トップ > マネー・政治・経済 > 政治・経済 > にわか日本好きが選ぶ、気になるニュース

気になるニュースを思うまま書いてます。
 元ネタは、
青山繁晴さん、
三橋貴明さん、藤井聡先生、西田昌司先生、
メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』などです。 

日本が再生しますように。

RSS


メルマガの登録・解除

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。



朝鮮戦争回避のために、【江戸城無血開城】を参考に

発行日:4/12

本日の気になるニュースです。

●朝鮮戦争回避のために、【江戸城無血開城】を参考に
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/blog-entry-5196.html


朝鮮半島情勢は本当に恐怖感を感じます。

最近の米軍の行動には、ちびりそうになります。

米、水上戦闘群も空母カール・ビンソンに合流か 対北軍事圧力を強化
http://www.sankei.com/world/news/170410/wor1704100040-n1.html


トランプは、政治の素人だから、
本当に戦争を始めるかも知れない。という見方もありますが、

例えば、こういう感じです。

◯トランプのシリア爆撃、たった2枚の写真に騙された可能性
http://www.mag2.com/p/news/245831


しかしですよ、このようなわかりやすい圧力は、
本当に戦争に突入する準備というより、
戦争をギリギリ回避するためでないかと思います。


例えば、本日の遠藤健太郎先生のブログに書かれていますように、

◯米海軍半島移動予告の意味
http://endokentaro.shinhoshu.com/japan/post4677/

<<米海軍原子力空母がわざわざ予告して朝鮮半島に向かったということは、
具体的な武力行使の段階ではなく、あくまで外交の段階だと分かります。>>


私もそのような気がします

今回のシリア空爆に対しては、
アメリカ国内の反対も少なかったですし、
ロシア、シリアの反対声明も、比較的に弱いと感じます。

事前にトランプは、プーチンには根回しして、
シリアにも伝えていたのではないかと思います。


南木隆治さんのこちらのブログ記事に
書かれていることに、私の予想も近いです。

◯「トランプ大統領が今回の軍事作戦(アサドへのトマホーク攻撃)
で得られたトリプル以上のメリット
http://star.ap.teacup.com/minaki/263.html



で、私が思い出したのは、
江戸城の無血開城の勝海舟と西郷隆盛の交渉です。

この二人も最初から、
「仲良く話し合いで解決しましょう!」とやった訳でないはずです。


「そっちがやるなら、こっちもやり返すますよ」
という準備をして交渉に臨んだはずです。


こちらのブログを参考にしますと、

江戸城無血開城
http://www.saigo-takamori.net/archives/124


<<[交渉決裂に備えた勝海舟]

勝海舟にとって江戸城開城は余裕のない崖っぷちプランでした。

それは勝の別の行動からもわかります。
西郷との交渉が決裂した場合に備えて、
江戸の町と民の犠牲を最小限に食い止める策を準備していたと伝えられています。

1) 江戸城と江戸の町に火を放ち、進軍を防ぐ。その隙をねらって新政府軍に奇襲をかける。
2) 江戸湾に集結させた船に江戸市民を乗せて房総へ避難させる。
3) 徳川慶喜を外国へ亡命させる。

1)は過激ですね〜。
上記すべての真偽は不明ですが、
勝海舟はこれほどの準備をして臨んだからこそ、交渉を成立させることができたのでしょう。>>



【江戸城と江戸の町に火を放ち、進軍を防ぐ】

これは口先だけでなく、実際にその準備をしていたようです。

そこまで準備して、交渉した結果が、【江戸城無血開城】なんです。


なので、アメリカの同盟国の日本も
歩調を合わせて、北朝鮮にプレッシャーを掛けるべきだと思います。

本日の三橋貴明さんのブログ記事です。

「万が一」を考えるべき北朝鮮危機
http://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-12264589691.html

<<本日、北朝鮮では最高人民会議が招集され、
4月15日に「金日成主席の生誕105周年」という記念日を迎えます。
やはり、4月15日が一番危ないと思います。

 具体的には、4月15日に核実験を強行し、アメリカがミサイル攻撃、爆撃を実施。
報復に、北朝鮮側がソウルを砲撃するという可能性です。

 ちなみに、わたくしは連日、北朝鮮危機を取り上げていますが、
別に煽っているつもりもありませんし、
「危機が深刻化して欲しい」と思っているわけでもありません。


 北朝鮮危機が穏便に解決すれば、「ああ、良かった」というだけの話であり、
「何だ、三橋が散々煽っていたけど、何も起きなかったじゃないか。嘘つき!」
 と、言われても別に平気です。「ああ、良かった」と思うだけです。

 すでに、韓国では、
「4月末に米が北朝鮮を攻撃」
「一部の外国系企業が避難計画を立てている」
「外国系の企業数社で
『有事に備え、韓国国内の資産と人員の撤退計画を点検せよ』という指示が出た」
 といった「噂」が飛び交っています。

 念のため、一時的に韓国から人員を撤退させたい企業も、
それはもちろんあるでしょう。と言いますか、今は「万が一」を考えるべき段階です。

 だからこそ、外務省に危険情報を出してほしいのです。
外務省が危険情報を出せば、「万が一」を考える企業が動き、多くの国民が助かるかも知れません。>>


私も韓国に危険情報を出してほしいです。

平和ボケ国家の日本がそのような行動に出れば、
北朝鮮の金正恩へも相当なプレッシャーにもなるでしょうし、
金一族の亡命の可能性も出てくると思います。


日本の政治家の皆様、
戦争回避のためにも、朝鮮有事の準備をしっかりしてください!

最新の記事

ブックマークに登録する

TwitterでつぶやくLismeトピックスに追加するdel.icio.usに追加Buzzurlにブックマークニフティクリップに追加Yahoo!ブックマークに登録記事をEvernoteへクリップ
My Yahoo!に追加Add to Google

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。


この記事へのコメント

コメントを書く


上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。
コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  1. コメントはありません。

このメルマガもおすすめ

  1. Japan on the Globe 国際派日本人養成講座

    最終発行日:
    2017/06/18
    読者数:
    13242人

    日本に元気と良識を。歴史・文化・政治・外交など、多方面の教養を毎週一話完結型でお届けします。3万8千部突破!

  2. 宮崎正弘の国際ニュース・早読み

    最終発行日:
    2017/06/20
    読者数:
    24332人

     評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

  3. 頂門の一針

    最終発行日:
    2017/06/23
    読者数:
    5714人

    急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

  4. 甦れ美しい日本

    最終発行日:
    2017/06/16
    読者数:
    7042人

    日本再生のための政治・経済・文化などの発展・再構築を目的とし、メールマガジンの配信を行う

  5. 鍛冶俊樹の軍事ジャーナル

    最終発行日:
    2017/06/15
    読者数:
    3256人

    航空自衛隊出身の軍事ジャーナリストが内外の軍事情勢を多角的に分析する。メルマ!ガ オブ ザイヤー2011受賞

発行者プロフィール

過去の発行記事