トップ > マネー・政治・経済 > 政治・経済 > にわか日本好きが選ぶ、気になるニュース

気になるニュースを思うまま書いてます。
 元ネタは、
青山繁晴さん、
三橋貴明さん、藤井聡先生、西田昌司先生、
メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』などです。 

日本が再生しますように。

RSS


メルマガの登録・解除

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。



リアル「コレキヨの恋文」が進行中   「平成の高橋是清」を広めましょう!(三橋貴明)

発行日:12/28


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
●● 2012年12月28日 気になったニュース ●●


■【注意】「自由と繁栄の弧」路線は、TPP推進に利用されやすい。その対策は、
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/blog-entry-3059.html


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



今日、一番気になったニュースは、こちらです。

〜★〜★〜

■リアル「コレキヨの恋文」が進行中 
 「平成の高橋是清」を広めましょう!(三橋貴明)
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/blog-entry-3058.html


本日の三橋貴明さんのブログ記事
「平成の高橋是清」より

〜〜(引用はじめ)〜〜

 今回の自民党は、
「総選挙で、国民にデフレ対策を訴え、勝利した」
 わけでございます。

しかも、12月15日の秋葉原の自民党最終街頭演説に行かれた方はご同意下さると思いますが、
あの時、集まった群衆は、
「麻生元総理、安倍総裁の訴える『正しいデフレ対策』に大歓声を上げた」
 のでございます。

 デフレ対策を遂行せよという民意を受けた内閣が成立し、
経済に異様に詳しい元総理大臣が大蔵大臣(財務・金融大臣)
としてデフレ対策に辣腕をふるう。


麻生財務大臣こそが、
真の意味での「平成の高橋是清」なのです。
(というわけで「平成の高橋是清ブーム」を作ることは、
我が国のデフレ脱却に向けた情報戦において価値があることなのです)

 現在の日本(および世界)は、 

◆麻生太郎元総理が、財務・金融大臣就任。

◆自民党政権が成立し、安倍新政権が「通貨を発行して、借りて、使え」という、
歴史的に効果が証明されているデフレ対策へと転換。

◆TPPがTPN(Trans Pacific Negotiation、環太平洋交渉)化。

◆小渕優子先生(「是清の恋文」の霧島さくら子首相のモデルのお一人)が、財務副大臣に就任。

◆財務官「丹後」のモデル(名前だけですが)である丹呉泰健氏の内閣官房参与就任。

◆自ら「ハネムーン期間なんぞ、あるわけないだろっ!(もう少し上品な表現で)」と宣言したマスコミによる、安倍・麻生バッシング開始。

◆マスコミのバッシングを受けつつ、総理大臣自ら、自民党の新人議員に、
「マスコミの批判、中傷に耐えるガッツをもつべし」
 と訓示をし、さらに総理大臣自らフェイスブックで国民に対する
 「直接的なコミュニケーション」に務める。

 と、まさに「コレキヨの恋文 」と
 「真冬の向日葵 ―新米記者が見つめたメディアと人間の罪― 」
 をミックスしたような状況になって参りました。


ちなみに、「コレキヨの恋文」では、
霧島さくら子首相が、朝生一郎財務大臣に対し「朝生のオジサマ」といった呼びかけをしていますが、現実のお二人も結構こんな感じです(ご自宅が近いそうです)。

(中略)

 最後にもう一度強調しておきたいのですが、
高橋是清がデフレ脱却に成功したのは「民意」を背負っていたためです。

「麻生さんに任せておけば、大丈夫だろ」
 などということは有り得ません。

現在の日本国民には、
「自らも可能な限りデフレ脱却に貢献しよう」
「麻生財務大臣を支えよう」という能動的な態度が求められているのです。

 日本国民の「コンセンサス(政策合意)」として、
デフレ脱却を推進する政府を支援しなければなりません。

逆に、デフレ脱却に向けた国民的合意、
すなわち「ジャパン・コンセンサス―国民を豊かにする「最強」の経済政策 」
が生まれたとき、

我が国は麻生財務大臣が仰る通り「世界に範を示す」ことができるのです。

〜〜(引用おわり)〜〜


小渕優子さんと麻生さんもリアルに仲がいいのですね。

昨日は私も、
小渕優子さんの財務副大臣に就任を喜びました!

