トップ > マネー・政治・経済 > 政治・経済 > にわか日本好きが選ぶ、気になるニュース

気になるニュースを思うまま書いてます。
 元ネタは、
青山繁晴さん、
三橋貴明さん、藤井聡先生、西田昌司先生、
メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』などです。 

日本が再生しますように。

RSS


メルマガの登録・解除

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。



北朝鮮の羅津(ラジン)港は、ロシアの生命線  

発行日:4/25

本日の気になるニュースです。

●北朝鮮の羅津(ラジン)港は、ロシアの生命線  
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/blog-entry-5200.html



4/15(土)の正義のミカタでは、中村逸郎先生が
【今年秋、ウラジオストクで、【米ー露ー朝】の三者会談が開催!?】
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/blog-entry-5198.html

というトンデモ解説をして、
出演者から、ちょっと笑われていましたが、

中村逸郎先生が2週連続で登場された
4月22日(土)の正義のミカタでは、

【今年秋、ウラジオストクで、【米ー露ー朝】の三者会談が開催!?】
の裏付けとなる解説をされていました。

すぐに消えると思いますが、今なら動画で見れます。(32分20秒〜)
https://www.youtube.com/watch?v=hubLib4tDnE&t=32m20s


先週は、北朝鮮問題に、プーチンはあまり関係ないでしょう?
という雰囲気でしたが、

今回は、出演されいた皆様もかなり納得されていました。


【プーチン大統領が北朝鮮を手放せない3つの理由】


ほとんの人が気づいていないと思います。
こんな内容です。


1.プーチン大統領は北朝鮮で
  最初の成功体験をしたから

 =>2000年 プーチン大統領が就任して、
   初めて外遊したのが【北朝鮮】

  北朝鮮の核・ミサイル開発が議題になる
  2000年に開催された沖縄サミットへ

  各国首脳がプーチンの独自情報を待ち望む形に!


2.北朝鮮は長年かけて育て上げた
   我が子同然だから

 => 2011年以降、ロシアが北朝鮮に大量のプルトニウムをプレゼント?!
   北朝鮮を外交カードに使うために、核保有のならず者国家にしたてた?   


3.北朝鮮にはロシアにとって
  生命線となる港があるから

 =>ロシアが実質支配する 北朝鮮の羅津(ラジン)港

この情報は本当にびっくりすると思いますので、
動画で是非チェックしてください。49分7秒あたり〜
(すぐに消えると思います)
https://www.youtube.com/watch?v=hubLib4tDnE&t=49m07s


この北朝鮮の羅津(ラジン)港について、
今週、ニュースがでました。


<<朝日新聞デジタル 2017年4月23日

◯北朝鮮―ロシア極東に定期航路 万景峰号を使用
http://www.asahi.com/articles/ASK4Q5FLVK4QUHBI016.html


<<核・ミサイル開発を進める北朝鮮に対し、米国が中国も巻き込んで圧力をかける中、
北朝鮮のロシア依存が強まる可能性がある。

 運航するのは、ロシアの物流会社「インベスト・ストロイ・トレスト」。
北朝鮮北東部にある羅先(ラソン)経済特区にある羅津(ラジン)港と、
ウラジオストクを月6回往復する計画だ。>>


北朝鮮とロシアとの密接な関係は、
下記の記事もご参考にどうぞ

===
◯プーチンと金正恩の関係をトランプも意識!?ロシアと北朝鮮の繋がりは?
https://chanare.com/archives/961

◯北朝鮮の港はロシア海軍の軍港となるか  (辺真一 2015/2/2)
https://news.yahoo.co.jp/byline/pyonjiniru/20150202-00042739/

◯ロシア、北朝鮮に天然ガス供給へ  (中央日報日本語版 2015年04月18日)
http://s.japanese.joins.com/article/204/199204.html

◯北朝鮮 羅先経済特区を徹底取材(2)
http://kodawarijournalist.blog.fc2.com/blog-entry-58.html
===

