トップ > マネー・政治・経済 > 政治・経済 > にわか日本好きが選ぶ、気になるニュース

気になるニュースを思うまま書いてます。
 元ネタは、
青山繁晴さん、
三橋貴明さん、藤井聡先生、西田昌司先生、
メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』などです。 

日本が再生しますように。

RSS


メルマガの登録・解除

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。



【テレビ大阪のサブリミナル以上の都構想アゲ】 大阪府・市はテレビ大阪の株主でもある。

発行日:6/1

===============================================

(本日の三橋貴明さんのブログ)


続 ゼロ
http://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-12033574528.html

しかし、改めて生の数字で「0.3%」と発表されると、脱力感がありますね。
元々の黒田日銀のインフレ目標は、
2015年4月頃にコアCPIで2%というインフレ目標だったのが、
現実には0.3%だったわけです。

===============================================

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
●● 2015年6月1日 気になったニュース ●●

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


本日、一番気になったニュースはこちらです。

〜★〜★〜

■【テレビ大阪のサブリミナル以上の都構想アゲ】
大阪府・市はテレビ大阪の株主でもある。
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/blog-entry-4916.html

藤井聡先生の昨日(2015/5/31)のfacebook投稿記事より

==
1分ほどの動画です。お忙しい方も、是非、ご覧ください。
「Noマネーブラック」なる、TV大阪が作成している関西の番組の動画の一部です。
こういう放送がサブリミナル以上の効果をもたらし、
ローカルな政局に大きな影響を及ぼしている可能性は否定できないように感じます。
以上、ご紹介まで。


○2015 05 30 NOマネーBLACK「既得権益にしがみつく民族」 
https://www.youtube.com/watch?v=G6Z6uiNxPfE

==


本当に是非、ご覧ください。
恐ろしいです。

さてこの番組を見た人は、

イメージで、
【都構想に賛成=正しい】

【都構想に反対=既得権益にしがみつく人】


となるでしょうね。

恐るべき。。


ちなみにテレビ大阪のテレビ東京系は、外国資本が入ってないのが
売りなのですが、、、

(拙ブログ参考:2012/08/02)
●テレビ局の外国人株主の比率 「フジテレビ 28.59%」 「テレビ東京 1.26%」
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/blog-entry-2712.html

「和風総本家」とか、いい番組ですよね。


しかし、テレビ大阪の株主には、【大阪府、大阪市】も入っているのです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%86%E3%83%AC%E3%83%93%E5%A4%A7%E9%98%AA#.E4.B8.BB.E8.A6.81.E6.A0.AA.E4.B8.BB

どうなんでしょうかね。

現大阪府知事、市長の意向が番組に影響するのでしょうか?


さて、橋下さんにずっと厳しい評価の評論家と言えば、
森田実先生です。


その森田実先生は、すっかりテレビでは干されているそうです。

理由は【電通批判】?

こちらのブログ記事を読んで、衝撃を受けました。↓

まさに、TPPが佳境のタイミングでもありますので、
是非とも読んでください。


○日本のために電通を批判しテレビから消えた森田実氏
〜『アメリカに食い尽くされる日本』より
http://blog.goo.ne.jp/nvno/e/b4456803597638d168df9648ca9dac1b


『アメリカに食い尽くされる日本』(森田実・副島隆彦・著)リンクより、
森田実氏が暴き批判した電通の正体について記載されているところを抜粋します。
----------------------------------------------------------------
●広告を通じて日本のメディアを支配するシステム

 〜前略〜

今や、日本の新聞もテレビも完全に独占的巨大広告会社の電通に支配されています。新聞もテレビも電通の使い走り、走狗になりました。マスメディアは完全に電通に握られたと思います。

新聞は購読料だけでは会社の経営は成り立ちません。広告料収入は経営の柱で、それなしには新聞経営は成り立たないのです。その広告を牛耳っているのが電通です。これはテレビも同じです。むしろ、テレビの方が広告に頼る度合いはもっと高いのです。

2005年でしたか、「ウォール街でこういう噂を聞きました」と、アメリカから帰ってきた友人が電話をくれました。「アメリカの保険業界中心の経済界が5000億円の金を日本の広告会社に出して、ある広告を依頼した」というものです。

それは、日本人に「民営化を善なるものだ」と思い込ませる広告費として、すなわち、「民営化すべし」という宣伝目的の広告費です。「アメリカの巨大広告会社を通して、日本の巨大広告会社に依頼された」というのです。

