政治・経済

にわか日本好きが選ぶ、気になるニュース

気になるニュースを思うまま書いてます。
元ネタは、
青山繁晴さん、
三橋貴明さん、藤井聡先生、西田昌司先生、
メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』などです。

日本が再生しますように。

全て表示する >

森友学園の塚本幼稚園を見学したことがあります

2017/02/27

本日の気になるニュースです。


森友学園の塚本幼稚園を見学したことがあります
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/blog-entry-5183.html



「森友学園問題」が安倍政権を終わりにさせる可能性も出てきましたね。。。


この問題に関しては、朝日新聞などが、
国有地の不透明な売却だけでなく、
「教育勅語の暗唱」などに批判的ですよね。

◯教育勅語を毎朝朗唱、君が代も 森友学園の幼稚園
http://www.asahi.com/articles/ASK2Q7R6TK2QPTIL01D.html


◯稲田氏、教育勅語の丸覚えに理解示す 森友学園の幼稚園
http://www.asahi.com/articles/photo/AS20170223004368.html


そして、その報道により、
幼稚園児や親が好奇の目で見られることは、本当につらいです。
http://blogs.yahoo.co.jp/bonbori098/34611038.html



それは断固として辞めてほしいです。


実は、今から8年程前ですが、
私も森友学園の塚本幼稚園を見学して、とても感動しました。
それこそ、幼稚園だけでなく、小学校も作って欲しいと思ったくらいです。

教育勅語の暗唱は、すごくインパクトがありまして、
私も影響を受けて、37歳頃にして、教育勅語が暗唱できるようになりました。(笑・パチパチ)


園児が「論語の素読」をしている様子も見せてもらいました。

それも凄くインパクトもすごくありました。

なので、自分の3歳の子供にも、論語に親しんでもらおうと、
こんな本を子供と一緒に読んでいます。

「ドラえもん はじめての論語」 
藤子・F・不二雄 (著), 安岡 定子 (著)
https://www.amazon.co.jp/dp/4095018267


私が好きな論語を一つご紹介します。

『過ちて改めざる、是を過ちという』


そう国有地の不透明な売却について、どう考えてもおかしいと思います。


この問題が出てきた時の安倍総理のこの発言、

「私や妻がですね、この認可あるいはこの国有地払い下げにですね、
もちろん事務所を含めて一切関わってはいないことを明確にさせていただきたい。

もし関わっていたらそれはもう、私が総理大臣を辞めるということですから、
それははっきりと申し上げたい」


とても冷静さがあるとは思えませんでした。
後ろめたさがないと、ここまでの言い方はしないのではないでしょうか?


このことについては、東京経済オンラインの安積明子さんの
記事がわかりやすいと思います。

◯豊中「神道小学校」は設立経緯が不透明すぎる
「安倍晋三記念小学校」という名前で寄付集め
http://toyokeizai.net/articles/-/159289


◯「森友学園問題」は、まだ何も解決していない
土地取引に政治家の関与はあったのか
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/blog-entry-5171.html


上記の記事のアクセス数がかなり伸びていると思いますが、
下記の部分の記事を読めば、安倍総理もからんでいるとしか思えないでしょうね。


<<翌24日の衆院予算委員会では同党の宮本岳志衆院議員が
「2015年9月4日午前10時から12時まで、
近畿財務局9階の会議室で近畿財務局は森友学園側と売買・価格交渉をしたのではないか」
と財務省を問い詰めている。


この日の前日午後2時17分から27分まで、
財務省の迫田英典理財局長(現国税庁長官)が岡本薫明官房長と共に官邸に入っている。

迫田氏は安倍首相の地元・下関市の出身だ。

そして安倍首相は4日午後、テレビ出演のために大阪入りしている。

(中略)

このように森友学園問題に関しては、
9月3日に国有地売買を管轄する理財局長が安倍首相と面会し、

翌4日午前には近畿財務局が瑞穂の國記念小學院の建設会社と会合を開き、
午後には安倍首相が大阪入りするという一連の流れが見てとれる。

ちなみに昭恵夫人が名誉校長に就任したのは、その翌日の9月5日のことだ。>>


ここからは、私の予想ですが、

安倍総理が、「私は関与していない」として逃げられると思ったのは、

自分は直接関与せずに、
実行は、大阪維新の会の橋下さん、松井さんにやらせたからでは
ないでしょうか?


