トップ > マネー・政治・経済 > 政治・経済 > にわか日本好きが選ぶ、気になるニュース

気になるニュースを思うまま書いてます。
 元ネタは、
青山繁晴さん、
三橋貴明さん、藤井聡先生、西田昌司先生、
メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』などです。 

日本が再生しますように。

RSS


メルマガの登録・解除

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。



【朝鮮危機】5月9日のデットラインが延期? 韓国大統領選挙で【米韓工作】の巻き返しか?

発行日:4/14

本日の気になるニュースです。

【朝鮮危機】5月9日のデットラインが延期? 
韓国大統領選挙で【米韓工作】の巻き返しか?
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/blog-entry-5197.html

朝鮮情勢、本当に目が離せません。


先日の米軍のシリア攻撃を見て、
そんなに被害者も出てないし、金正恩の斬首作戦をやってしまえば?
と思っている方もおられるかも知れませんが・・・


シリアと北朝鮮では全然違うのです。


本日(2017/4/14)ロシア政治経済ジャーナルの記事読みました。


【RPE】★韓国が焦土になっても・・アメリカの北朝鮮攻撃、究極の選択とは?
http://archives.mag2.com/0000012950/20170414000000000.html



【究極の選択】とはこれです。


【北朝鮮が、アメリカ本土を核攻撃できる能力をもつことを容認するか?】

  or

【韓国人が150万人犠牲になることを覚悟して、核兵器、ミサイルを破壊するか?】



同盟国の【韓国人が150万人犠牲】



当然、韓国だけでなく、日本も甚大な被害が広がります。


こちらの記事も衝撃的です。


デイリー新潮 4/13(木) 8:00配信

○金正恩「斬首作戦」 実行ならば日本経済も打ち首に
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170413-00519749-shincho-kr&p=1

<< それ以上に、作戦が成功し、金王朝が崩壊しても、
 政情不安は否めず「少なく見積もって5万人、最大で20万人」(前出・志方氏)
と言われる難民が日本海を渡って押し寄せ、その財政リスク、治安リスクは未曾有のものとなる。


 何より、大量破壊兵器の限定攻撃が完遂しなかったケースが最大の問題で、先の潮氏は言う。


「北は必ず報復のミサイル攻撃をしかけてくる。
 韓国だけでなく、日本にも及ぶ可能性は十分です。

 今の北朝鮮は複数のミサイルを同時に同じ場所に撃ち込むことができる。

 しかし日本の迎撃システムで撃ち落とせる確率は1発につき80〜90%。

 もし北が20発のミサイルを撃ってきたら、
 中のどれかが日本に落ちる可能性は極めて高いのです」


 2003年、著書『ウォー・シミュレイション』の中で、
 経済産業研究所のマイケル・ユー氏らはヘリテージ財団のデータを基に、
 北朝鮮が東京に核ミサイルを落とした時の被害を試算。


 それによれば、死者は最大42万人――。


 アメリカが狙う金正恩の首。
 その成否は、実は日本そのものの生殺与奪を握っているワケなのである。>>



仮に「斬首作戦」が大成功しても、

「少なく見積もって5万人、最大で20万人」
と言われる難民が日本海を渡って押し寄せる。。。



なんとしても、戦争が回避されますように。。。


そのXデイですが、前述の「デイリー新潮」の記事には、


<<「4月、北朝鮮では、金日成生誕105周年や、軍創設85周年などの記念日がある。
 得てして北はこうした時にアメリカに挑発的な軍事行動を起こしがち。

 さらに、5月頭には韓国で親北政権が誕生する見込みです。

 トランプが事を起こすなら、その前の方が障害は少ない」 >>


その5月9日の韓国大統領選挙で、
親北政権の誕生が確実視されていたのですが、


ここに来て急変しています。


○韓国大統領選支持率 安哲秀氏が文在寅氏を逆転
http://www.wowkorea.jp/news/korea/2017/0409/10187731.html


