政治・経済

真悟の時事通信

 常に国家国益を考える政治家 西村真悟のメールマガジンです。
 配信は不定期ですが、日頃の政治を概観して、西村真悟が思ったこと感じたことを、独自の目線で皆様にお伝えします。

全て表示する >

真悟の時事通信(平成25年1月6日号)

2013/01/06

仁徳天皇 百舌鳥耳原中陵、の破壊について
No.807 平成25年 1月 6日(日)

 私が早朝、家の近くの仁徳天皇陵に参拝することは本時事通信でたびたび書いてきた。
 この度、その仁徳天皇陵が、こともあろうに、宮内庁によって破壊されつつあることを記しておかねばならない。

 そのため、まず最初に、天皇陵は、「遺跡」ではなく、現在の我が国の運命に影響を与える歴代天皇の陵墓であることを確認しておかねばならない。
 万世一系の天皇を戴いてきた我が国において、今上陛下は百二十五代の天皇であり、天皇陵は天皇の祖先である皇祖の墳墓である。
 第百二十四代の昭和天皇は、昭和二十年八月十四日のポツダム宣言受諾による連合国への降伏を決定するに先だって、
各皇族を百二十三代にわたる全ての天皇陵に派遣され皇祖に我が国の初めての降伏やむなきをご報告させられた上で、ポツダム宣言受諾の御聖断を下されたと聞いている。
 この一事を以てしても、天皇陵は「遺跡」ではなく、現在の我が国の運命に深く関わっている皇祖の墳墓であることは明らかである。

 そこで、我が郷里である堺市堺区大仙町に所在する第十六代天皇である仁徳天皇百舌鳥耳原中陵であるが、
墳丘を三重の周濠が囲む日本最大の前方後円墳で陵墓域は東西の長さ六百五十六メートル南北の長さ七百九十三メートルであり樹木が生い茂り広大な森となっている。
 その陵墓の周囲は、黒いスチール製の柵で囲まれており、南側正面だけが幅二十メートルほど中央の墳丘に向かって開かれており、訪れる人々は、この正面から陵墓域に入って第一の周濠を越えて第二の周濠の手前まで進んで参拝または見学ができるようになっている。
 私は、いつもここで参拝する。
 そして、この参拝域の第一と第二の周濠に挟まれた土手(以下、陵墓内の土手という)の東側には幅五メートル奥行き三メートルほどの木造平屋建ての「宮内庁書陵部古市監区百舌鳥部事務所」(以下、事務所という)が建てられている。

 さて、異変は昨年の秋の末より起こされていた。
 まず陵墓内の土手の西側と東側の樹木が伐採された。
 そして、衆議院総選挙に入る頃より、陵墓内の土手の西側に長さ十メートルほどのプレハブの住宅が建てられた。
 さらに総選挙終了後に気付けば、事務所の東側は、幅十メートル長さは周濠に沿って二十メートルほどの鉄板のフェンスで囲まれている。
 また、事務所手前の参拝域には「ご迷惑をおかけします 事務所改築工事を行っています」と大書された看板が設置されその下に小さく
「平成25年3月22日まで
時間帯8:30〜17:30
仁徳天皇陵百舌鳥部事務所改築工事
発注者 宮内庁京都事務所
施工者 株式会社 芝松組」
と書かれている。

 私は、陵墓内の樹木が伐採されてからあまり好ましく思っていなかったのであるが、参拝域の西にプレハブ、さらに東に白い長大なフェンスが設置されたので、昨日の一月五日午後四時頃、思いあまってフェンスの隙間からその中を覗いた。
 すると、既に陵墓の地面は掘り起こされ、そこに新築の建物の基礎と思われるコンクリートが流し込まれているではないか。
 そして、よく見ると事務所の右の壁には四十センチ四方ほどの紙が貼られており、そこには「開発行為等の概要」と題して次の如く書かれていた。
 開発区域の所在地 堺市堺区大仙町1079−1番地
 開発区域の面積 3132.19平方メートル
 開発者の氏名 京都市上京区京都御苑 宮内庁京都事務所
 設計者  同上
 工事予定期間 平成24年11月12日より
        平成25年3月22日まで
        平成24年10月23日設置

 即ち、宮内庁は、仁徳天皇陵訪問者には、大きな看板に書かれているとおり「事務所改築工事」を行うと表示しながら、
実態は陵墓内の3132.19平方メートル(約千坪)という広大な地面を「開発地域」とする「開発」を開始し、事務所の「改築」ではない「新築」を行おうとしているのだ。
 
