競馬

魁・馬券塾

競馬のサイン読みを中心としたメルマガです。ここ1番の大レースに強いのが特長です!!

全て表示する >

魁・馬券塾 グランプリのソナタ

2004/12/26


■■ 魁・馬券塾 □□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

☆★☆★☆★☆★☆★☆★ 携帯のホームページ稼働中! ☆★★☆★☆★☆★
◆◇◆流れを読む力と臨機応変な対応力勝機を逃さない瞬発力のメルマガ(^^;
◇◎◇    Horse  Hole    2004年  12月26日号    No.209
◆◇◆    
  http://www.geocities.co.jp/Athlete-Acropolis/3184/sakigake.html
☆★☆★☆★☆★☆★   umanoana20@mbb.nifty.ne.jp   ☆★☆★☆★☆☆

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■□□□



≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫

              グランプリのソナタ

≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫


有馬記念は私にとってとても相性のいいレースである。
魁・馬券塾の歴史を見てもこの有馬記念は数あるG1の中でも最も成績のいいレー
スでもあることはバックナンバーを読んでもらえば分かることだ。
なぜ私が有馬に強いかと言えば、有馬記念というレースは世相が反映するレースと
であり、私の馬券アプローチの方法に世相から勝ち馬を導き出すやり方があること
と無縁でない。
この領域に関してはサイン読みの「引き出し」の中でも本を書いたくらいもっとも
得意分野である。


今年の場合、何と言ってもおばさま達の心をとらえた韓流の「冬のソナタ」という
ことになろう。
私自身はこのドラマ、古くさいだけでいいとは思わないが社会現象になったのは事
実で成田ーソウル便はおばさん達でいっぱいだ。
この主人公のぺ・ヨンジュンはヨン様と呼ばれマスコミに登場しない日はなかった。
つまり世相から馬券を考える場合、この「ヨン」様が重要なポイントとなろう。

また有馬記念当日のゲストは韓国人のユン・ソナ。
彼女もまた冬のソナタの「ソナ」を持っているのは意味深げだ。
ここでヨン様の「4」番に注目してみるとコスモバルクが入っている。
バルク騎乗の五十嵐は冬樹と言い冬ソナの「冬」を名前に持っているのは偶然か?
前々から五十嵐が有馬に出てきたら要注意だと思っていた。
中央競馬会五十周年の「五十」をもっており、コスモバルクも「コ(5)」を持っ
ている馬名馬だからだ。


今年の有馬を考える場合、胴元が50周年を迎えたことがポイントであることは間
違いない。
有馬の1週間前にPAT会員には胴元からDVDが入った冊子小包が送られてきた。
これにはとことんトウショウボーイとテンポイントを意識させる作りになっている。
ポストカード、DVDと何回も出てくるのがテンポイントとトウショウボーイの一騎打
ちとなった第22回有馬記念の映像と写真。
この2頭のゼッケンは3番と1番、帽子の色は赤と白になる。
単純なサインと考えるのなら有馬は枠の1−3になる。 
そして「テン」ポイントと「トウ」ショウボーイは共に「10」を頭に持つ馬名馬。
よってゼッケン「10番」デルタブルースも浮上する。

この2頭を考えた場合、トウショウボーイはその後種牡馬として大成功しその血を
後世に伝えたが、テンポイントは有馬を勝ったあとの事故で自分の血を後世に伝
えることができなかった。
今年の有馬記念の出馬表を見るとトウショウボーイの血を引く馬が出走している。
それがイセノ「トウショウ」を母に持つコスモバルクなのだ。
中央競馬会50周年とは今後も「競馬は永遠に続く血のドラマ」ということを言い
たいのではないのか?


またこのテンポイントとトウショウボーイに騎乗していたのは鹿戸明と武邦彦。
中京のメインを見てみるとこの2人の同居が「3枠」で見られる。

□中京11R 中京日経賞
_________________________

3 5 スリーブラボー   藤岡佑介   「武」宏平 
3 6 カネツテンビー  「鹿戸」雄一  武藤善則
_________________________

この3枠の2頭が馬券になるのか、それとも鹿戸と武を同居させることによって有
馬の3枠が馬券になるのを教えているサインとして考えられる。


そして有馬記念当日になぜテンポイントメモリアルがあるのか?
トウショウボーイ、テンポイント、グリーングラスの3頭のグランプリ馬のポスト
カードが胴元からの郵便物になぜ入っているのかを考えるとある結論にたどり着く。
テンポイントの血は途絶えたが、トウショウボーイの血は伝えられているのだ。


今日26日は五冠馬となったシンザンが有馬記念をゼッケン4番で勝った日である。
中央競馬の歴史は地方馬出身者にも助けられた歴史があるが、その競争馬を生産し
ているのは北海道。
数多くの地方競馬が今年はその歴史の幕を閉じたこの2004年は馬産地、北海道
競馬所属でトウショウボーイの「孫」に当たるの「4番」コスモバルクが勝つじゃ
なにのかな(´・ω・`)

__________________________________


----------------------------------------------------------------------
 このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』( http://ww
w.mag2.com/ )と無料電子出版サービス 『 E-Magazine』( http://www.emaga
.com/ )、メールマガジン『melma!』( http://www.melma.com/what.html )を
利用して発行しています。 
-----------------------------------------------------------------------


============================================================================

 ★ 新規購読・解除は・・・
 http://www.geocities.co.jp/Athlete-Acropolis/3184/sakigake.html(まぐまぐ)
 http://www.emaga.com/info/Rascal1.html (E-Magazine)
 http://melma.com/mag/00/m00019000/      (melma!)

 ☆ 有料版のメール会員を募集中です。

 お問合せは・・・Horse Hole  RITTOW YOSHIDA 
 umanoana20@mbb.nifty.ne.jp 
 Copyright (C) 1999.OCT  by 〈Horse Hole〉 All rights reserved.
 ☆  このメールマガジンの内容を無断転用する事を禁じます
============================================================================
 

□ 独り言 今年は中国語に取り組み少しは喋れるようになりました(´・ω・`)



規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-09-30  
最終発行日:  
発行周期:週間  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。