その他健康

自宅で、簡単に肩こりや、首のこりをなおす方法

肩こりや、首のこりは、薬や貼り薬がなくても、
自宅で簡単になおすこと出来ます。


全て表示する >

今日の肩こり解消法は、呼吸の「5秒ー10秒ルール」です。

2012/03/01

毎日の仕事、人間関係からストレスが続くと、
次第に体がこわばってきます。

体がこわばってくると、
肩のコリや節々の痛みとなって現れます。

ストレス時の呼吸は、あなた自身、自覚しませんが、
浅く早くなっています。

こんな時は、呼吸を変えてみてください。
何も特別なことではなく、
少しだけ呼吸に焦点を合わすだけです。

私たちは、とくに呼吸を意識することはありません。
早くなっているか、浅いかなんて気にもしません。

普段、何も気にすることのない呼吸に焦点をあわせ、
肩こりをを改善していきます。

呼吸法のルールは、「5秒ー10秒ルール」です。
これは、時計の秒針を見ながら行います。

5秒ー10秒ルールとは、
「5秒で吸って、10秒で吐く」ことです。
これを20回繰り返すだけです。


ストレスを感じているとき、夜寝るまえなど、
浅い呼吸から、深い呼吸へ切り替えます。

「5秒ー10秒ルール」は、2つのパターンがあります。

1つは、
初めて「5秒ー10秒ルール」をおこなう場合です。
一気に、
「5秒ー10秒」ルールは厳しいという人のための方法です。

まず、5秒で息をゆっくり吸います。
それから、10秒でゆっくりと息を吐きます。

その後、「調息=普通の呼吸」を一つします。

それから、5秒で息をゆっくり吸い、
10秒でゆっくりと息を吐きます。

この繰り返しを、20回繰り返します。


2つ目は、

5秒で息をゆっくり吸い、10秒でゆっくりと息を吐きだす。

これを、20回繰り返します。
時間で言うと、ちょうど20分です。

ストレスを感じているとき、肩が凝っていると感じているとき、
この呼吸法を実行してみてください。

驚くほど、すっきりしてきます。

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2011-04-01  
最終発行日:  
発行周期:毎週火曜日  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。