政治・経済

真悟の時事通信

 常に国家国益を考える政治家 西村真悟のメールマガジンです。
 配信は不定期ですが、日頃の政治を概観して、西村真悟が思ったこと感じたことを、独自の目線で皆様にお伝えします。

全て表示する >

眞悟の時事通信(平成25年4月25日号)

2013/04/25

           国家再興の起点は、靖国神社の英霊

                          No.847 平成25年 4月25日(木)
                               西 村 眞 悟

 予算審議は、参議院に移った。
 そして、参議院民主党議員の惨憺たる質問が続いている。
 
 参議院会議室で、男女の議員が交互に九官鳥かシャモのように、我が国の国会議員による靖国神社参拝を、支那朝鮮が非難していると質問している。
 車のクラクションよりうるさいので、衆議院内で周囲の人に、この議員は誰、と聞いた。
 すると即座に、馬鹿議員です、という答えが返ってきた。

 はやく、参議院の選挙が来て、これらの議員を淘汰しなければ、お国に申し訳ない。

 これらの議員は、靖国神社に参拝した我が国の国会議員と閣僚を支那や朝鮮が非難していることを受けて、こともあろうに我が国の国会で、支那朝鮮の観点から質問しているのである。
 言っておくが、彼等は、
 祖国への反逆裏切りの故に、詰問される対象であり、質問する資格はない。

 「貴様は何故、靖国神社に参拝しないのか」
 「貴様は何故、靖国神社に参拝した国会議員を非難するのか」
 彼等が国会議員であれば、この問いに、答えねばならない。
 そして、この答えを知って、国民は愕然とするであろう。
 彼等は、日本人ではないからだ!
 彼等は、日本人を偽装して日本国国会議員の議席を詐取した左翼、コミンテルン、支那共産党もしくは朝鮮の支那追随者そのものである。
 情報公開に熱心なマスコミならば、国会議員の資産調査だけではなく、靖国神社に関して参拝を非難する国会議員にアンケートを実施し、その理由を公表したらどうか。

 つまり、支那朝鮮のコミンテルンや反日は、現在、我が国の内外から呼応して、我が国の国会議員が、靖国神社に参拝することを非難し阻止しようとしているのである。
 
 まず、その理由を指摘する。
 彼等は、我が日本が、再び興ることを阻止しようとしているのだ。即ち、彼等は、靖国神社こそ、日本再興の起点であることを実感しているからこそ、靖国神社への参拝を非難しているのだ。
 
 彼等は、六十八年前に日本を軍事占領した連合軍・GHQが意図したように、現在も将来も、日本を弱体化させ、そこに固定しようとしているのである。
 つまり、彼等が、六十八年前の大東亜戦争における敵の連合軍が仕掛けた対日戦争目的としての日本弱体化の目的を今なお持ち続けているということは、我が国と彼等との戦争は未だ継続中だということだ。
 かつて、昭和に入った満州において、コミンテルンの指令に基づいて、支那人、朝鮮人、ロシア人からなる共産パルチザンが、日本人襲撃と南満州鉄道への破壊活動を繰り返して日本弱体化と共産化を画策したように、
 現在、彼等は、中国共産党の指令によって、支那人、朝鮮人、日本人からなる反日・共産パルチザンを組織化して日本再興の起点である靖国神社攻撃を繰り返している。さらに、そのパルチザンに台湾人を入れようと画策している。

 よって、この靖国神社参拝に対する内外からの非難を「戦争」と捉えれば、遙か南の尖閣諸島および沖縄の普天間基地問題と靖国神社参拝非難行動が連携・連動しているのは明らかであろう。

 支那・中国共産党の「戦争」とは、
「武力戦」と「非武力戦」を駆使する手法によって全体としての「戦争目的」を達成しようとするものである。
 前者が、二十三日の八隻の公船による尖閣領海侵犯であり、後者が靖国神社参拝非難である。
 