で、中村逸郎先生のミカタは、

プーチンは、朝鮮戦争リスクがMAXになったときに、
責任は、全て習近平になすりつけて、、、
直接、金正恩と話し合い、解決するのではないかと。

こうなると、本当にすごいですね。。


私も今後のシナリオを考えてみますと、、、


朝鮮戦争が起こる可能性ですが、
冷静に考えると、今すぐではないと思います。


何故なら、
【非戦闘員退避がまだ発令されていない】から、

参考:
◯今すぐ北朝鮮攻撃はない、浮き足立たず有事に備えよ
日本に求められるのは楽観論、悲観論を排したリアルな議論
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/49767


それに、トランプは、
韓国大統領選挙の結果は、待つと思います。
(フランス大統領選挙の結果も待つでしょう)

拙ブログ参考:2017/04/14
●【朝鮮危機】5月9日のデットラインが延期? 
韓国大統領選挙で【米韓工作】の巻き返しか?
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/blog-entry-5197.html


そして、韓国大統領選挙では、
親北候補が敗北すると思います。


そうなると、逆に、アメリカは同盟国の韓国を守りに入ると思うので、
ソウルが火の海になる可能性がある先制攻撃は極力さけるでしょう。



金正恩も、アメリカは攻撃できないだろうと判断して、
「核実験」をやるような気がします。


しかし、そんなことするから、

トランプが【非戦闘員退避の発令】を出して、
緊張感がMAXになったところで、


プーチンが登場するのではないかと。


プーチンから金正恩への提案は、
金政権を平和的に延命させ、経済的にも発展させる、というので、

こんな感じでどうでしょうか?


1)北朝鮮は、核も化学兵器も長距離ミサイルも手放せ!
  その代わりに、ロシア軍が北朝鮮に駐在し、北朝鮮を守る
 
 ロシアー北朝鮮で日米同盟のような関係を作れば、
 アメリカや中国は攻撃してこない

 これで安全は確保できる。
 (北朝鮮の港はロシア海軍の軍港となる。)


2)すべての日本の拉致被害者を帰国させろ!
  その代わりに、日本から経済援助を引き出す。

  羅津(ラジン)港をロシア・北朝鮮と日本との貿易の入り口として、
  最大限に活用する。

  しかし、日本は、拉致問題、北方領土問題を抱えたままでは、
  北朝鮮、ロシアへの経済協力がスムーズに実行されない可能性がある。

  ロシアは北方領土は返還する気はないから、
  北朝鮮の拉致問題は解決させる。

  これで、北朝鮮の経済も改善される。
  (「日ロ経済協力プラン」もスムーズに実行され、ロシア経済も復活)

どうでしょうか?

こんな風になれば、
金正恩を含めても、世界的に落ち着くような気もするのですが・・・

日本にとっても、中国ーロシアが対立するのは悪いことではないですし、
拉致問題も、今よりは進展させやすいような気がします。


どうか戦争だけは回避されますように。

最新の記事

ブックマークに登録する

TwitterでつぶやくLismeトピックスに追加するdel.icio.usに追加Buzzurlにブックマークニフティクリップに追加Yahoo!ブックマークに登録記事をEvernoteへクリップ
My Yahoo!に追加Add to Google

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。


この記事へのコメント

コメントを書く


上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。
コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  1. コメントはありません。

このメルマガもおすすめ

  1. Japan on the Globe 国際派日本人養成講座

    最終発行日:
    2017/06/18
    読者数:
    13242人

    日本に元気と良識を。歴史・文化・政治・外交など、多方面の教養を毎週一話完結型でお届けします。3万8千部突破!

  2. 宮崎正弘の国際ニュース・早読み

    最終発行日:
    2017/06/20
    読者数:
    24332人

     評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

  3. 頂門の一針

    最終発行日:
    2017/06/23
    読者数:
    5714人

    急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

  4. 甦れ美しい日本

    最終発行日:
    2017/06/16
    読者数:
    7042人

    日本再生のための政治・経済・文化などの発展・再構築を目的とし、メールマガジンの配信を行う

  5. 鍛冶俊樹の軍事ジャーナル

    最終発行日:
    2017/06/15
    読者数:
    3256人

    航空自衛隊出身の軍事ジャーナリストが内外の軍事情勢を多角的に分析する。メルマ!ガ オブ ザイヤー2011受賞

発行者プロフィール

過去の発行記事