(拙ブログ参考)

●小渕優子さんが財務副大臣! ということは、リアル「コレキヨの恋文」?
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/blog-entry-3054.html


「平成の高橋是清」、「コレキヨ2.0」、「アベノミクス」などなどを
一般の人達にも、流行語として流行らせましょう。

来年の流行語大賞がマジで楽しみです!


まだ読んでない方は是非↓


●コレキヨの恋文
新米女性首相が高橋是清に国民経済を学んだら
http://www.amazon.co.jp/dp/4093863261


「コレキヨの恋文」が映画化になれば、
日本はめちゃ変わると思います。ぜひぜひ、どうぞ!


三橋貴明さんのブログ記事「平成の高橋是清」をどうぞ↓

==============
■平成の高橋是清
三橋貴明さんのブログ 2012-12-28 08:02:54
http://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-11436488813.html


 皆様にお願い。

 本日のタイトル「平成の高橋是清」というフレーズを、大々的に拡散して頂きたくお願い申し上げます。これは我が国で展開されている情報戦の一環であり、日本の国民経済成長に意味があることなのです。

 宮澤喜一元総理は、実は平成の是清ではありませんでした(そう言われていましたが)。

 高橋是清は、元総理の立場でありながら犬養総理に引っ張り出され、犬養内閣の大蔵大臣を務めるわけですが、初期の段階で、
「総選挙に打って出て、国民にデフレ対策を訴え、勝利する」
 というプロセスを経ているのです。是清は「総選挙で国民の民意を獲得」した上で、民意に基づきデフレ対策を実行に移し、我が国を世界で最も早く超デフレ(大恐慌)から救い上げたのです。戦前の日本にしても民主主義国家でしたから、民意に背いてまでデフレ対策を実施するのは難しいのです。(小渕内閣は「デフレ脱却」を訴えた総選挙には打って出ませんでした)

 今回の自民党は、
「総選挙で、国民にデフレ対策を訴え、勝利した」
 わけでございます。しかも、12月15日の秋葉原の自民党最終街頭演説に行かれた方はご同意下さると思いますが、あの時、集まった群衆は、
「麻生元総理、安倍総裁の訴える『正しいデフレ対策』に大歓声を上げた」
 のでございます。

 デフレ対策を遂行せよという民意を受けた内閣が成立し、経済に異様に詳しい元総理大臣が大蔵大臣(財務・金融大臣)としてデフレ対策に辣腕をふるう。麻生財務大臣こそが、真の意味での「平成の高橋是清」なのです。(というわけで「平成の高橋是清ブーム」を作ることは、我が国のデフレ脱却に向けた情報戦において価値があることなのです)

 現在の日本(および世界)は、 

◆麻生太郎元総理が、財務・金融大臣就任。
◆自民党政権が成立し、安倍新政権が「通貨を発行して、借りて、使え」という、歴史的に効果が証明されているデフレ対策へと転換。
◆TPPがTPN(Trans Pacific Negotiation、環太平洋交渉)化。
◆小渕優子先生(「是清の恋文」の霧島さくら子首相のモデルのお一人)が、財務副大臣に就任。
◆財務官「丹後」のモデル(名前だけですが)である丹呉泰健氏の内閣官房参与就任。
◆自ら「ハネムーン期間なんぞ、あるわけないだろっ!(もう少し上品な表現で)」と宣言したマスコミによる、安倍・麻生バッシング開始。
◆マスコミのバッシングを受けつつ、総理大臣自ら、自民党の新人議員に、
「マスコミの批判、中傷に耐えるガッツをもつべし」
 と訓示をし、さらに総理大臣自らフェイスブックで国民に対する「直接的なコミュニケーション」に務める。