 これは、陵墓を保存し維持し管理することを職務とする宮内庁による事務所改築に名を借りた陵墓の「破壊」である。

 仁徳天皇陵の陵墓域を巡る柵には、
「陵墓地につき管理者の許可なく立ち入ることを禁止します 宮内庁古市陵墓監区事務所」や
「立ち入り禁止 宮内庁」や
「魚釣り禁止 宮内庁」の札が各所に着けられ、
正面の参拝域には大きな横額に次の通り墨書されている。
「仁徳天皇 百舌鳥耳原中陵
一、みだりに区域内に立ち入らぬこと
一、魚鳥等を取らぬこと
一、竹木等を切らぬこと
        宮内庁」

 しかし、こともあろうに、これらの決まりを一般人に守らせ仁徳天皇陵を維持し管理することを職務とする宮内庁が陵墓内を「開発」し樹木を伐採し陵墓内の土を掘り返してそこにコンクリートを流し込んでいるのである。
 天皇陵の陵墓域は、荒れ地や原野ではない。
 陵墓を「開発」するなど論外、もってのほかだ。
 そして、この「開発」ができるマインドは、我が国の天皇の権威を否定するコミンテルン、共産主義者のマインドであるといわざるをえない。
 宮内庁は、長年、広大な陵墓を管理する果てに、そこを自分たちが何でも出来る自分たちの「聖域」と勘違いしてしまったのだ。
 それにしても、事務所の「改築」だと一般に示しておきながら、フェンスで囲って見えないようにしてさらに大きな建物を密かに陵墓内に「新築」しようとする策謀は許し難い。

 民主党政権下で、韓国で講演し、仁徳天皇陵を発掘すれば、日本の皇室が韓国から来ていることが明らかになると言った驚くべき感覚の与党幹部がいたが、宮内庁の中にも、我が国が万世一系の天皇を戴く国家であることを毫も意識せずに仕事を続け、
天皇陵を自分たちが自由にできる聖域と心得ている文化破壊者、コミンテルン、共産主義者がいるのだ。

 昨日五日の午後四時頃、仁徳陵のフェンスの中を覗いてコンクリートが流し込まれているのを見て愕然としてから、
 本日しきりに、かつて美智子皇后陛下の御生家である正田邸の破壊を進めたのが当時の宮内庁幹部であったことを思い浮かべて、ますます苦々しく、宮内庁による天皇陵の破壊を阻止しなければならないと思った次第である。
 正田邸の破壊といい仁徳天皇陵内の「開発」といい、これらはともに、国家機関による文化の破壊、バンダリズムだ。

 昨日、フェンス内を覗いてコンクリートが流し込まれている現場を愕然として見たとき、例によって宮内庁の人間が私に、
「そこへ入ってはいけません、出てください」と言ってきた。
 私は、カットして、彼に対し、
「宮内庁の人間か、お前らここで何をしているのか、ここは陵墓の中ではないか」と大声で言った。
 彼は、顔をこわばらせて俯いてしまった。
 現場の人間は悪くない。気の毒なことをしてしまった。
 組織における正体を隠したコミンテルンは、この善良で誠実な現場の人間の背後にいる。
 
 近いうちに、内閣に対して、この仁徳天皇御陵内の「開発」という文化破壊、バンダリズムに関する質問趣意書を提出するつもりだ。   

 

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2011-05-10  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: 98 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2013/01/15

    拡散!!!

  • 名無しさん2013/01/08

    すべては戦後マックのやった日本国体破壊と、喜んでそれに尻尾を振った横田喜三郎宮沢俊義等の曲学阿世の輩の仕業の成果である。これを清算するには先ず女性の自覚に待つこと。同時に男性は50才以上追放、40才以上再教育、青少年に軍事教練を施すこと。これで日本は何とかなる。誇り高い日本歴史を全国民に知らしむること。大東亜戦争の再評価は勿論である。

  • 名無しさん2013/01/07

    実家が堺なので仁徳天皇陵は身近な存在ですが、とんでもない事態になっているんですね!周知したいと思います。

  • 名無しさん2013/01/07

    西村先生、宮内庁にも学会の廻し者が

    いるみたいですね。

  • 名無しさん2013/01/07

    宮内庁の人間と言うより、単なる公務員化し歴史もアノ「反日日教組」の屑共に教育されたアホの輩でしょう!?

