トップ > マネー・政治・経済 > 政治・経済 > にわか日本好きが選ぶ、気になるニュース

気になるニュースを思うまま書いてます。
 元ネタは、
青山繁晴さん、
三橋貴明さん、藤井聡先生、西田昌司先生、
メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』などです。 

日本が再生しますように。

RSS


メルマガの登録・解除

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。



世界中のカジノ王が訪日「日本は最高の市場」橋下徹「全国民を勝負師にするためにも、カジノを」

発行日:2/27

本日のきになるニュースです。

●世界中のカジノ王が訪日「日本は最高の市場」
橋下徹「全国民を勝負師にするためにも、カジノを」
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/blog-entry-5184.html


拙ブログでも徹底して批判しているカジノ法案ですが、

( 拙ブログ参考:2016/12/10 )
●「安倍-橋下接近」カジノ法案を急ぐ理由は?
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/blog-entry-5168.html


この時は、安倍さん、橋下さんの接近について書きましが、
実際には、こういうつながりのようですね。

トランプ ー> 安倍 ー>  橋下


2017年2月24日の大前研一さんのメルマガよると、
トランプ米大統領が安倍総理を歓待した理由の一つは、カジノ法案へのお礼だと。
http://www.lt-empower.com/ohmae_blog/viewpoint/1924.php

<<トランプ大統領からすると、
昨年11月安倍首相が早々にIR法を成立させたことで、大きな信頼を感じていると思います。

そもそも日本にIR法を成立させたいというのは、
大統領選のトランプ氏に対する最大の寄付者であるシェルドン・アデルソン氏の意向です。


これまで数年かかってもなかなか法案成立に至らなかったのに、
安倍首相はたった2週間でまとめることに成功しました。

これが今回のゴルフミーティングにつながる最も大きな要因だと私は思います。>>


私も拙ブログに書きましたがそのような気がします。

●トランプはまだ信じるな!『一つの中国』を認めた背景は?
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/blog-entry-5178.html


で、恐ろしいのは、
当の世界の「カジノ王」達は、隠すわけでもなく、堂々と
日本人から搾取するつもりです。

IR推進法成立を受け、世界中のカジノ王たちが続々と日本を訪れています。

詳しくは、三橋貴明さんのブログを是非ご覧頂いた、
そして拡散して欲しいです。


◯日本は(カジノの)最高の市場だ
http://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-12251597268.html


◯東京は(カジノの)最高の市場
http://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-12250406201.html


日本のカジノは、元々は沖縄の経済振興が目的で、
沖縄に特区を設け、「外国人専用のカジノ」について規制を緩和し、
外国人観光客を呼び込むと。

しかしに、世界のカジノ王が考えているのは、

=======================
● 初期段階で東京圏、大阪圏、地方数カ所のカジノ認可を
● カジノ総収入に対する税率は10%をこえないものに
● カジノ・ギャンブルは消費税の対象から外す
● 入場料は課さない
● カジノ参加は20歳以上。24時間年中無休の営業を認める
● カジノでのクレジットサービス利用を可能に
=======================

だそうです。。。

では、どうやって
今後、カジノに日本人が抵抗していくかですが、、、

そのヒントもシンガポールの現場から、
三橋貴明さんがレポートされています。
http://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-12250406201.html


カジノの成功事例と思われているシンガポールですが、

シンガポール建国の父であるリークワンユーは、
シンガポールにおけるカジノ建設に大反対していたそうです。


ここからが大事なので引用しますが、、


<< シンガポールはサンズやゲンティンにカジノの建設は認めましたが、
「シンガポール国民は入場料100シンガポールドルを支払わなければならない」
 という制約をかけました。(外国人はフリー)

 100シンガポールドルは、約8000円です。現地の人に聞いて回ったのですが、
さすがに入場料8000円では、普通は「行かない」とのことでございます。 >>


そう、日本のカジノは、日本人には、入場料1万円取ればいいのです!!

