政治・経済

にわか日本好きが選ぶ、気になるニュース

気になるニュースを思うまま書いてます。
元ネタは、
青山繁晴さん、
三橋貴明さん、藤井聡先生、西田昌司先生、
メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』などです。

日本が再生しますように。

全て表示する >

覚せい剤疑惑の自民党国会議員Nとパソナとのつながりは?

2017/04/04

本日の気になるニュースです。

●覚せい剤疑惑の自民党国会議員Nとパソナとのつながりは?
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/blog-entry-5193.html


今年は、丁酉→ひのとり(火の鳥)
飛鳥(アスカ)もキーワードになるかも、ということを
2/5の拙ブログで紹介しました。


●精神世界から見た、トランプのTPP離脱の意味は?ASKAの意味は?
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/blog-entry-5175.html


一部転載しますと、

<<拙ブログで、ASKAさんネタも書いているので、
ASKAさんの動きにも目が離せませんね。


パソナにまつわる政界の悪い繋がりも
ASKAさんによって、一掃されますように。祈。。。


(拙ブログ参考:2014/05/23)
●【週刊文春】ASKAと逮捕されたのはパソナ代表・南部氏の秘書!
「パソナルートも重要な捜査対象」
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/blog-entry-4331.html



(拙ブログ参考:2014/09/01)
●【ASKA事件の鍵】何故か伏せられる“第二の愛人”もパソナ南部代表と親密な関係
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/blog-entry-4484.html



(拙ブログ参考:2014/07/07)
●パソナ竹中会長が社員向けに講演
「新成長戦略は、私たちの業務につながる」そして菅官房長官を絶賛!
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/blog-entry-4415.html  >>



【パソナにまつわる政界の悪い繋がりも
 ASKAさんによって、一掃されますように。】



私のこの願いが叶うかも知れません(笑)



自民議員“薬物逮捕”の話題は、収束せずに、
むしろ、拡散してきています。


さすがに、東洋経済オンラインではまだ出てこないです。
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/blog-entry-5192.html

紹介するのは、東スポ、日刊ゲンダイですが(笑)


◯自民の薬物疑惑議員 周囲に「俺は大丈夫」などと吹聴
http://www.tokyo-sports.co.jp/nonsec/social/670741/


◯安倍首相を解散に走らせる 自民議員“薬物逮捕”の衝撃情報
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/202344



そのなかでも、本日のまぐまぐニュースのこの記事がすごいです。


◯逮捕は必至、菅官房長官が苦悩する「自民党国会議員N」の覚せい剤疑惑とは?
http://www.mag2.com/p/money/167559


<<この国会議員N氏、父親は大臣経験もあり、政治家一族出身。
ところが、その毛並みの良さにもかかわらず、何と覚せい剤使用でマークされ逮捕は必至とも。

そこで、自民党のダメージを少しでも軽くすべく、菅氏はその議員に辞職を促しているものの、
本人がクビを立てに振らないというのだ。

「ASKAの覚せい剤事件で一緒に捕まった栩内香澄美、
その知り合いの銀座のホステスが今年に入り覚せい剤使用で逮捕されたんですが、
その女性の供述で、Nの使用の話が出て来たというんです」(政界事情通)


実はこの女性、N国会議員の愛人だったとの情報もある。
また、この国会議員、パソナの・・・(続きはご購読ください。初月無料です)>>



そうこのN国会議員は、拙ブログでも登場しています。

拙ブログ:2015/02/05
●【自称「イスラム国」と日本の立ち位置】青山繁晴・中野剛志・北野幸伯
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/blog-entry-4717.html


該当部分を転載します。

<<
○後藤健二さん“殺害映像”公開の裏で、
現地対策本部・N外務副大臣は「自分の宣伝に躍起」だった?
http://www.cyzo.com/2015/02/post_20493.html


このN外務副大臣はかなり評判が悪いですよね。

大阪選出の衆議院議員で、
大阪護国神社の例大祭にも参列される保守派と見れる方だと思いますが、


遠藤健太郎先生も、N外務副大臣には、
いつも厳しいご意見です。

例えば、こちら↓

(平成27年)1月21日
http://endokentaro.shinhoshu.com/japan/post3676/

〜〜(引用はじめ)〜〜

こともあろうにN副外相をヨルダンのアンマンへ派遣し、
あろうことか安倍晋三首相がパレスチナにおける欧米認証のマフムード・アッバース氏に
情報提供を要請するという、
もはや「絶対にこの二人は助からない」という方向へまっしぐらに下っています。

(中略)

 人材派遣屋に拾われ、選挙事務所をハートマークだらけにして
高級外車に乗るしか能がないくせに、

何かの講演会で「もうすぐ第三次世界大戦が起きる」
と発言したらしい副外相を現地へ派遣して、

一体何になるとでも思っているのでしょうか。

あのような人物は、断じて何の役にも立ちません。

〜〜(引用おわり)〜〜


かなり厳しいでしょう。

N外務副大臣は、

落選時代中に、パソナにお世話になったそうです。(Wikiより)

