政治・経済

にわか日本好きが選ぶ、気になるニュース

気になるニュースを思うまま書いてます。
元ネタは、
青山繁晴さん、
三橋貴明さん、藤井聡先生、西田昌司先生、
メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』などです。

日本が再生しますように。

全て表示する >

【高校の海外修学旅行の行き先】1位、台湾!、2位は移民国家の・・

2017/02/22

本日の気になるニュースです。

●【高校の海外修学旅行の行き先】1位、台湾!、2位は移民国家の・・
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/blog-entry-5181.html


まずは、2017年02月21日の「ロシア政治経済ジャーナル」の記事

【RPE】★敵に包囲され、身動きできないトランプ
http://archives.mag2.com/0000012950/20170221000000000.html


とても面白かったです。

身動きできないトランプを救える一人は、安倍総理でしょうね。

こんな一文がありました。

<<
「猛獣使い」の安倍総理が、
二匹のトラ(アメリカとロシア)を和解させることができれば、
世界平和に大きく貢献します。
>>


安倍総理といえば、
トランプ、プーチン以外にも、
トルコのエルドアン、イスラエルのネタニヤフといった、
強面キャラの扱いがうまいですよね。

あまり近づき過ぎると、怖いのですが、
安倍総理が、世界の首脳の古株になっていますし、
日本の立ち位置であれば、あらゆる国との仲介役ができると思いますので、

世界平和の鍵を握るのは、
どう考えても、日本しかないと思います。

青山繁晴さんのこの本にも、とても共感します。

◯壊れた地球儀の直し方 ーぼくらの出番
https://www.amazon.co.jp/dp/459407491X



さて、ここから本題ですが、、

前述の「ロシア政治経済ジャーナル」の記事の中の「おたよりコーナー」で、
拙ブログを紹介頂きました!光栄です。


紹介頂いたのは、こちらの拙ブログです。

●トランプの『一つの中国』容認より心配なのは、
「中国人労働者に1年で永住権」を与える安倍政権
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/blog-entry-5179.html


安倍総理に、世界平和のために頑張ってもらいたいのですが、
移民や外国人労働者の積極的な受け入れをすると、
日本が平和でなくなってしまいますので、断固反対していきたいです。


今日たまたま、こちらのブログで知ったのですが、

◯韓国への修学旅行が激減!
1位は台湾で36356人に急増!韓国2684人、支那2354人に激減
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-6569.html


実は母校の中学も、一時期は、韓国へ修学旅行に行っていたので、心配していました。
数年前にやめたみたいで、韓国が激減しているのは予想できましたが、

台湾が1位とは嬉しいです。

台湾代表で甲子園出場した映画『KANO』の影響などもあるかもしれないですね。
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/blog-entry-4399.html


さて、ここからが、本題の本題ですが、

1位の台湾の話をしたいのではなく、

2位が、シンガポールだそうです。。

なんで増えているかというと、
http://singapore888.com/travel/shugakuryokou.html

「英語」、「安全」というところらしいです。

「グローバル化に人材に・・・・」みたいな宣伝文句になるのでしょうか、、、


さてここからが、
「中国人労働者に1年で永住権」を与える安倍政権につながるところですが、


安倍総理のシンガポールに対する思いは、
かなりまずいと思います。

平成?25(2013)年7月26日シンガポール講演

○安倍晋三総理「シンガポールに追いつき、できれば追い越したい。
真剣に、そう思っています。」 
https://www.youtube.com/watch?v=MY37Z6CmhsU


詳しくは、こちらを

●シンガポール「幸福度」世界最下位
(安倍総理、楽天の三木谷さんが憧れる国)
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/blog-entry-5005.html


そして、三橋貴明さんは、シンガポールに出張中に
こんなことに気づかれました。

◯続 移民政策のトリレンマ
http://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-12249796298.html


<<移民政策のトリレンマ、すなわち、
「外国移民受入、治安維持、そして国民の自由。この三つを同時に成立させることはできない」
 を、藤井先生がフェイスブックで絶賛して下さいました。
 実は、移民政策のトリレンマ、
(1) 外国移民を受け入れ、治安を維持しようとすると、自由を失う
(2) 外国移民を受け入れ、自由を保とうとすると、治安が悪化する
(3) 自由を保ちつつ、治安を維持したいならば、外国移民を受け入れることはできない
 は、以前から温めていたアイデアではなく、単にシンガポールに来て気が付いたのでございます。>>


シンガポールが、移民政策を取っているのに治安が良いのは、
(1)の自由を失っているからです。

 そんな自由を失っている実感を三橋さんは現地で感じて来られました。

<<
シンガポールで働く外国人メイドさんは、
・「半年ごとの医師の検査。妊娠していたら国外追放」
・「結婚できない」
・「少し前まで、休日を採ることも難しかった(今は改善されたようです)」

道路を清掃するインドネシア人労働者の方々は、
なぜかトラックの荷台に座り、運ばれていきます。

日本同様に綺麗な日本車が走り回る中、
いきなり色黒の労働者の方々を詰め込んだトラックが前を横切るので、一瞬、ギョッとします。>>


修学旅行に行った高校生が、こんなことを違和感として感じてくれるといいですが、、、
「シンガポールはきれいな街」と理想の国に思ってしまうような気がして心配です。


三橋さんは、日本が移民政策を入れるとどうなるかというと、

<<日本で移民の人権や自由を制限するなど不可能でしょうから、普通に、
(2) 外国移民を受け入れ、自由を保とうとすると、治安が悪化する
 の路線にならざるを得ないでしょう。

移民政策のトリレンマからは、どの国も逃れられません。>>


繰り返しますが、安倍総理は、
「シンガポールに追いつき、できれば追い越したい。
真剣に、そう思っています。」 


だそうです。

シンガポールのこの実態を多くの日本人が知るべきだと思います。


三橋さん、シンガポールからの貴重なレポートありがとうございます!!

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2011-03-31  
最終発行日:  
発行周期:毎日  
Score!: 96 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。