安哲秀氏が大統領になれば、急速な親北政権の誕生は免れそうです。


そうなればアメリカとしても、
5月9日のデットラインを延期できる選択肢を得られると思います。



昨日(4月13日)の遠藤健太郎先生のブログ記事です


○北の対韓工作にほころびが
http://endokentaro.shinhoshu.com/japan/post4682/


<<韓国国内で、米軍による北朝鮮攻撃が今月二十七日の新月の夜に
始まるのではないかとの憶測が飛び交っています。

この報道の中で、見解を求められた多くの有識者が否定しましたが、
決して「事前に日程が漏れることはない」といった理由ではなく、
否定されるべき本当の理由は、
五月九日の韓国大統領選挙が終わらないうちに攻撃が始まることはないからなのです。


 ここで何度も申してきたように(なぜか日本ではそこまで報じられませんが)
「北朝鮮の政治人」を公言している文在寅候補が当選すれば、

米国は韓国を犠牲にするのも厭わなくなります。

 その場合、北朝鮮は文次期政権と結託して韓国を滅ぼし、
 わが国へ弾道弾を撃ち込んでくるかもしれません。
(よって四月の講演会は大丈夫ですが、五月十三日予定の講演会は、中止になる可能性があります)


 しかし、もし安哲秀候補が当選すれば、米国は韓国を守る方針に転じるでしょう。


北朝鮮も、韓国に仕掛けた文政権誕生工作の失敗を認めざるを得ません。

そうすれば、米朝の軍事的衝突もなくなるでしょう。>>



実際、米韓が巻き返しているのでしょうか?


こちらのニュース ↓

○産經新聞:【朴槿恵氏逮捕】“善意の告発人”のはずが…崔被告の元側近を拘束 
元首席秘書官の逮捕状は棄却
http://www.sankei.com/world/news/170412/wor1704120054-n1.html


崔被告の疑惑を最初にメディアに告発した人物で、
野党議員らから「善意の告発者」としてもてはやされたのに、、、


この記事に対しての前述の遠藤健太郎先生のブログ記事の続きです。
http://endokentaro.shinhoshu.com/japan/post4682/


<<そこで見えてきたのが、いわゆる「崔順実ゲート事件」
の最初の告発者がついに検察に身柄を拘束されたことから、
ひょっとすると朴槿恵前大統領逮捕の正体をこそ告発できるかもしれないということです。

 私は一貫して、朴前大統領の弾劾騒動から罷免、逮捕の全てが北朝鮮の工作だと申してきました。

十五日の講演会で詳しく申しますが、ここでも文字にできる日が来るかもしれません。

いえ、今懸命にそのような日が来るよう米韓が巻き返しを計っているからこそ、
崔被告の元側近に司直の手が伸びたのです。>>



そうあってほしいですね。


日本としても、この韓国大統領選挙は安哲秀候補を応援したいですね。


日本でそういう世論になれば、
在日韓国人の方も多い訳なので、韓国大統領選挙の結果にも影響を与えられると思います。


安哲秀候補、戦争回避のためにも頑張ってください!!

最新の記事

ブックマークに登録する

TwitterでつぶやくLismeトピックスに追加するdel.icio.usに追加Buzzurlにブックマークニフティクリップに追加Yahoo!ブックマークに登録記事をEvernoteへクリップ
My Yahoo!に追加Add to Google

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。


この記事へのコメント

コメントを書く


上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。
コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  1. コメントはありません。

このメルマガもおすすめ

  1. Japan on the Globe 国際派日本人養成講座

    最終発行日:
    2017/06/18
    読者数:
    13242人

    日本に元気と良識を。歴史・文化・政治・外交など、多方面の教養を毎週一話完結型でお届けします。3万8千部突破!

  2. 宮崎正弘の国際ニュース・早読み

    最終発行日:
    2017/06/20
    読者数:
    24332人

     評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

  3. 頂門の一針

    最終発行日:
    2017/06/23
    読者数:
    5714人

    急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

  4. 甦れ美しい日本

    最終発行日:
    2017/06/16
    読者数:
    7042人

    日本再生のための政治・経済・文化などの発展・再構築を目的とし、メールマガジンの配信を行う

  5. 鍛冶俊樹の軍事ジャーナル

    最終発行日:
    2017/06/15
    読者数:
    3256人

    航空自衛隊出身の軍事ジャーナリストが内外の軍事情勢を多角的に分析する。メルマ!ガ オブ ザイヤー2011受賞

発行者プロフィール

過去の発行記事