 この中国共産党の「非武力戦」とは、宣伝戦であり心理戦である。その目的は「日本弱体化」!
 特に、天安門事件以来の江沢民による国内での反日教育と国外に対する反日宣伝の強化は、この「日本弱体化」の目的を達するための具体的な非武力戦である。
 南京に建設された南京虐殺記念館や柳条湖の満州事変記念館および支那全土のおびただしい数の反日記念館は、
全て、我が国の靖国神社を破壊するための道具として位置づけられる。
 何故なら、敵は、「靖国神社こそ日本再興の起点」だと判断しその起点を破壊しようとしているからである。

 敵の判断は正しい。
 
 敵は、靖国神社に祀られる英霊が、如何に強く偉大であったか、身にしみて知っている。
 彼等は英霊に一度も勝てなかったし、彼等が頑迷固陋であっても、アジアは、この英霊の命をかけた奮闘によって欧米の植民地から独立自尊と共存共栄への大道が開かれた。
 そして、この英霊が、日本を励ますとき、日本は再び興る。
 この英霊は、靖国神社に祀られている。
 日本にとってもアジアにとっても、偉大な靖国神社ではないか。
 よって、靖国神社こそ、日本の再興の起点である。
 
 従って、断じてここで後退してはならない。
 ここが、不退転の一点、今が、不退転の一瞬、
 それが、我が国の聖地、靖国神社である。

 今に続いている国会論戦に於ける安倍総理大臣の答弁には、
 明白な前進はないが、後退もない。
 むしろ、総理の体は、前進の方向に向いている。
 彼は、前の総理在任中、靖国神社に参拝できなかったことを
 「痛恨の極み」と答弁した。
 
 私は、去る十六日に、総理に、
 これから八月十五日まで毎日、靖国神社に、参拝されるように促した。安倍晋三君に促したのではなく、我が国の内閣総理大臣に促したのだ。
 何故なら、内閣総理大臣が、英霊の御加護を受けなければ、
 我が国は、到底、戦後から脱却し、迫りくる国難を克服できないからである。
 英霊が、安倍総理大臣の心と体を守護するとき、戦後からの脱却は成る。

 神がかりというなかれ。
 いや、むしろ、神がかりでいいではないか。
 神がかりでなくして、
 どうして、戦前と戦後の連続性を取り戻して、
 我が日本国の再興が成せようか。
 
 戦後に生まれ、戦後に育った者達の、こざかしい人知だけで、 
 我が国の神々、ご先祖、英霊の御加護を受けずに、
 どうして、戦後から脱却できようか。
 
 仮に、安倍総理が、靖国神社に参拝しないならば、
 それはつまり、
 我が国総理大臣が、中国共産党の軍門に下り、傀儡に成り下がったことであり、
 英霊の御加護はない。
 
 その時、我が日本は再興の機を失し、
 敵に、尖閣から沖縄本島を呑み込まれ全日本が屈服の方向に急展開してゆく。かつての、サイパン陥落以降のように。
 
 さらにその時、安倍総理は、支那の刑罰である腐刑を受けた者のように生きながら腐る。
 今度は体だけではなく心もやられる。
 生きた屍だ。
 国家の再興をかけた総理の立場は、
 戦場の兵士のように厳しい。
 負ければ生きたまま腐る。

 だが、安倍総理は、そのことを知っている。
 だから、前の総理在任中、靖国神社に参拝しなかったことを「痛恨の極み」と答弁したのだ。
 
 私は、安倍晋三日本国内閣総理大臣は、
 国家の再興をかけて、 
 靖国神社に昇殿参拝すると信じる。 

 
                                     (了)

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2011-05-10  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: 98 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2013/05/08

    支那韓国朝鮮の代理人たる国賊政党公明党の大田国交大臣をネタ探して辞任に追い込んででください。尖閣の危機が早まります。人食い蛮族シナを早く抹殺しないと取り返しがつかなくなります。

