政治・経済

にわか日本好きが選ぶ、気になるニュース

気になるニュースを思うまま書いてます。
元ネタは、
青山繁晴さん、
三橋貴明さん、藤井聡先生、西田昌司先生、
メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』などです。

日本が再生しますように。

全て表示する >

大平正芳(元首相)「政治は60点じゃないといけない」 保守とリベラルは大変相性がいい

2017/10/21

本日の気になるニュースです。

●大平正芳(元首相)「政治は60点じゃないといけない」 保守とリベラルは大変相性がいい
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/blog-entry-5220.html


いよいよ明日が投票ですね。

保守派と思われている方には、
とても共感できるのではないと思う記事を参考ご紹介します。

「報道ステーション」のコメンテーターでもお馴染みの、
東工大教授で政治学者の中島岳志さんのインタービュー記事です。


◯「リベラル」の逆は「保守」ではなく…歴史に耐えるものさしで、
中島岳志さんと現代日本を読み解く政治学
10/20(金) 江川紹子
https://news.yahoo.co.jp/byline/egawashoko/20171020-00077161/

<<保守は、「こうすれば必ずうまく行く」という左派的な思想はとりません。
だから、丁寧に合意形成をしていくんですね。

なぜかというと、保守政治家には「自分も完全ではない」という認識がある。

間違っているかもしれない。
だから、いろんな人たちの意見を聞いてみよう、と。

少数者の意見に「なるほど」と思えば、
その意見を反映して合意形成をしながら一つ一つやっていく。

これが伝統的な保守政治家のスタイル。
だから、「議論」とか「対話」を重視してきた。

 僕が尊敬している大平正芳(元首相、故人)は、
「政治は60点じゃないといけない」と言っています。

いろんな人の話を聞きながら、
60点くらいに収めるのが、実は一番正解に近い、と。

だから彼は社会党や共産党の話も聞いて合意形成をしていった。
その方が、相手も納得して秩序が安定的に続くだろう、という考えたんですね。


 そう考えていくと、果たして安倍さんは保守なんだろうか。

国会を議論の場と考えず、言い勝てばいい、
というのは、保守の態度ではない。

安倍さんは、中国を嫌っているようですが、
安倍さんと中国共産党は両方ともリベラルから遠いという点では、実は似ている。

 保守は自己に対する懐疑もあってリベラルな態度をとるんです。
実は、保守とリベラルは大変相性がいい。>>


大平正芳元首相の「政治は60点じゃないといけない」は、
私もとても共感しました。

中島岳志さんのことは、
あまり知らなかったのですが、
今回の衆議院選挙では、共産党を応援されています。

参考:

「本当の保守主義を貫くと共産党と共鳴する時代」東工大教授 中島岳志さん
https://ameblo.jp/takumiuna/entry-12260954716.html


緊急対談 衆院選で問われる日本政治の新しい対決軸、
リベラル陣営のリアリズムとは(山下芳生×中島岳志)
http://www.kinyobi.co.jp/kinyobinews/2017/10/14/news-7/


西部邁先生もはっきりと
「安倍首相は「真の保守」ではない」と言われていますので、
保守派のなかでも、安倍首相の評価は、かなり変わってきましたね。

ダイヤモンド・オンライン 2017.10.3
安倍首相は「真の保守」ではない!西部邁氏が迷走政治を一刀両断
http://diamond.jp/articles/-/144344


他に、今回の選挙で、
立憲民主党、共産党を応援されている人といえば、

小林よりのりさんですね。

小林よしのり2017年10月16日 14:08一に立憲民主党、二に共産党
http://blogos.com/article/252693/

枝野さん、辻本清美さんの応援演説までされるとは、
一線を超えましたね(笑)

私も、以前は、
小林よりのりさんの変節に失望した一人なのですが、
今はとても共感します。

次に、郵政民営化反対で頑張られ、
民主党政権時代に、売国的政策をストップしてくれた
亀井静香先生ですが、今回で引退されました。

その亀井さんも、辻本清美さんを応援されています。

亀井静香氏、辻元清美氏を激励「初の女性総理なれる」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171017-00000122-dal-ent


辻本清美さんのことも、
私は、一番キライな政治家という感じでしたが、
この記事を読んでから、ちょっと印象が変わりました。

文春オンライン 2017/04/01
○渦中の辻元清美に訊く「デマと保守」
http://bunshun.jp/articles/-/1908

この記事のなかで、

小林よしのりさんと「なんか最近、波長が合うんですよ(笑)」

と書かれています。

そうなんですよね。

私も、最近、
小林よしのりさんと辻元清美さんに波長が合うです。(笑)

是非、一度、先入観を持たずに読んで見てください。

この選挙の結果が、
日本にとって、良き方向に進みますように。



規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2011-03-31  
最終発行日:  
発行周期:毎日  
Score!: 96 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。