空自衛隊は、侵略の恐れのある航空機に対しスクランブルをかけることができるが、相手は撃墜される恐れがないから無視して飛行できる、なぜ撃墜できないかと言うと、撃墜すれば相手機のパイロットに危害を加えることになるが、自衛隊法では、人に危害を加えてはならないという規定があるからだそうです。

    私の力では、正確な紹介ができませんが、読めば、目からうろこの連続です。

    第二部は、孫崎氏の、尖閣や北方領土をめぐる言説やその根底にある日米同盟批判に対する、中川氏の反批判です。

    日米同盟毀損を目指す中国の活動や、それ以前のコミンテルンの代理としての戦前の日本向け工作活動については、証明は未来永劫難しいでしょうが(中国に関しては「ベノナ文書」のようなものは出てこないと思うので)、歴史の流れを客観的に眺め、また戦後日本が、何故かくも「左翼」の力が強いのかを考えれば、中川さんの言う「敗戦革命」を目指した勢力が今も暗躍していること(朝鮮系の反日勢力と合体し強化されている)と言う見方は、間違っていないと思われてくる。

    第二部で参考になったことの中に、尖閣棚上げ論に関係するが、ルーズベルトがソ連と結んだ「ヤルタ秘密協定」は、アメリカ政府自身が「不存在」としていることがある。サインした文書であっても形式が整っていなければ否定されるわけであり、ましてや、単なる口約束などは、過去にあろうがなかろうがどうでもいいことであると確信できたことは、収穫であった。

    とにかく、実力不足でうまく書評できていないと思うが、国防に関心ある人に一読をお勧めしたい本である。

    最後に、「撃論」の復活を願う。







  • 名無しさん2013/07/23

    解りやすい、NHKと朝日が好意的に取り上げる人物や政治家の意見は、保守陣営でも、隠れコミュンテルである、見て居ると解る、NETで拡大するしかない、原発賛成、消費税0に現憲法破棄、靖国参拝は国内問題自民全員の参加を求む。国内中小企業に手仕事を創設50てんしか取れない者も国民だ、外国人労働者は排除スエーデンを見よ、老人の再雇用を推進、福祉の在り方の見直しばら撒き反対、何でも反対を叫びただ酒を飲もうとする国民では、腐れ国民で国滅ぶ。黒ラブ

  • 名無しさん2013/07/22

     新たな政治勢力の創建は、ひょっとしたら日本が外敵による攻撃を受けたときにはじめてなしうるのではと思いました。つまり時すでに遅しと気づいたときです。そこまで悪質な平和主義がはびこってしまった。

  • 名無しさん2013/07/22

    祝!中山恭子さん当選!!

  • 名無しさん2013/07/22

    西村真悟先生のご活躍を期待してます。

  • 名無しさん2013/07/22

    おっしゃるとおりです。

  • 名無しさん2013/07/22

    比例では中山先生の名前を書きました。当選されてほっとしました。

  • 名無しさん2013/07/22

    西村先生が 鋭く ご指摘されて居られる

    共産党一党独裁国“支那”に依る発言と

    “日本共産党”その他 うぞうむぞうの“ひだりまきども”のに依る発言は

     正に“瓜二つ”である。

    我が日本国には 残念乍ら 今だ

    “売国奴”が横行している事実を如実に

    示した典型的な事象である。

  • 名無しさん2013/07/22

    東京で韓国批判だけで戦った鈴木候補が75000票も獲得、これは落選とはいえ驚くべき数字です。韓国の汚さがよくやく浸透してきたと喜んでいます。西村先生も負けずに頑張ってください。

  • 名無しさん2013/07/22

    西村さんは今後も応援しますが日本維新の会橋下は嫌いです。

  • 名無しさん2013/07/22

    私も、中山恭子と書きました。

  • 名無しさん2013/07/22

    占領憲法は無効だ!

  • 名無しさん2013/07/22

    中山恭子さんが当選し心から喜んでいます。

  • 名無しさん2013/07/22

    【「戦後の風船」の中から引きづり出す政治勢力の創設】

     安倍内閣が本腰を入れて戦えるかが今後の課題となりましょうが、与党の中での自己への忠誠心を持った人の洗い出しが、先ずは第一義となってくるでしょうか。

    和製サッチャー「中山恭子先生」、ご当選おめでとうございました。静かな語り口の中に、秘めた力を感じさせていただいています。