政治・経済

にわか日本好きが選ぶ、気になるニュース

気になるニュースを思うまま書いてます。
元ネタは、
青山繁晴さん、
三橋貴明さん、藤井聡先生、西田昌司先生、
メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』などです。

日本が再生しますように。

全て表示する >

安倍総理の本音【消費増税悩んだ振りは全部演技】 &【法人税29%へ引下げたい】(青山繁晴) 

2013/10/03

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
●● 2013年10月3日 気になったニュース ●●

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


(昨日のツイート)

●心よりご冥福をお祈りします。
−−
踏切で救助死、面倒見のいいなっちゃん 「よく頑張ったな」献花の列 
http://t.co/AGXF9Ryoy2 


●稲田大臣も全然目立たなくなりましたね。政府にはいってから。。

西田ビジョン番外編 「公務員制度改革の問題点」 
http://t.co/WcIDHV3C9e 


●RT/三橋貴明「国民経済の崖」 
http://t.co/DYZNp9nciK
このまま安倍政権に「単純な法人税減税」に加え、解雇特区やら、混合診療拡大やら、
TPPやら、新古典派経済学に基づく新自由主義を推進された日には、
我が国は本当に「目も当てられない」状況になってしまいます。 


●RT/「緊縮病から脱出できない日本」 
http://t.co/dotigowp6t
日本を緊縮財政病にかからせて、
国家的な援助がないとなかなか進められない最先端研究を行わせないように導けば、
日本の産業力を削ぐことができます。 


●RT/安倍政権へのテロだった 
http://t.co/dtPt9WvcfS
経済に於ける前回との決定的な違いは、
平成八年当時の統計では経済成長率が三%を軽く越えており、
平均株価は二万円以上だったのに対し、
現在はそれらを全て下回った状態からなおも消費増税が断行されるということ 


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

本日、一番気になったニュースはこちらです。

〜★〜★〜

■安倍総理の本音【消費増税悩んだ振りは全部演技】
 &【法人税29%への引下げたい】(青山繁晴) 
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/blog-entry-3903.html


昨日の青山繁晴さんの「アンカー」を見ました。

消費増税の安倍総理の本音について、
驚愕の事実です。


●番組の動画はこちら↓
http://ameblo.jp/blogdetox/entry-11626464884.html


●番組の文字起こしはこちら↓(ぼやきくっくりさん)

「アンカー」消費税8%引き上げで演技した安倍総理&メタンハイドレート最新情報
http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/log/eid1450.html


詳しくは番組を見てほしいのですが、
この2点を絶対に抑え欲しいです。


★「政権の中枢にいる人物によると、『安倍総理は消費税率8%を早い段階で決めていた』」
 「演技だった」
http://blog-imgs-60.fc2.com/k/o/p/kopiruakkun/20131003124530db3.jpg

アベノエンギ


★「『もし消費税を2015年10月に10%に引き上げるなら、法人税率を29%に引き下げたい』
http://blog-imgs-60.fc2.com/k/o/p/kopiruakkun/20131003124603450.jpg

法人減税



ちなみに、青山さんのご意見とも私は違いますが。。
(青山さんは、安倍さんには甘いと思いますね。。)



あと、もう一つの注目は、
本日の遠藤健太郎氏のブログ記事
「想像以上に「経団連官邸」」
( http://endokentaro.shinhoshu.com/japan/post3076/ )です。

〜〜(引用はじめ)〜〜

 これまでのところ安倍晋三首相は、環太平洋経済連携協定(TPP)への交渉参加と、消費税率の引き上げを決めてしまったことになりますが、ことごとくこうなってしまった背景の一つに、先日私が「案外財務省寄りだった」と申した今井尚哉政務秘書官(経済産業省資源エネルギー庁前次長)の存在があるようです。


(中略)

 その一見「玄人っぽい」分析の出鱈目については、既に九月十七日記事でご説明しましたが、増税のために用意された情報を多用して官邸が安倍首相にその決断を迫ったのは、単に財務省が増税を望んできただけでなく、それが多国籍の投資戦略からの要求であり、大企業経営者たちの刹那的利益のみを追求するに堕ちた経団連の希望だったのです。

〜〜(引用おわり)〜〜



そうです。

安倍さんは、財務省のポチではありません。

新自由主義者のポチです。


これから、マスコミ報道がどうなるかは、
三橋貴明さんが本日のブログで解説されています。
( http://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-11626867402.html )

〜〜(引用はじめ)〜〜

 増税が決まったことで、
「政府は国民から税を採るなら、身を切れ! 節約しろ! 支出を削減しろ! 特に『バラマキ』の公共事業を削れ! 公務員も削減しろ!」
 という声が、財務省及び大手メディアから高まってくるでしょう。この声に政治家や国民が引きずられ、(不十分な)景気対策さえまともに打てないとなると、まさに橋本政権の再現になります。景気対策の詳細は12月に決まります。さらに、法人税減税の結論も12月に出ます。