 と、まさに「コレキヨの恋文 」と「真冬の向日葵 ―新米記者が見つめたメディアと人間の罪― 」をミックスしたような状況になって参りました。ちなみに、「コレキヨの恋文」では、霧島さくら子首相が、朝生一郎財務大臣に対し「朝生のオジサマ」といった呼びかけをしていますが、現実のお二人も結構こんな感じです(ご自宅が近いそうです)。

 まあ、現実と言えば、本当の意味での「リアル霧島さくら子」は安倍晋三総理になるわけでございますが、総理には是非リアルで「さくら子総理の国民経済教室」を実現して下さいませ。いや、冗談でも何でもなく、日本国民は今「国民経済」について改めて学び直す必要がありますよ。さもなければ、「国家」と市場あるいはビジネスを混同する新古典派経済学者(代表:竹中平蔵氏)に、またもや国民経済を蹂躙されることになってしまいます。
 
『麻生財務相が訓示、デフレ脱却へ「新たな試みを」
http://jp.reuters.com/article/domesticEquities/idJPTK058222520121227 
 麻生太郎副総理兼財務・金融・デフレ脱却円高対策担当相は27日午前、財務省の職員向けあいさつで、国内景気は「資産デフレーションによる不況」にあるとして、デフレ脱却に向けた「新たな試みを」と訴えた。
 財務相は、バブル崩壊後に株価や地価が大きく下落する中で「売上高を伸ばして不況を(乗り切ろう)と図った多くの会社で資金繰りが追い付かず、倒産した。借金のなかったトヨタは世界のトヨタにのし上がった。デフレによる差は極めて大きかった」と回顧。日銀も「貨幣の値打ちを上げるのが最大の義務だから、インフレには極めて敏感だったが、デフレになれば貨幣の値打ちは上がる。デフレに対する反応は鈍かった」と苦言を呈した。
 同時に、財務省に対しても「デフレに対する経験がないのだから、やむを得ないが、『俺たちは間違いじゃなかった』という発想だけはやめよう。これは明らかにデフレ。デフレ対策を真剣にやらないと」と訴えた。
 財務相は、世界的にも「数々のインフレの不況はあったが、デフレの不況はない」とした上で、「日本は今回、世界で最初にデフレ(脱却)の経験をやる。他国が(今後)陥る確率が高いと思われるデフレに、日本が最初に(脱却に)成功したと言われるものを作りあげねばならない」と強調。
 最近の円安や株高にも「単なる目先の話。安定したものになっていかないと」として、今年度補正予算や来年度予算編成を通じて「デフレ不況脱却に舵を切ったと思ってもらわない限り、消費税を上げることすら極めて難しい状況になりかねない。全力を挙げたい」と述べた。』

 「資産にデフレーションによる不況」とは何を意味しているかといえば、もちろんバブル崩壊のことです。

【2010年末時点 日本の国富(十億円) 】

http://members3.jcom.home.ne.jp/takaaki.mitsuhashi/data_40.html#Kokufu

 バブル崩壊後の「非有形生産資産」すなわち「土地」の価値の激減ぶりは、まさに眩暈がするほどに強烈です。この理不尽とも言える資産価値の暴落こそが、バブル崩壊なのです。
 これほどまでに土地の価格が暴落しては、企業は借金返済に走り、設備投資を縮小せざるを得ません。さらに、中小企業は資産価値暴落で担保不足に陥り、銀行側がお金を貸してくれなくなります。

 そうなると、企業の設備投資(GDP上の民間企業設備)、そして家計の所得(GDP上の民間最終消費支出)という「需要」が縮小し、供給能力(潜在GDP)に対し需要不足となり、デフレギャップが発生します。これこそが、我が国のデフレの主因です。

【インフレギャップとデフレギャップ】

http://members3.jcom.home.ne.jp/takaaki.mitsuhashi/data_37.html#IDGAP

 これまでの政府、いや「財務省」は、デフレギャップがある状況で「政府支出(公的固定資本形成&政府最終消費支出)」を切り詰める支出削減、さらには民間企業や家計の支出を切り詰める増税という緊縮財政に精を出していました。需要不足に陥っている状況で、政府までもがせっせと「需要縮小」に努めていたわけです。これでは、デフレから脱却できるはずがありません。

