政治・経済

にわか日本好きが選ぶ、気になるニュース

気になるニュースを思うまま書いてます。
元ネタは、
青山繁晴さん、
三橋貴明さん、藤井聡先生、西田昌司先生、
メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』などです。

日本が再生しますように。

全て表示する >

野党は善戦のために共産党に続け! 「2017年の消費税引き上げ絶対反対!」

2014/11/26

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
●● 2014年11月26日 気になったニュース ●●

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


本日、一番気になったニュースはこちらです。

〜★〜★〜

■野党は善戦のために共産党に続け!
「2017年の消費税引き上げ絶対反対!」
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/blog-entry-4605.html


今日は書く時間がないので、
「ロシア政治経済ジャーナル」の記事
「野党が選挙で善戦し、日本の国益に役立つ方法」を是非、読んでください。

本当に皆さん、困っていますよね。。

どこに投票したらいいのか、、、


野党は、「選挙の大義がない、選挙費用がムダだ!!」
と言っていますが、

それだけだと、投票率が下がって、
結局、自民・公明はあまり議席を減らさないと思います。
(共産党はそこそこ伸ばすでしょうが・・・)


ここは、せっかく安倍総理が解散会見で、
国民のハートをつかめなかったことを利用して欲しいですね。

田原総一郎さんのメルマガ(2014.11.25)より抜粋します。

〜〜(引用はじめ)〜〜

【田原総一朗】「自民に不満をもっても投票する党が見当たらない」をどう読むか?


さて、18日の安倍首相の会見だが、
非常に「気負った」会見だった。
消費税増税の先延ばしを、
「重い重い決断」だとして、
だからこそ「信を問うべき」だと
訴えたのだ。
「信なくば立たず」「この道しかない」
とも強調した。
自民党は過半数の議席を得られなければ、
自分は退陣するとも宣言したのだ。


気負ってはいたが、迫力があった、
と僕は感じた。
だが、国民を説得できたかというと、
「ノー」だろう。
翌19、20日に「朝日新聞」が
行った世論調査でも、
解散に「納得しない」が65%だった。
安倍内閣の支持率は39%で、
不支持率の40%を下回っている。
同じく19、20日の共同通信の
調査でも厳しい結果が出ている。
解散に「理解できない」が
63.1%になっていたのだ。

国民は冷静に見ている。
安倍首相は迫力ある会見をした。
だが、解散の「大義」を国民に
納得させることは、できなかった。
自民党にとって厳しい選挙に
なりそうだ。

〜〜(引用おわり)〜〜


これ、安倍総理は、かなり焦っていると思います。

だから、
この作戦で行きましょう。(RPEの記事より)

============================

・自民党 = 景気が最悪でも2017年の増税を決定している

「大増税政党」である!!

(だから投票しないでね。)


・野党 = 2017年の消費税引き上げを、「完全中止します!」

(だから投票してね!)



こういう構図を作り出してこそ、野党が巨大与党に対抗するチャンス
が生まれてきます。


============================


この4コマ漫画も分かり易いです。

消費増税の延期、つまりこういうこと。
http://bogonatsuko.blog45.fc2.com/blog-entry-1356.html

4コマ漫画


「ロシア政治経済ジャーナル」の記事全文をどうぞ↓

RPE Journal==============================================


ロシア政治経済ジャーナル No.1126 2014/11/25

★野党が選挙で善戦し、日本の国益に役立つ方法
http://archive.mag2.com/0000012950/20141125000000001.html

===========================================================


全世界のRPE読者の皆さま、こんにちは!


北野です。


なんか、日本は、一気に「選挙一色」になってしまいました。


今日は、「野党が善戦し、日本の国益にも役立つ方法」を考えてみ
たいと思います。


「なぜ、北野さんは野党を助けるのですか?自民党を助けてくださ
い!」


という読者さんもいると思います。


しかし、読んでいくうちに、その理由がわかることでしょう。




▼なぜ解散、総選挙?



まず、安倍総理は、なぜ「解散・総選挙」を決断されたのか?