元維新の会、上西小百合さんのツイートが本当なら、
かなりヤバイと思います。そして、かなり真実味を感じます。

是非、こちらのまとめサイトをご覧ください。

◯【ヘタを打つと消されるレベル】 
#森友学園 の籠池氏の長男が維新のあだちの私設秘書だったことを上西議員が暴露
https://togetter.com/li/1082742


<<私が国会議員になった4年前、
維新から「塚本幼稚園」を視察してその素晴らしさを広めろと命じられました。

行ったら異様だったので?卑怯?な私はブログにアップするのをやめました。

森友学園問題は松井一郎大阪府知事が認可した責任を取って終わるでしょうね。
維新はいつもそんなもの。さすが自民党。>>


<<塚本幼稚園の籠池理事長の息子さんが
「日本維新の会」の足立議員の秘書であったと語っている件について、
彼がいつその職についたと言っているかを調べると因果関係がわかります。>>


<<橋下さんの地元、豊中で起きた国有地売却問題。
貴方も、維新の議員も何故全員黙っているのでしょうか。

そこまでして松井一郎府知事を守る必要がありますか。

本来の維新ならば最も追求をしなければならない問題。
本当に浄化作用のなくなった政党など必要あるのでしょうか。>>


<<?何度もいいますが、そこまでは私で出来ます。
その先にある大きな問題について野党には力を貸していただきたいです。

幸いメディアの方々からは連絡があり、その件で私は今東京に向かっています。
また、この問題については自民党の二階派議員はほとんどの情報収集を終えています。>>


足立議員は、否定されていますが・・・

維新の足立康史議員
「籠池理事長の息子が秘書というのは一切ない!
雇用契約があれば私は議員辞職する」
http://saigaijyouhou.com/blog-entry-15609.html



で、ここに来て、安倍総理も、維新の会(橋下さん、松井さん)も
森友学園を切って、そして、責任を財務省に取らせるつもりなんだと思います。


足立議員も国会で、財務省を批判しています。

◯国有地売却、極めて異例な方法だったことが明らかに
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2991091.html


しかし、同時に、政治家の関与があったのではと指摘しています。

<<足立議員は、「大蔵省、財務省の歴史上、この規定を使ったのは3件で、
これは政治条項なのではないか。政治が動いた時に発動する隠し球としか思えない」と指摘した上で、
「この件を引き続き追及していく」と強調しました。>>

これは、どういう意味でしょうかね??

政治が動いたとすれば、
維新の橋下さん、松井さんに責任が及ぶと思うのですが、、、
ポーズを取っただけなのか、、、

昨日の「正義のミカタ」でも、この問題を少し取り上げていましたが、


今なら見れます(1時間23分43秒〜)
https://www.youtube.com/watch?v=GFTj6V6X8-Q&t=1h23m43s


橋下さんの特別顧問をするなど、維新の会と距離が近い、
高橋洋一さんは、これは財務局の事務のミスだ!

で終わらせてようとしていました。

橋下さんも同じような考えなようです。
http://citizen-journal.link/moritomo/

<<森友学園への国有地払い下げ。これは政府の手続きミス。
随意契約にするにしても参加意思確認型にすべきだった。
他に購入希望者がある場合には入札に切り替える手続き。
そうすれば当初購入を断られた大阪音楽大学が再挑戦し森友と競ったはずだ。
政府はミスを認めるべき。>>


しかし、ここまでくると、「財務局の事務のミスだ!」では、
終わらないでしょうね。


上西小百合さんのツイートが正しければ、

【この問題については自民党の二階派議員はほとんどの情報収集を終えている】

ということなので、

安倍総理が辞任しないとしても、

安倍総理(官邸)は、二階幹事長(自民党)の言うことをある
程度聞く必要が出てきたのではないかと思います。

そして、安倍・菅官房長官ー橋下・松井大阪府知事ラインも、
これで終わりになるのではないかと思います。

であれば、

それは日本にとっていいことだと思います。


森友学園問題は、佐藤健志さんの新著

右の売国、左の亡国:2020年、日本は世界の中心で消滅する
https://www.amazon.co.jp/dp/475722463X

の良い宣伝になったのではないでしょうか?(笑)


『過ちて改めざる、是を過ちという』


どういう結末になりますやら。。


規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2011-03-31  
最終発行日:  
発行周期:毎日  
Score!: 97 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。