 恐らく、財務省は12月まで、手下の新聞を使い(新聞に軽減税率を適用するなどの飴を使い)、国内で「政府も身を切れ! 金を使うな!」というキャンペーンをやってくる可能性があります。その流れを抑えることが出来ない場合、我が国はさらに失われた○○年に突入し、デフレがさらに長期化することになります(今も抜け出していないけど)。

 完全に新古典派経済学一色に染められてしまった財務省は、「財政均衡主義」を「省是」にしてします。財政均衡主義は、
「政府は収入の範囲で支出を賄え」
 という発想で、歳入歳出のバランス(プライマリーバランス!)を「経世済民」よりも重視します。

 結果的に、財政赤字を削減するというお題目で、欧米(アメリカ、フランスなど)では社会保障が削減され、日本では消費税増税や公共事業削減が実施されてきました。一言で言えば、
「小さな政府を目指しなさい」
 という話です。

(中略)

 というわけで、社会保障は「負の所得税(ベーシックインカム)」方式にして、そこに政治家や行政担当者の裁量が入らないようにしろ。
 公共事業はPFIやコンセッション方式を導入し、事業を遂行するか否かは「市場」に決めさせろ。さすれば、ムダな公共事業も減るだろう、とやってくるわけでございます。

 橋本政権期の日本は、公共投資について、「単に増え過ぎている! 減らせ!」で減らされてしまいましたが、現在の日本は公共投資を「減らしすぎ」の状況です。とはいえ、だからと言って「公共事業を増やせ」などと彼らが言い出すことはなく、PFIだコンセッション方式だ、と叫んでいるわけでございます。

 つまりは、12月に経済対策が打たれるとしても、PFIやコンセッション方式を前提とし、民間の投資家の「ビジネス」と化してしまう可能性を否定できないのです。あるいは、単に「やらない」のかも知れませんが。


〜〜(引用おわり)〜〜


そう、誰が喜ぶでしょうか?

単に消費増税だけなら、
財務省も喜びますが、

安倍総理が最終的に目指しているのは、
【法人税減税】です。


【法人税減税】は財務省は喜びません。


でも、竹中平蔵さんが大喜びですね。
(ある意味、消費増税はどうでもいいのでしょう。)


注目したいのは、

竹中平蔵さんも【消費増税反対!!】だったのですが、
結局は、こういう発言をされています。


(拙ブログ参考)
●【最悪】竹中平蔵先生は、【消費税増税後は緊縮財政】をやれと言っています
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/blog-entry-3875.html


そうです。こういうことです。

(拙ブログ参考)
●消費税増税反対だけだったら、新自由主義者だって言います。
敵と味方を間違えないように。
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/blog-entry-3887.html


竹中平蔵大先生は、
アベノミクスをこう仰っています。


●竹中平蔵「アベノミクスは理論的に100%正しい」
ということは「100%新自由主義」
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/blog-entry-3726.html



財務省を悪者にしているだけでは、ダメですね。

潰すべきは、【竹中平蔵先生】だと思います。

見事ですね。

消費増税反対なんて言ってたわけで、、

結局、安倍総理も同じ手口を使ったわけですが・・・



敵と味方を間違えないようにしましょう!!


=========================

========

〜★〜★〜


以上です。

日本再生を祈りまして。


このメルマガを紹介してもらえるとうれしいです。
転送、転載歓迎です。


登録はこちらから↓
http://melma.com/backnumber_190011/





▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽


■職業・業種・年齢・経験は一切不問です。

これは、“最先端の電子書籍マーケティング”で、

誰でも電子出版して成功できる方法です。

ぜひ、こちらの情報だけは

ご覧になっておいてください。

⇒ http://123direct.info/tracking/af/312828/alXZqydo/


▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽



規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2011-03-31  
最終発行日:  
発行周期:毎日  
Score!: 97 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • のびー2013/10/04

    コメントありがとうございます!



    そうですね。「安倍総理の本当の、最後の狙いは所得税減税です。」と言われてました。



    ただ、文脈的に意味が理解できないんですよね。なので割愛しました。



    一応、ブログやメルマガでは、

    番組の画像を付けていますので、

    そこには、「所得税減税」が載っています。

  • 名無しさん2013/10/03

     初めまして。いつも大変為になるメルマガ配信、ありがとうございます。

     ただ1点、今日のメルマガにある青山さんのコメントですが、彼は最後に「安倍総理の本当の、最後の狙いは所得税減税です。」と言われたように思いましたが、その部分がメルマガにはありませんね。何故でしょうか?