トップ > マネー・政治・経済 > 政治・経済 > にわか日本好きが選ぶ、気になるニュース

気になるニュースを思うまま書いてます。
 元ネタは、
青山繁晴さん、
三橋貴明さん、藤井聡先生、西田昌司先生、
メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』などです。 

日本が再生しますように。

RSS


メルマガの登録・解除

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。



今年秋、ウラジオストクで、【米ー露ー朝】の三者会談が開催!?

発行日:4/16

本日の気になるニュースです。

●今年秋、ウラジオストクで、【米ー露ー朝】の三者会談が開催!?
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/blog-entry-5198.html

昨日はなんとか、北朝鮮の核実験はありませんでした。。良かった。

とは言え、
昨日の「正義のミカタ」で、辺真一先生も解説されてましたが、
https://www.youtube.com/watch?v=Uldf8n6Mtc0 (再生回数11万!)

昨日(4/15)の「金日成の生誕105周年記念日」は、
祝賀ムードがあるので、核実験の可能性は低いと。

次は、4月23日あたりが危ないそうです。


遠藤健太郎先生の本日のブログでは、
http://endokentaro.shinhoshu.com/japan/post4686/

目下北朝鮮には、海外の報道各社記者たちが取材のために招かれているので、
その最中には、朝鮮戦争が再開されることはないだろうと。


そして、昨日の拙ブログで紹介したとおり、
韓国大統領選挙の情勢次第では、5月9日までの危機も延期されるかも知れません。


●【朝鮮危機】5月9日のデットラインが延期? 
韓国大統領選挙で【米韓工作】の巻き返しか?
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/blog-entry-5197.html


ただし、それらは一つの山を超えたに過ぎません。

最終的に、金正恩が「降りる」まで、危機は続きます。


本日の三橋貴明さんのブログ記事より、

◯北朝鮮危機と、フランス大統領選挙
http://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-12266052410.html

<< もっとも、北朝鮮危機は第一の山を越えたに過ぎません。
最終的に、金正恩が「降りる」まで、危機は続きます。

 「降りる」とは何かといえば、

例えば「核放棄と引き換えに、アメリカと国交正常化する」といった交渉を始めることです。

正直、北朝鮮というよりは「金王朝」の存続のためには、
核放棄やミサイル放棄と引き換えに、
アメリカに「庇護」を求めるしかないと思います。

 金正恩が「金氏朝鮮」の存続のためには、
手段を選ばない(張成沢銃殺、金正男暗殺)人物であることは明らかです。

核開発にしても、ミサイル開発にしても、
金氏朝鮮存続のための「カード」作りに過ぎないわけです。


 東アジアを騒乱に巻き込まないためにも、戦乱で日本人が死なないためにも、
早期の段階で「降りる」という選択をして欲しいと、切に願っています。>>



金正恩が「降りる」シナリオが作れるのか?


昨日の「正義のミカタ」の解説でも、
https://www.youtube.com/watch?v=Uldf8n6Mtc0


習近平には、北朝鮮をコントールする力がないそうです。
これは満場一致の意見ですね。


そこでですが、

04/09の拙ブログでは、このように書きました。

●アメリカ・国際社会が望んでも、
習近平には北朝鮮に中国の傀儡政権を作らせる力がない?
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/blog-entry-5194.html


<<
ところで、日本では、プーチンがシリア攻撃の会議を実は開催してないのでは?
という話題が出ています。どうなんでしょうか?
http://www.asahi.com/articles/ASK4800MZK47UHBI05K.html

シリア攻撃も、トランプ−プーチン間で事前にネゴってくれていると
少し安心なのですが・・

こうなったら、
プーチンに「金一族の亡命」を斡旋してもらいです。

これができれば、プーチンは、
習近平にも、トランプにも貸しができると思いますが・・・
>>


そう、習近平がだめなら、
プーチンに頼るしかないような気がします。


で、昨日の「正義のミカタ」では、久々に
中村逸郎先生のおもしろ(笑)解説でした。

それが、

【今年秋、ウラジオストクで、【米ー露ー朝】の三者会談が開催!?】


この場面だけでも、是非御覧ください。 (54分40秒あたり)
2分くらいです。

教えてニュースライブ!正義のミカタ 2017年4月15日 170415
https://www.youtube.com/watch?v=Uldf8n6Mtc0&t=54m40s


辺真一先生ほか、その他の先生も笑いながら賛同されていました。(笑)


しかし、確実なのは、
 
【金正恩は、習近平が嫌い】 (習近平は仲介役になれない)

【北朝鮮は、プーチンを頼りにしている】 (祝辞は一番に読まれる)

【中露】を分断できる。(日本にとっても良い)


何より、これが実現できれば、
プーチンの世界での存在感はさらに増す! (プーチン自身のメリット大)


これまで、朝鮮危機では、プーチンが目立っていませんが、
裏では何かを画策していると思います。


なので、

【今年秋、ウラジオストクで、【米ー露ー朝】の三者会談が開催!?】

アリだと思います!!


プーチンさん、世界平和のために、頑張ってください!!


最新の記事

ブックマークに登録する

TwitterでつぶやくLismeトピックスに追加するdel.icio.usに追加Buzzurlにブックマークニフティクリップに追加Yahoo!ブックマークに登録記事をEvernoteへクリップ
My Yahoo!に追加Add to Google

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。


この記事へのコメント

コメントを書く


上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。
コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  1. コメントはありません。

このメルマガもおすすめ

  1. Japan on the Globe 国際派日本人養成講座

    最終発行日:
    2017/06/18
    読者数:
    13242人

    日本に元気と良識を。歴史・文化・政治・外交など、多方面の教養を毎週一話完結型でお届けします。3万8千部突破!

  2. 宮崎正弘の国際ニュース・早読み

    最終発行日:
    2017/06/20
    読者数:
    24332人

     評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

  3. 頂門の一針

    最終発行日:
    2017/06/23
    読者数:
    5714人

    急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

  4. 甦れ美しい日本

    最終発行日:
    2017/06/16
    読者数:
    7042人

    日本再生のための政治・経済・文化などの発展・再構築を目的とし、メールマガジンの配信を行う

  5. 鍛冶俊樹の軍事ジャーナル

    最終発行日:
    2017/06/15
    読者数:
    3256人

    航空自衛隊出身の軍事ジャーナリストが内外の軍事情勢を多角的に分析する。メルマ!ガ オブ ザイヤー2011受賞

発行者プロフィール

過去の発行記事