    西村先生、是非国会で議論して下さい。

    それと、二重の堀迄に成魚の大きさ知らず又南米では「食料」ですが、個体の中に綺麗な物や小さい個体は観賞用として輸出してますが、20年前と違い価格が下落しショップ側も詳しくない客にロクに説明無しに売るので最終的には持てあまされ捨てられ棲息して居る南米産・北米産の魚等の事も加えて下さい。

  • 名無しさん2013/01/07

    仁徳天皇陵を何が何でも守って下さい。

  • 名無しさん2013/01/07

    西村議員の意見は正統と思います。議員の權利を活用して、阻止すべきです。じ後の報告を期待しています。

  • 名無しさん2013/01/07

    日本文化の破壊工作の現況の記事。拝見しました。是非西村先生のご活躍を期待しています。久留米から。筑後川の日本人。

  • 名無しさん2013/01/07

    直ちに安部総理に訴えて中止させるべき

    です。  近いうちなどと言うのんきな

    ことを言わないで欲しい。 雪風

  • 名無しさん2013/01/07

    早々の質問と共に、早期の工事中止を実現下さい。冗談ではなく、祟りがありそうな気がします。

  • 名無しさん2013/01/07

    先生同様、大きな怒りを感じます。議員に帰り咲かれた今、先生の各方面での御活躍を期待します。

  • 名無しさん2013/01/07

    そのような愚行が秘かに進行しているなんて知りませんでした。

    なんとしても阻止しなければなりません。

  • 名無しさん2013/01/07

    大阪府も堺市も古墳群の「世界遺産」への登録を以前から進めていますが、これは紛れもなく天皇家の陵墓に対する破壊行為に他なりません。

    遺産ではなく現在も脈々と受け継がれている代々の墓であり、文化、歴史、魂です。

    世界遺産登録されると宮内庁から文科省の管轄になり、いわゆる文化歴史調査の名目で「墓荒らし」が堂々と行われ、天皇家を辱めることになります。

    これらの行為には断固反対します。

  • 名無しさん2013/01/07

    陵の破壊は許し難い。国会での質問を期待します。

  • 名無しさん2013/01/07

    最高の評価良いの上、優であると思う。いつも拝読させて頂いて御指導得ています。現在は沖縄の地より、清水孝

  • 名無しさん2013/01/07

    意見を言わないことは了解したことになると思います。頑張って下さい

  • 名無しさん2013/01/07

    宮内庁ばかりでなく外務省各省庁の50〜60の世代さらにその下は当然もっとひどいのだが、戦後教育の育てたポコペンが山ほどいる、孫裂き某、田中均、岡本行雄、外務省は目立つが、無数の同類がパンパイヤのように広がっているはずだ、統治が矯正し教育で新世代を育てる、それしかない。がんばれ真吾!

  • 名無しさん2013/01/07

    メルマガ有り難うございます。極悪強盗匪賊シナ、売春婦派遣強盗匪賊韓国の毒ウィルスに犯され続ける「魂の抜け殻」日本の政治家、官僚の反日売国国賊の人でなし達を始末するには、「売国行為禁止法」「国家反逆罪法」「スパイ防止法」の早期の制定が望まれる。西村先生に懇願します。

  • 名無しさん2013/01/07

    至急仁徳天皇陵の開発は中止すべきだと思います。本当にありえない行為です。民主党とそれに与した宮内庁に不信を覚えます。

  • 名無しさん2013/01/07

     西村先生の発した大声は、日本の皇統を守らんとする魂からの声だ。その声をきっかけに、全国通々浦々から日本人の魂からの声が上がります。君側の奸は排除せねば。

  • 名無しさん2013/01/07

    西村先生頑張ってください。宮内庁の改革に。

  • 名無しさん2013/01/07

    偽りの名目で工事を進めるとは、宮内庁が隠しているのは何なのか。実際は何を企んでいるのか。宮内庁に語らせたいものです。

    靖国神社への放火も、真の狙いはご門の「菊華紋章」を燃やすことであったから、ご紋章の周りに点々と油染みがのこされています。だが、マスコミは故意に門柱の根元だけを映像として流すだけで、放火犯の真の狙いを報道しません。

    皇室への侮辱がこの放火事件の核心なのです。

    宮内庁が御陵を嘘偽りの名目で「開発」するとは、この放火犯と同様な「皇室毀損」の目的を持つと推察されます。

    西村さんには、是非頑張って衆目をこの件に集め、宮内庁を糾弾して戴きたいと切望します。

  • 名無しさん2013/01/07

    堺市が世界遺産登録を試みていると聞きます。世界遺産になれば人がある程度は入れるようにしないといけなくなります。ほかに考古学などなど、様々な理由をもって陵墓が荒らされていく可能性があります。恐ろしいですね

  • 名無しさん2013/01/06

    宮内庁によるこうした破壊活動の実態が良く分かりました。国民の信託を受けたのは西村先生です。是非、我が国の歴史と伝統を守ってくださるようお願い申し上げます。