  • 名無しさん2013/04/26

    まあたく仰るとおり。読んでて涙が出そうみまりました。

  • 名無しさん2013/04/26

    まさに仰る通りです。



    日本の国を愛する真の日本人政治家は、先人英霊の御霊に感謝し、誓いを立てて、命がけで日本国の為に立ち働くことで英霊の、そして神仏の大いなるご加護を頂けると思います。

    朝鮮や支那やアメリカの小賢しい企みなど塵のごとく吹き消す事でしょう。

  • 名無しさん2013/04/26

    。国民一体となって日本の伝統を守りましょう。日本は死者を悼む国。アーリントン墓地を参拝して日本で靖国を参拝することを非難する。戦争はその戦争が起きる前後の長い歴史に起きたことの背景、深層を知らなければ軽々に可否の断罪はは下せない。先ずは生を全うし得なかった方たちを悼みたい

  • 名無しさん2013/04/25

    いつも西村議員のメルマガを拝見して感きわまるような感動と疑問に思っていた事が胸にストンと落ちる明快さに納得させられます。

    私はmy日本のメンバーの一人ですが日記に貼り付けさせて頂きたいのですが駄目でしょうか。

  • 名無しさん2013/04/25

    支那、朝鮮下げまくり。



    靖国の英霊万歳!!

  • 名無しさん2013/04/25

     日本人の敵は日本人だということが参議院議員の質問でわかる。彼らはテレビに映ることを喜んでいるだろうが、それは自分の首を絞めていることに気が付かない。心ある日本人の心は、ますます民主党から離れる。まことに慶賀すべきことでしょう。

  • 名無しさん2013/04/25

    まったく義憤に堪えない。馬鹿民主、橋下まで外交と靖国を区別すべきとか中国で酔っぱらわされて発言している。いわく三人と一度に焼酎を乾杯したら神になると言われて飲んで酔っ払ったと報道されている。シナ人を知らないこの馬鹿。ほくそ笑んでいるよシナ人は。ポコペン。松井とやらに至っては、「僕ならそっと行く」そうだ、靖国に。維新はもう別れたほうがよい。根が腐っていっては駄目だろう。尖閣では「成功地駆逐」、つまり日本右翼を尖閣領土内から追っ払うのに成功したと海洋報に書いている。我が国の領土から我が漁船が追い出された。これが大きな問題とならない、問題にもせず靖国に行ったのが提灯だ蜂の頭だというのがマスコミと日本人の今日の知的状況で、シナ様に叩いてもらって、犠牲が出ないとわかるまい。白、辻本、福島、トメ子、梅干しの種、アホの岡田とか挙げたらきりのない思考力欠乏症売国奴を国民代表として議会に送る国民が、己が子弟同胞が犠牲にならねば気付くまい。こいつらは訳知り顔でいるが知性のかけらもないテレビのコメンテーターとおなじ。なんとかならんか!鉄拳かすぞ。体重落とせ真吾!

  • 名無しさん2013/04/25

    西村先生の怒りは、ごもっとも

    です。

    徳永エリおばさんの質問(?)

    を見て怒りがこみあげてきた。

    なんとかならんのですかネ!

  • 名無しさん2013/04/25

    「馬鹿議員です、という答えが返ってきた。」馬鹿議員の名前を明記されたらよかったのに、「拉致被害者が落胆している」との捏造議員もいる様だが。沖縄の清水

     

  • 名無しさん2013/04/25

    全くそのとおりです。熊本でお会いしましたが、これからもご活躍下さい。橋本

  • 名無しさん2013/04/25

    北朝鮮問題で今こそ中韓と緊密に連結しな

    ければならないときにこの様な騒ぎを起こ

    してけしからんとあほどもはのたまう。

    今だからこそやるのです。 日本が一歩も

    引かないと言う決意を見せれば折れてくる

    のは中韓です。 経済的に困ってくれば

    必然的に折れてくる。 折れてこなくても

    何等我が日本には政治的にも経済的にも

    大したひがいはない。 拉致被害の人々

    も理解されると信じる。  雪風