これで、カジノ中毒などの心配はかなりなくなると思います。

「日本人には、カジノの入場料1万円!」

この声を大きくすれば、逆に、

日本人から搾取しようとしている日本の政治家が誰なのかが、
浮き彫りになると思います。

例えば、この方です。

橋下徹は詐欺師である。(適菜収さんのオフィシャルブログより)
http://ameblo.jp/tekinaosamu/entry-11954371404.html

<<六 カジノ

 彼はその日も阿呆だった。橋下は府知事時代からカジノの誘致を進めてきた。

ギャンブルは必要悪なのかもしれない。

 しかし、
「(大阪について)こんな猥雑な街、いやらしい街はない。
ここにカジノを持ってきてどんどんバクチ打ちを集めたらいい」

「小さい頃からギャンブルをしっかり積み重ね、
全国民を勝負師にするためにも、カジノ法案を通してください」
といった発言は常軌を逸している。

全国の未来ある少年少女をギャンブル漬けにしてどうするつもりなのか?

「日本を下品のどん底に突き落とす」という悪意しか感じることができない。>>


どう思いますか??


カジノ法案は、
トランプ大統領の最大の寄付者であるカジノ王の希望であり、
かつ、「全国民を勝負師にする」と言っている橋下さんの希望ですよ。


しかし、考えてみたら、絶望的ですよね。

アメリカのトランプ大統領
日本の超長期政権になりそうな安倍総理
そして、未だ人気がある橋下元大阪府知事・大阪市長

この3人がグルになったら、
カジノも簡単に進められてしまうと思います。

今日の朝日新聞の記事を読んでも、
安倍総理は、3500日超という憲政史上例のない超長期政権も射程入っています。
http://www.asahi.com/articles/ASK2S41Q4K2SUTFK00X.html


ところが、「森友学園」の国有地売却問題で、
安倍総理は、辞任に追い込まれる可能性も十分にあると思います。

そうでなくても、大阪維新の松井知事が大きな責任を負わされることになると思います。

詳しくは、昨日の拙ブログで、

●森友学園の塚本幼稚園を見学したことがあります
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/blog-entry-5183.html


単なる「国有地売却」問題であれば、
安倍総理も橋下さん・松井知事も逃げ切れると思いますが、

「森友学園」が絡むということで、

これまでの、安倍総理や大阪維新の最大の支持者であった
関西の保守層が離反すると思います


そして、気がつくと思います。

実は、安倍さんや橋下さんは、
反日グローバリストなのではないかと。。


反左翼的であれば、
我々、日本人の味方だ!と思っていたのが、違うのです。


そう佐藤健志さんの新著のタイトルの意味に気づくのです。


右の売国、左の亡国:2020年、日本は世界の中心で消滅する
https://www.amazon.co.jp/dp/475722463X



森友学園問題が2017年の政治に大きな影響があると思います。

良い方向に進みますように。

最新の記事

ブックマークに登録する

TwitterでつぶやくLismeトピックスに追加するdel.icio.usに追加Buzzurlにブックマークニフティクリップに追加Yahoo!ブックマークに登録記事をEvernoteへクリップ
My Yahoo!に追加Add to Google

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。


この記事へのコメント

コメントを書く


上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。
コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  1. コメントはありません。

このメルマガもおすすめ

  1. Japan on the Globe 国際派日本人養成講座

    最終発行日:
    2017/06/18
    読者数:
    13242人

    日本に元気と良識を。歴史・文化・政治・外交など、多方面の教養を毎週一話完結型でお届けします。3万8千部突破!

  2. 宮崎正弘の国際ニュース・早読み

    最終発行日:
    2017/06/20
    読者数:
    24332人

     評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

  3. 頂門の一針

    最終発行日:
    2017/06/23
    読者数:
    5714人

    急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

  4. 甦れ美しい日本

    最終発行日:
    2017/06/16
    読者数:
    7042人

    日本再生のための政治・経済・文化などの発展・再構築を目的とし、メールマガジンの配信を行う

  5. 鍛冶俊樹の軍事ジャーナル

    最終発行日:
    2017/06/15
    読者数:
    3256人

    航空自衛隊出身の軍事ジャーナリストが内外の軍事情勢を多角的に分析する。メルマ!ガ オブ ザイヤー2011受賞

発行者プロフィール

過去の発行記事