【2009年(平成21年) 9月、株式会社パソナグループの代表補佐に就任】


で、気になるのが、

イスラエルと親密なN外務副大臣が

【もうすぐ第三次世界大戦が起きる】

と発言したことです。。


ちょっと陰謀論的ですが、、、


戦争をしたいイスラエルの思惑で、
N外務副大臣が動いていたとしたら、、、

結構、見事だと思いませんか? >>


どうでもいいですが、
今、世間の話題は大阪ばかりですね。。

私は、大阪護国神社の例大祭で、
N議員をお見かけしたことがあります。

ちなみに、塚本幼稚園の籠池さんと初めてあったのも、
大阪護国神社です。


今年の選抜高校野球の決勝も大阪対決でしたが・・・

それはどうでもいいとして、


N議員は、
【2009年(平成21年) 9月、株式会社パソナグループの代表補佐に就任】


この事実は気になります


(拙ブログ参考:2014/09/01)
●【ASKA事件の鍵】何故か伏せられる“第二の愛人”もパソナ南部代表と親密な関係
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/blog-entry-4484.html



覚醒剤疑惑の話はここまでで、

ここからは、三橋貴明さんの本日のブログ記事を紹介します。

ネタは、まさに【パソナ】です。


◯政商たちの栄華
http://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-12262421534.html


一部転載します。

<<

具体的には、行政の窓口を「派遣社員」でも可能とする規制緩和を実現し、パソナに代表される派遣会社が「行政という市場」に新規参入。利益を稼いでいくわけです。
派遣ビジネスは、人材紹介とは異なり、「永遠に抜き続けることが可能」という点で、実に美味しいビジネスなのでございます。

 あるいは、
「日本の農業は高齢化している。若者が農業に参入しないため、このままでは日本の農業は消滅する」
 といった恐怖プロパガンダを展開し、人手不足の現場に「外国人」を導入。

当然ながら、パソナに代表される派遣会社が外国人を派遣し、これまた延々と手数料収入を稼ぎ続ける。

 さらには、「一億総活躍」といった空虚なスローガンを政治家が叫び、女性を労働へと駆り立てる(別に、女性が働くことに反対しているわけではありません)。

配偶者控除もなくし、専業主婦がまるで「悪いこと」であるかのごとき、社会的な空気を醸成する。
(ちなみに、三橋は「女性が働けない社会は腐っているが、女性が働かざるを得ない社会はさらに腐っている」という価値観の持ち主です)

 専業主婦までもが職場に駆り立てられると、当然ながら「家事」「育児」が困難になっていきます。
 というわけで、外国人メイドという「新規事業」の立ち上げです。
ヒャッハーッ!!!

『外国人の家事代行  最前線ルポ なし崩し的拡大に懸念
https://mainichi.jp/articles/20170403/k00/00m/040/022000c 
 コンビニ、居酒屋、町工場……。今やありとあらゆる場所で働く外国人が、とうとう家庭にも入り始めた。

国家戦略特区では外国人による家事代行が解禁され、第1陣としてフィリピン人女性25人が3月に来日した。最前線を取材すると、政府が成長戦略の柱に掲げる「女性活躍」を外国人女性が下支えする構図が浮かんだ。

◆国家戦略特区で東京、神奈川、大阪で解禁 
 「わくわく、ドキドキし、とってもうれしく思っています」。
東京・大手町の人材派遣パソナ本社で3月21日、南部靖之パソナグループ代表が新入社員25人を前に興奮気味に切り出した。「40年前、女性の社会進出の場を作ろうと起業した。みなさんが私の夢を実現させてくれます」 

 入社式に臨んだ25人は、各自であつらえた白いシャツと黒いスーツの上下を着ている。昨年、東京都と神奈川県、大阪市で外国人家事代行サービスが解禁され、パソナのほか5社が特区内で許可を受けて事業を担う。 (後略)』

 さて、パソナの取締役会長は、ご存知の通り竹中平蔵氏です。
http://www.pasonagroup.co.jp/recruit/message/#takenaka

 この竹中氏が未来投資会議の民間人(民間議員ではありません)であり、国家戦略特区構想のキーマンであることは、皆様もご承知の通り。

 以前(2014年5月)、テレビ愛知の「激論コロシアム」で、パソナの取締役会長である竹中氏が、政府の諮問会議で影響力を発揮しているのは問題であることを、ご本人に指摘して差し上げたところ、
「無礼だ!」
 と、キレられてしまったわけですが、その後も着々と政商ビジネスは推進され、ついに外国人メイドという新規ビジネスがパソナによって始められることになったわけです。

「いや、日本で外国人メイドとか、受け入られるはずがないだろ」
 という意見は多いでしょうし、わたくしも賛同する部分がありますが、そういう問題ではないのです。

そもそも、外国人メイドなどという一種の「奴隷文化」を日本が受け入れる必要はありません。それにも関わらず、安倍政権が政商たちの思うがままに、政治を動かしているという現実自体が問題なのです。

 現在の日本は、まさに「政商たちの栄華」としか呼びようがない時代なのです。 >>


こんなことが許されるのでしょうか?


【ASKA】さんがこの「政商たちの栄華」にトドメを刺す予感があります。


「わくわく、ドキドキしてきました」(笑)



===
オススメ情報です。

リアルインサイトの無料動画の企画
【日本史上最高の機密、遂に解禁】 明治維新の真実 

この事実を知ることで、
現在の朝鮮半島問題の解決の糸口が見えるような気がします。


こちらから登録を(無料)
http://directlink.jp/tracking/af/1475759/kQQ7nD2r-P9vYca2q/

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2011-03-31  
最終発行日:  
発行周期:毎日  
Score!: 97 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。