 さらに、竹中氏に代表される新古典派経済学者たちは、構造改革、規制緩和、民営化、自由貿易など、「潜在GDP」を押し上げるサプライサイド政策ばかりを推進しようとし、結果的に、やはりデフレギャップは拡大しました。

 財務省にせよ、新古典派経済学者たちにせよ、間違っていたのです。この間違いを正せるのは、民意を受けた政治家しかいません。

 そして、ついに「あの」最強の官庁である財務省に対し、
「デフレに対する経験がないのだから、やむを得ないが、『俺たちは間違いじゃなかった』という発想だけはやめよう。これは明らかにデフレ。デフレ対策を真剣にやらないと」
 と、堂々と物申す財務大臣が誕生いたしました。

 最後にもう一度強調しておきたいのですが、高橋是清がデフレ脱却に成功したのは「民意」を背負っていたためです。

「麻生さんに任せておけば、大丈夫だろ」
 などということは有り得ません。現在の日本国民には、「自らも可能な限りデフレ脱却に貢献しよう」「麻生財務大臣を支えよう」という能動的な態度が求められているのです。

 日本国民の「コンセンサス(政策合意)」として、デフレ脱却を推進する政府を支援しなければなりません。逆に、デフレ脱却に向けた国民的合意、すなわち「ジャパン・コンセンサス―国民を豊かにする「最強」の経済政策 」が生まれたとき、我が国は麻生財務大臣が仰る通り「世界に範を示す」ことができるのです。

==============


〜★〜★〜


以上です。

日本再生を祈りまして。


良かったら、ランキングへのクリックお願いします。
とても励みになります。↓
http://blog.with2.net/link.php?1144376


このメルマガを紹介してもらえるとうれしいです。
転送、転載歓迎です。


登録はこちらから↓
http://melma.com/backnumber_190011/


★★★ ↓↓ 拡散希望情報 ↓↓ ★★★


▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽

【●参議院選挙前に観てください!!!】


【拡散希望の動画15分】安倍晋三VS橋下徹【日本国民の真価が問われる戦い】
http://ameblo.jp/nippon-no-hokori/entry-11421987013.html

【●放射能について】

【必見】【マンガ「放射能のホントの話」】  無料・拡散自由版です。
http://bitly.com/qNF4v9 


「放射能は怖い」のウソ 親子で考える放射能Q&A
http://www.amazon.co.jp/dp/4270006676/


▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽



| 次の記事>> | 最新の記事

ブックマークに登録する

TwitterでつぶやくLismeトピックスに追加するdel.icio.usに追加Buzzurlにブックマークニフティクリップに追加Yahoo!ブックマークに登録記事をEvernoteへクリップ
My Yahoo!に追加Add to Google

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。


この記事へのコメント

コメントを書く


上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。
コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  1. コメントはありません。

このメルマガもおすすめ

  1. Japan on the Globe 国際派日本人養成講座

    最終発行日:
    2017/06/18
    読者数:
    13242人

    日本に元気と良識を。歴史・文化・政治・外交など、多方面の教養を毎週一話完結型でお届けします。3万8千部突破!

  2. 宮崎正弘の国際ニュース・早読み

    最終発行日:
    2017/06/20
    読者数:
    24332人

     評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

  3. 頂門の一針

    最終発行日:
    2017/06/23
    読者数:
    5714人

    急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

  4. 甦れ美しい日本

    最終発行日:
    2017/06/16
    読者数:
    7042人

    日本再生のための政治・経済・文化などの発展・再構築を目的とし、メールマガジンの配信を行う

  5. 鍛冶俊樹の軍事ジャーナル

    最終発行日:
    2017/06/15
    読者数:
    3256人

    航空自衛隊出身の軍事ジャーナリストが内外の軍事情勢を多角的に分析する。メルマ!ガ オブ ザイヤー2011受賞

発行者プロフィール

過去の発行記事