皆さんご存知と思いますが、みてみましょう。





<<安倍首相>「アベノミクス信問う」…21日衆院解散

毎日新聞 11月19日(水)0時1分配信
*

安倍晋三首相は18日夜、首相官邸で記者会見し、来年10月に予
定していた消費税率10%への引き上げを2017年4月に1年半
先送りし、衆院を21日に解散する意向を表明した。


首相は消費増税の再延期はしないとも明言。


衆院選は「12月2日公示−14日投開票」の日程で行われる。


首相は安倍政権の経済政策「アベノミクス」について「さらに
前に進めていくべきか、国民の判断を仰ぎたい」と述べ、最大
の争点に据え選挙戦に臨む考えを示した。【笈田直樹】>





RPEでも、「プーチン最強講義」でも何度も何度も警告してきました
が予想通り「消費税引き上げ」で、景気が悪くなっています。


それで、来年10月に予定されていた、「8%→ 10%」の引き上げを
延期するというのです。


安倍総理の思惑は、「景気が悪化しているから、国民は消費税引き上
げ延期を歓迎するだろう」。



「消費税引き上げ延期を歓迎する」 → 「自民党圧勝」

→「安倍政権は磐石に」



とまあ、こんな読みなのでしょう。


国民は、「あ〜〜よかった!再増税でさらに景気が悪くなったら、
たまらないぜ〜」。




▼安倍総理のミス



ところが、安倍総理は、もう一つ重要な発言をしています。





<首相は17年4月の引き上げについて「景気条項を付さず、確実
に実施する」と強調。

来年1月召集の通常国会で、経済対策を含めた14年度補正予算案
を提出するとともに、20年度の財政健全化目標の達成に向けて来
夏までに具体的な計画を策定する考えを示した。>(同上)






<首相は17年4月の引き上げについて「景気条項を付さず、確実
に実施する」と強調。>



この「景気条項を付さず」って何?


つまり、

「17年4月には、景気がたとえ最悪であっても、必ず増税するぜ!」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


とおっしゃった。


景気が最悪のときに消費税を引き上げるとどうなります?


消費税をあげると、消費が減るでしょう?


そうすると、さらに景気が悪化する。


景気が最悪のときに消費税を引き上げると、景気は【超最悪】になるのです。


しかし、安倍総理は、事実上「景気が最悪だろうがなんだろうが、必ず増税
する!」

と宣言された。



これで、総理の思惑


「国民は、増税延期を大歓迎し、自民党は圧勝するだろう!」


が崩れたのです。


そうはいっても、「景気が最悪でも必ず再増税する!」という情報を国民
がしらなければ、


「さすが安倍さん!なんやかんやいっても、国民のことを考えておられる!」


となり、自民が圧勝する可能性が強まります。




▼野党はどう戦うべきか?



消費税引き上げを主導した民主党は、さっさと「延期やむなし」と宣言しま
した。


自民が延期を主張し、民主が予定どおりの引き上げを主張すれば、民主惨敗
は確実。


ですから、「節操がない」と批判されても、仕方ない判断だったのでしょう。


ここから、本題の


「野党が選挙で善戦し、日本の国益にも役立つ方法」


について。


これ簡単なんです。


野党は、「2017年の消費税引き上げ絶対反対!」を訴えて戦えばいい。



総理の思惑は、こうです。


・自民党 = 増税延期を主張する、国民のことを考える政党です!

(だから、自民に投票してね!)


・野党 = (たとえば)民主党は、消費税増税を主導した悪い政
党です!

(だから投票しないでね!)




これを、野党は、こんな構図にひっくりかえせばいい。


・自民党 = 景気が最悪でも2017年の増税を決定している

「大増税政党」である!!

(だから投票しないでね。)


・野党 = 2017年の消費税引き上げを、「完全中止します!」

(だから投票してね!)



こういう構図を作り出してこそ、野党が巨大与党に対抗するチャンス
が生まれてきます。


ちなみに野党の中で、「消費税は二度と引き上げない!」と宣言して
いる政党があります。


共産党です。


志位さんは、安倍総理の解散会見の後、こう語りました。



「私たちは、消費税10%の 先送り実施ではなく、

きっぱり中止をと訴えて戦いたい!」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



皆さんご存知のように、私は共産党の支持者ではありません。


「日米安保破棄」されたら、「日本は中国の小日本省になるで
しょう!?」


と思います。


しかし、共産党がいいこといったら、他の野党はそれを真似たらい
いのです。



「自民党は、2017年の消費税引き上げを『必ずやる!』と宣言して
いますが、

私たちの党は、『延期』ではなく、『中止』を主張していきます!