私は、アメリカに通じている何人かに聞いてみましたが、全員が「その噂は耳にしたことがある」と言っていました。まだ、当事者の証言は取れませんが、本当だとすると大変なことです。日本国民は、アメリカ大企業の広告によってマインドコントロールされたのです。

 〜後略〜

●小泉の民営化を美化したアメリカの巨大広告産業

 〜前略〜

電通批判の代償は小さくありませんでした。あるテレビ局の幹部からは、「森田さんは電通批判というマスコミ界最大のタブーを口にしてしまいました。今後、森田さんにはマスコミの仕事はなくなります。残念です。さらばです」と言われました。各テレビ局からの出演依頼はなくなりました。

ある新聞社の幹部は、「森田さんの言うとおりだと私も思いますが、電通を批判したとたんに、私の会社は潰れます。だからできないのです。電通は強大ですから」と言っていました。

広告を通じて、日本のメディアを支配するシステムができあがっています。政治権力の影響よりも強く、国民をマインドコントロールできる。日本の広告メディアはアメリカの広告メディアと提携しています。したがって、アメリカの要望である郵政民営化をスムーズに実現するため、広告によって日本人の頭を「民営化は善なるものだ」と考えるように持っていこうとしたのです。

これは成功しました。小泉首相がどんな失言をしてもメディアは首相を守る。小泉は日本社会のタブーを打ち破った偉大な政治家だという幻想をマスメディアが振りまく。すべては日米の巨大広告独占体の広告戦略にもとづいて行なわれたことです。こういう大きな力が働いて、小泉構造改革が展開していったのです。

日本は今、アメリカの事実上の植民地になっています。そのことに気づかない人が非常に多いのは、メディアが「日本は独立国だ」と大嘘をつき続けているからです。

今大切なのは、「日本という国がアメリカの従属国、事実上の植民地国家なのだ」ということを国民の多くがまず認識することです。そして、本当にそれでいいのかどうかを、国民全体で考えることです。私たちの子孫に、従属国になった日本を残していいのかを考えることです。

日本の支配層は、アメリカがすべてを決定しているということを隠しています。広告メディアを使って、いろいろ演技をしている。うまくカムフラージュされた嘘を見抜くことが、日本国民が自立するうえで必要です。


(転載終了)
==


さて、最初に紹介した動画をまだ見ておられなければ是非↓


○2015 05 30 NOマネーBLACK「既得権益にしがみつく民族」 
https://www.youtube.com/watch?v=G6Z6uiNxPfE


========

〜★〜★〜


以上です。

日本再生を祈りまして。


このメルマガを紹介してもらえるとうれしいです。
転送、転載歓迎です。


登録はこちらから↓
http://melma.com/backnumber_190011/



▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽

★★お薦め情報★★

とても読みやすい本です!!

私も会社帰りの疲れた(笑)、通勤電車でも読めます。

是非どうぞ↓

(☆アマゾン政治部門 1位!外交・国際関係部門 1位!)

●日本自立のためのプーチン最強講義
〜 もし、あの絶対リーダーが日本の首相になったら

=> http://p.tl/RBl6


▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽



最新の記事

ブックマークに登録する

TwitterでつぶやくLismeトピックスに追加するdel.icio.usに追加Buzzurlにブックマークニフティクリップに追加Yahoo!ブックマークに登録記事をEvernoteへクリップ
My Yahoo!に追加Add to Google

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。


この記事へのコメント

コメントを書く


上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。
コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  1. 分かりやすいし、面白いし勉強になるし、正直期待以上でした。今後も拝読させていただきます。

     2015/6/2

このメルマガもおすすめ

  1. Japan on the Globe 国際派日本人養成講座

    最終発行日:
    2017/06/18
    読者数:
    13242人

    日本に元気と良識を。歴史・文化・政治・外交など、多方面の教養を毎週一話完結型でお届けします。3万8千部突破!

  2. 宮崎正弘の国際ニュース・早読み

    最終発行日:
    2017/06/20
    読者数:
    24332人

     評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

  3. 頂門の一針

    最終発行日:
    2017/06/23
    読者数:
    5714人

    急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

  4. 甦れ美しい日本

    最終発行日:
    2017/06/16
    読者数:
    7042人

    日本再生のための政治・経済・文化などの発展・再構築を目的とし、メールマガジンの配信を行う

  5. 鍛冶俊樹の軍事ジャーナル

    最終発行日:
    2017/06/15
    読者数:
    3256人

    航空自衛隊出身の軍事ジャーナリストが内外の軍事情勢を多角的に分析する。メルマ!ガ オブ ザイヤー2011受賞

発行者プロフィール

過去の発行記事