だから投票してください!!!」と。




▼なぜこんなこと書くの?



私は、安倍総理の外交は、本当にすばらしいと思います。


集団的自衛権行使を容認することで、アメリカ、イギリス、オース
トラリアなどとの関係が劇的に改善され、


日本はより安全になりました。


しかし、総理のされることを、「全部すばらしい!」と絶賛する
ことはできません。


RPEは、民主党政権時代から、「消費税引き上げで日本経済は
ボロボロになる!」

と書きつづけてきました。


残念ながら、その予測が今現実になろうとしています。


このままの状態で2017年に景気がよくなっているか?


難しいと思います。


しかし総理は、「景気がいいか悪いか関係なく【必ず】引き上げる!」
とおっしゃった。


一方会見では、


「消費税を引き上げることによって、景気が腰折れしてしまえば、

国民生活に大きな負担をかけることになります。」


といい、だから「消費税引き上げを18ヶ月延期する」とおっしゃい
ました。



では2017年に景気が悪くて、消費税を引き上げたら、

「景気が悪化して、国民生活に大きな負担をかける」件について


どうなのでしょうか?


総理がおっしゃるに、2015年に負担をかけるのは悪いが、2017年
だったら、別にいいと。



私たちは、公言することをはばかりますが、ユダヤにはこういう格
言があります。



<体は心に依存し、心は【財布】に依存する。>




いいか悪いかは別として、これが、われわれ庶民の真実です。


だから、景気がよければ国民は元気であり、景気が悪ければ国民は
元気でない。


元気な国民が多い国は、繁栄し、世界にも貢献することができる。


自国に金のない国が、世界貢献などできないのです。


というわけで、野党の皆さん。


是非、「消費税再引き上げ絶対反対!!!」で戦ってください。


それでこそ、「日本の国益に貢献できる」というものです。



今回は触れませんでしたが、


・なぜ増税すると景気が悪化するの?

・なぜ増税しても財政再建できないの?

・増税しなくても財政再建できる方法は?


などについては、近々ふれたいと思います。


ちなみに日本は、どうやって「自立」を成し遂げたらいいのでしょう?


・安保政策は?

・エネルギーは?

・食糧は?

・経済は?

・核は?


日本が自立する方法を全部知りたい方は、こちらをご一読
ください。


全部わかります。







(世界の未来が、見えるようになる。

「クレムリン・メソッド」とは? )







(☆アマゾン政治部門 1位!外交・国際関係部門 1位!)



●日本自立のためのプーチン最強講義
〜 もし、あの絶対リーダーが日本の首相になったら

(詳細は→ http://tinyurl.com/nkam4c9  )



●国際派日本人養成講座の書評はこちら。

http://rpejournal.com/kokusaiha_nihonjin.html


●【日経ビジネス】の書評はこちら。

http://rpejournal.weblike.jp/nikkei_business_20140203.pdf


=======================================RPE Journal=========
◎ロシア政治経済ジャーナル
のバックナンバー・配信登録はこちら
⇒ http://archive.mag2.com/0000012950/index.html



========

〜★〜★〜


以上です。

日本再生を祈りまして。


このメルマガを紹介してもらえるとうれしいです。
転送、転載歓迎です。


登録はこちらから↓
http://melma.com/backnumber_190011/



▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽

★★お薦め情報★★

とても読みやすい本です!!

私も会社帰りの疲れた(笑)、通勤電車でも読めます。

是非どうぞ↓

(☆アマゾン政治部門 1位!外交・国際関係部門 1位!)

●日本自立のためのプーチン最強講義
〜 もし、あの絶対リーダーが日本の首相になったら

=> http://p.tl/RBl6


▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽



規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2011-03-31  
最終発行日:  
発行周期:毎日  
Score!: 96 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2014/11/26

    いつも楽しく拝見しておりますが、今回の記事は大変がっかりです。余りにも薄っぺらい議論です。自民党が増税を主張しているから増税に表向き反対している民主党に投票しろという趣旨だと解されます。しかし、過去の民主党政権は選挙公約とまる反対の売国国政策をとり、日本をボロボロにしました。あの悪夢のような民主党政権時代が来ることは二度とゴメンです。